Tagged ブランディング

okinawabrd

沖縄県のブランドづくりはアレモコレモ症候群

okinawabrd

 

あけましておめでとうございます。

 

ということで、年末で会社を辞めたわけですが、

改めてフリーになり、沖縄県でできることを年末年始で考えておりました。

 

ローカル?地域?

 

こんな言葉がありますよね。

地域ブランディング。

 

この定義ってすごく難しいな。と、沖縄移住3年目にして考えております。

沖縄県が目指している地域ブランディングとは何か?

 

県の方々は2020年までに年間観光客数1000万人!と言っているので

観光立県沖縄は切っても切り離せないものではあると思いますが、

それはあくまでビジョンであり、それぞれの事業を見ていると、どんな地域のブランドを目指しているのか、僕には見えてきません。

 

きゃりーぱみゅぱみゅを呼んでみたり、

プロジェクションマッピングをやってみたり、

それぞれのコンテンツは魅力的にはなってきているのですが、

やはり、前々から誰もが言っている「一過性」というのが否めない。

 

僕は思うのです、

アレモコレモ症候群になりがちではないか。

 

民間企業が行政に様々な魅力的な企画提案をしているのは、わかりますが、

軸がなければ、外見を着飾っても、観光客はおろか、

沖縄の住民にも、届かないのではないか。

 

どんな意図で、誰にその地域でこのコンテンツを発信しているのか、届いていなければ

それは効果だってない。

 

今一度、軸をしっかり作った上で、ちゃんとストーリーを持っているコンテンツを発信していく方向に持っていきたいところです。

 

ということで、この地域ブランディング。

 

沖縄県のビジョン「年間観光入客数1000万人」をもう少し細分化した上で

各市町村のそれぞれのブランドを今一度作り、それをもってひとくくりの沖縄ブランドを作っていく。

そんな仕事を今後はじっくり行っていきます。

 

地域ブランディングという言葉がまだまだ僕の中であまりしっくりは来ていませんが、とにかく自分ができる形で進めてまいります。

 

ということで、本年もよろしく御願い致します。

 

相葉

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
スクリーンショット 2014-11-25 2.59.32

ブランディングを目的としたECメディア運用。BASEを使って、買われたら絶対に泣く商品を販売する通販サイトを立ち上げてみました。

僕はモノに対しても一期一会だと想っています。

 

それが新品ではなく、

中古やデッドストックなら尚更です。

 

という、彼女のように愛するジブンの持ち物をショップにあげてみました。

スクリーンショット 2014-11-25 2.59.32

 

ショップ名は、

6bcaf130de5805389581c1947665dcc7

 

名前のとおり、

買ってほしくない商品ばかり載せてます。

 

じゃあ、なんで載せてるんだよ。と突っ込まれると想うでしょうが

要は、

自慢ですw

 

でも実際に買うヒトが現れたら、販売します。

だから、買わないだろうという

べらぼうに高額な価格で設定をしているのですw

 

でも、買わせるのが一番の目的ではないECサイトって意外と結構あるんです。

 

では何が目的か?

メディアとしての用途を成しているECサイトもあります。

 

例えば、

 

TOHOK

スクリーンショット 2014-11-25 3.10.01

 

このサイトは「売る気がない」というわけでは一切ないですが

 

ECサイトでの売り上げ以上に

東北の職人さんのブランディングという効果を果たしているECメディアではないでしょうか。

 

僕はこのデザイン好きです。

 

このように、

ブランディングの役目も果たすメディア型ECが最近増えてきていますね。

 

沖縄でもこれから増えていくでしょう。

ちなみに僕も今何個か進めていますw

 

taikiaiba.ショップとは、もちろん別でですw

 

でも想うのです。

いろんなモノをセレクトしている通販サイトはそれこそセレクトしたモノの見せ方と

そのサイト自体の見せ方というのは非常に重要だなと。

 


 

今回僕がECを作る際に使ったBASEのように

 

今は、誰でも簡単にジブンでECサイトを作れる時代になりました。

そして、

今後は個人がいかにメディアとしての役割を果たすECを作れるかだと僕は想うのです。

ってか、単純に面白いと想うんですよね。

 

ジブンが選んで売るものって、ジブンのセンスなので、

ジブンを投影しているようなものじゃないですか。

 

面白いですよね。

 

