Tagged

情報デザイン

本当にモテる男女はユーザー体験をデザインすることができる。

情報デザイン

こんにちは。相葉です。

さて、今日はモテる男女の話をしようと思います。

 

そもそもモテるとは何か?

規格外にイケメンとか可愛い女性を除く場合、

やはり、モテる男女は異性の扱いが上手い。

 

扱いが上手いというのは、相手がしてもらえて嬉しいことをわかっている。

相手がしてもらえて嬉しいことをわかっているというのは、つまりニーズをちゃんと把握し、

そのニーズにあった体験をデザインし、提供できているのだ。

 

だから異性にもモテる。

 

モテる男女というのはそういったユーザー中心設計がしっかりとできている。

そしてモテない男女は自分中心な思考でデートや、異性との体験を設定しがちになってしまうため、

相手の満足度をあげることができない。つまりモテない。

 

だから、

「こういうやり方すれば男は落とせる」「こういうやりかたで女を落とせる」なんて

必ずヒットする方法などないので、

それぞれのターゲットユーザーが日頃、どのような生活を送っているか

どのようなものが好きなのか、嫌いなのか?

どんな相手を求めているかなど、調査分析し(笑)、サービスコンセプトを設計していかなくてはいけません。

 

ちなみにこれに関して詳しく書いてある教科書的な本をご紹介します。

 

製品のデザインはこれまで機能に基づきその色やカタチをどのように美しくまとめていくか、ということに重きを置かれていました。しかし、製品を使用することで「うれしい体験」ができることが、これからのデザインには求められています。 このような「情報デザイン」が広く世の中に広まることにより社会やコミュニティの人々が安全で快適な生活を送ることができるようになります。そして、生産者は製品をただ送り届けるだけではなく、人々が求める「もの」や「サービス」のニーズを掘り起こし、積極的に製品に反映させていくことで世の中を大きく変えてゆくことができるでしょう。 本書「情報デザインの教室」は、このような「情報デザイン」の基本知識とプロセスや手法について身につけることができるテキストです。具体的にはユーザの目的や要望からデザインの方向性を明らかにし、視覚化してゆくこと、これをさまざまなアプローチで検証し、さらにコンセプトやプロトタイプのブラッシュアップを図るという一連の流れを理解することで、情報デザインの手法とプロセスを体系的に学ぶことができます。 情報デザインを学ぼうとする方はもちろん、仕事の方法を変えたいビジネスマン、教育機関、企業、自治体やNPOなどの様々な団体で地域社会や教育環境をより良くしたいと考えている方は、本書「情報デザインの教室」をぜひお手にとってご活用下さい。(丸善出版株式会社様HPより)

 

「モテる男は仕事もできる」の真髄というようなバイブル本です。

社会人のかたで、恋愛がなかなかうまくいかないかたは是非、この本で勉強してみてください。

仕事はうまくいくはずです。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。