皆さんも是非、売るものがあったら

ECサイトを作ってみて、なおかつサイトのブランディングをしてみたらいかがでしょうか。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
20100920_664334

本質を大事にするからこそ、シゴトも就活も「嫌われることを恐れてはいけない」

20100920_664334

 

セルフブランディング。

これをした時に、

好かれることも嫌われる事もあります。

 

僕もたまに毒のようなものを吐く。

 

 

最初に言っておきます。

毒を吐く事は良い事ではありません。

 

そして、

何もしてないやつが毒を吐くコトほどダサいことはありません。

 

※僕がちゃんとしたことをしていると言いたいわけではありません。

 

そもそも

なぜ僕が毒のようなものを吐き、下ネタを話すのか

これは「セルフ・ブランディングです。」と言うと

だいぶ誤解されそうなので、

 

ちょっと今日はこのことに関して

書いていきます。

 

これは就活をする学生さんにも言える事です。

 


営業として嫌われることを恐れるのをやめた。

 

僕は、WEBディレクターとしてシゴトをしていますが

それ以前に

営業としての役割のほうが大半を担っています。

 

営業というと、皆さんが想像しているものと僕は少し違うかもしれません。

 

僕は営業をする際に、以下のルールを決めています。

 

・何よりもクライアント第一。

・クライアントに媚を売らない。

・できないとは言わない。

・嘘は絶対につかない。

・社内営業は絶対に優先しない。

 

よくこんな台詞があります。

「売れないものを売るのが営業の仕事だろ。」

 

僕は絶対にそうは想わない。

僕はそんなことを制作ディレクターやエンジニアに言われたとしたら

売れるものを作れ!!とぶつかるでしょう。

 

クライアントのことを考えない売れないものしか作れないなら

そんなのやめてしまえ!とも想っています。

 

だから、

僕は売れないもの、クライアントやユーザーが買って喜ばないものは、売れと言われても絶対に売りません。

 

 

極端なニュアンスで書いてますが、

本当にそうだと想うのです。

 

逆に言えば、

クライアントやユーザーが満足を超える感動をしてもらえる商品やサービスを提供できることが

シゴトの一番のやりがいじゃないですか。

 

その商品やサービスを自分が作ったってなったら

それほど誇れるものはないのではないでしょうか。

 

これは、制作ディレクター、エンジニア、デザイナーなど全てのヒト達に言える事だと感じます。

 

「やらされている」というキモチではイイモノは絶対にできないですし、

言われたことをただこなすだけでは

「期待以上のもの」を生み出すことはできません。

 

僕がお付き合いをしているある企業の代表のかたがこんな事を言っていました。

「ワタシ達はクライアントの期待を超える感動を与え続けるために妥協は絶対にしない。」

 

この話を聴いたとき、

僕は、この方とはこれからもずっとお付き合いをしていきたいと強く想いました。

 

だからこそ、

企業の中のヒト達全員が自分たちのサービスに誇りと自信を持っており、

絶対に嘘をつかない!!という想いで

クライアントに納品することができる。

 

だからクライアントとの絶対的な信頼関係が生まれるんです。

 

そのためには、

社内の余計なご機嫌取りなんて

僕は必要ないと考えています。

 

だから、

極端な話、自社のリソースでは限界と判断した場合は、

何が何でも、できる企業を自分で探してくる。

 

 

その時に僕は

社内のヒト達に、自分たちでは限界なんだと実感してほしいとも考えています。

でないと、会社も成長をしていかない。

 

もちろん、こんな営業のやりかたをしたら

社内で嫌われる事もあるというのも、わかっています。

 

でも、僕が何よりも考えているのは

クライアントとの信頼関係です。

 

営業としてまず築き上げていかなくてはいけない部分は

 

「株式会社◯◯さんだから」ではなく

「株式会社◯◯のアイバさんだから」だと考えています。

これはどの業界も一緒だと感じます。

 

だから僕は毒を吐く。

話がだいぶ飛んでいるように感じますね。

例えば、

クライアントのやろうとしていることが

もの凄くイケテなかったとしましょう。

 

これを営業が「凄く良いですね!是非弊社にやらせてください!」

と、売れないとわかってて開発料をもらって開発して

納品しておしまい。

 

これで売り上げ出ました。

 

というのはしたくないです。

 

だから

 

クライアントのやろうとしていることがイケテなかったら

 

「それイケテません。でも、こういうやりかたなら本来の目的もターゲットも変わってないですし、イケテます。」

と僕は提案します。※もちろんオブラートに包みます。

クライアント第一→クライアントの利益が第一なので。

 

だから毒を吐いても信頼関係が生まれる。

ご機嫌取りな営業よりも信頼をしてもらえる。
よく、ヒトを批判する発信をするヒトがいます。

僕もそういう風に見える記事を書く事もあります。

 

でも

むかついたからとか、嫌いだからとかではなく

課題定義だと考えています。

 

本当はイケテないと想っているのに、「イケテますね〜」と言うのは相手のためにもならないのです。

 

そこで相手が腹を立てて、

もうお付き合いをしない。と想ってしまえば

そこでおしまいでしょう。

 

もちろんプライドを傷つけてしまえばそうなってしまうでしょう。

 

でも、それを恐れてしまったら、本当の長い目の信頼関係は生まれません。

下請けや委託企業という以前に、

クライアントのパートナーとして、一緒にクライアントの課題を解決まで持っていく事が

何よりもクライアントの満足になるのではないでしょうか。

 

だから僕は本当の信頼関係を築く為に嫌われるのを恐れるのはやめました。

 


 

自分が嫌われることよりも、記憶にさえ残らないことのほうが怖い。

 

これは、ブランディングにも係ることだと想いますが

結局嫌われることや否定されるのを恐れて、守りに入ってしまったら

ヒトの記憶にさえ残らない。

 

これほど怖い事はありません。

 

営業ならなおさらです。

 

 

最初は、出れば出る程、杭は打たれるでしょう。

最初は孤独です。

その孤独に耐えれるかどうか。

 

でもそのうち、そんな自分だから良いというヒトも出てきます。

それが自信にもなります。

 

就活においてもそうでしょう。

 

人事に自分のマイナス面を見せないようにしようと考えるヒトが多いです。

でも、マイナスをなくしても0にしかならない。

 

それならマイナスをプラスに置き換えれば良いだけです。

それをマイナスと判断する企業とはご縁がなかった。と考えて良いのではないでしょうか。

 

ありのままを見せて、気に入ってくれる企業とお付き合いをしていけばいいのではないでしょうか。

だから、僕は学生に「やりたくてやっていたことを自信持って話をすれば良いんじゃないですか?」とよく話をします。

 

自分のキャラに合わない、人事にウケそうなことを無理矢理話してウケて、

企業に入ったとしても、

ありのままのキャラではその企業で働いていけないはず。

 

自分だから、持っているモノをそのまま見せれば良いだけだと想うのです。

 


わざと嫌われて、炎上させる細工では長続きしない。

 

炎上マーケティングという言葉がありますね。

もちろん有効なことだとは想っています。

 

ただ、この炎上芸では長期的な効果は見込めないと

僕は個人的に考えています。

 

就活に例えると、

やはり学生さんは他の学生さんよりも印象に残りたいがために

たまに凄いことを言う学生さんや小細工をしてくる学生さんがいます。

 

しかし、この小細工が

就活のための小細工であり、普段から自分がやっていることでなければ

そんな小細工で入ったとしても、就職後がきついはずです。

 

だから嘘はつかない。

小手先のブランディングなんてすぐにバレます。

 


 

まとめ

 

いろんな話をしてしまいましたが

結局なにを言いたいかというと

シゴトも就職活動も

本当にクライアントや就職したい企業に貢献したいのであれば

変な守りなんか捨てて、全力で自分を出す。

 

それで大嫌いになられるか、大好きになられるか。

 

そこからではないでしょうか。

想いが届かない場合だってあります。

 

僕もそんな時は、もっと上手く伝えれるようにならないとなと感じる事もあります。

相手を傷つける毒は吐いてはいけません。

 

セルフブランディングをして

相手に嫌われるのは仕方ないでしょう。

 

 

嫌われる事と、相手を傷つけることは違うわけです。

 

そこのバランスは難しいですよね。

 

そんな課題を僕の中でもまだまだ抱きながら、

更に質をあげていくのだろうなと考えています。

 

下ネタもセクハラで訴えられないように質をあげていきます。

 

あれ?
結局まとまってないですねw

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。