Tagged ディレクター

YOSX8588_TP_V

地方企業のいわゆる「 Web担当」という職の大きな誤解

YOSX8588_TP_V

 

 企業が欲しがる「WEB担当」の定義は?

 

県内企業にお邪魔させていただく時に、よく耳にする「 Web担当」という言葉。

もちろん、これは IT・ Web関係の企業ではなく、食品、観光系などの制作が基本ではない企業の「 Web担当」のお話。

 

企業の人事からお話を伺う際に「Web担当」を雇いたい。と言われるが、

この企業の人事がイメージする 「Web担当」とはどんな人のことを指すのか。

 

・Webマーケティングなどを熟知しており、 Webを含めたPRなどの戦略を立てることができ、それを制作会社とかに指示して一緒にうサイト制作を進めることのできるディレクター?

 

・サイト制作自体をできる Webデザイナー?

 

・全部できる人?

 

僕がこれまで聞いた県内企業では一番下の「全部できる人」という答えがいちばん多い。

つまりシンプルに言うとこうだ。

 

・ マーケティングとPRに強く、戦略を立てることができ、デザインスキル、プログラミングなど一括してできるひと

 

PRには、例えば SNS運用も含まれてくるだろう。

定めたターゲットに、適切なコンテンツ発信を行う。

サムネイル(写真)の調達から、ライティングまで行うことになる。

 

 

戦略を立て、制作まで一括行うことのできるWeb人材は皆無です。

 

僕は、こういう Web担当が欲しいという企業さんには

それを全てできる人は県内探しても滅多にいません。」と話をする。

 

なぜ、そういう企業が「Web担当」を欲しがるのか。

確かに内部に常にいて、 Web周りのことは全てこの人に聞けば解決してくれるというスペシャリストがいてくれたら、どの企業だって嬉しいでしょう。

 

しかし、そういうスペシャリストはほとんどいません。

採用活動の中で、そういう要件で募集をして、来る方は

デザイン、コーディングスキルを持っていたとしても、その人がマーケティング、広報など

 IT、 Web制作会社でマルチにやらせてもらっていたというのは、環境的にほぼないでしょう。

 

その際に、企業側はデザイン、コーディングスキルを持っているから雇ってしまいがちです。

 

 

戦略は社内で行い、制作は社外パートナーにお願いする 

 

しかし、僕は思う。

ここで必要なのは、制作スキルではなく、 Webマーケティングや、 Web運用、企画、戦略を立てることのできるプロデューサーやディレクターの方ではないだろうか。

 

制作は信頼できる制作会社としっかりとパートナーを組んで、ディレクターが指示を出せばいいだけなのです。

 

なので、全てを持っている人を「Web担当」として雇おうとすると、制作スキルを持つ人を雇いがちになってしまい、この人は戦略や方針を立てることができない。

それなら制作スキルはそこまでなくても、ディレクターを社内で雇うことをお勧めします。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
shs-D05_9691

Dr.コトーのようなWebディレクターになる。必要とされる場所に必要な人がいない現状にできること。

いろんな人と、いろんな場所で、いろんな話をした中で、

ひとつの答えが出ました。

 

shs-D05_9691

 

僕はDr.コトーのようなWebディレクターになります。

 


 

僕がDr.コトーのようなWebディレクターになるわけ

 

本当にソレを必要としている人の元に、ソレがない。

 

これは何事にも言えることではありますが、

そう思うのです。

 

なんで、ソレがないのか。

 

例えば、あるヒトの、課題を解決できるヒトがいるとする。

 

でも、その課題を解決できるヒトは、

全く別の環境にいることが多く、

その出会い、ご縁を作ることがなかなか難しい。

 

 

僕は非常にもったいないと考えることがあります。

同じコトをできるヒト同士が集まりがちなのがコミュニティであって、

そのコミュニティ外のヒトと新しくコミュニティが生まれることは、

なかなかないな〜って。

 

だって、自分ができることができないヒトというのは、

自分ができないことをできるヒトだから。

 

これは広い意味でです。

 

違う環境のヒトとそのヒトをつなげることができるのは、違う環境にいるヒトなわけです。

そこに、本当に自分を必要と思ってくれるヒトがいる可能性だってあるのです。

 

僕が日頃、感じるのは

できるヒトはたくさんいる。でも考えていることが違うから、そこにマッチングが生まれない。

ということです。

 

国の予算も一緒です。

 

使えるお金は実はたくさん余っていたりします。

でも、本当にお金が必要なヒトのもとには、そのお金は届かない。

 

僕にように、デジタル分野をシゴトにしている人間だからこそ、

目を向けるべきところは、アナログの部分だと考えています。

 

アナログにはデジタルがない。でもアナログはデジタルを必要としているわけです。

 

Dr.コトーもそうではないでしょうか。

離島には医者が必要。でもなかなか離島には医者がいない。

もちろんどこの地域も医者は必要としていますが、

いないと相当困る場所、いないと解決をしない場所にいるから需要があるわけです。

 

だから僕はDr.コトーのようなWebディレクターになるわけです。

 


 

一人ひとりとシゴトをするために、別で大きくシゴトをすることもある。

 

例えば、一人ひとりとシゴトをすることだけでは、良くない。

というのは、一人ひとりとするシゴトじゃないシゴトのノウハウ、経験は一人ひとりとするシゴトでは培えないから。

 

その一人ひとりとするシゴトじゃないシゴトで培うノウハウ、経験を、

一人ひとりとするシゴトに活かすことができるから、解決に導くことができる。

 

Dr.コトーもそうですよね。

最新の医療機器のある大きな病院での経験があるから、地域の診療所でソレを必要とするヒトの治療ができる。

 


 

ローカルとグローバルという様々なチャネルを持つから、両方に活かせるもの。

 

グローバルに足りないのはローカル。

ローカルに足りないのはグローバル。

 

この両方でシゴトをするからこそ、どちらの解決にもつながる。

 

ローカルの解決。

これはグローバルの会議室にいるヒトがいくらお金を積んでも解決できないコトだと

僕は考えています。

 

この2つの環境でシゴトをするヒトは、

まだまだ、ものすごく少ないです。

 

だからこそ、必要としてもらえ、

僕一人でも足りない部分なのです。

 

ヒトそれぞれ育ってきた環境、働いてきたキャリアが違うからこそ、

そこに自分の必要性を見出すことができるか、見出してもそこに行くか行かないかはそれぞれです。

 

何を自分の中の価値と捉え、

動いていくか、きっとそこなのでしょうね。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
GR000227

「広く浅くの専門家」の僕にとってのWebディレクターというオシゴトは何でも経験できるオシゴト

GR000227

 

最近僕は、初めて会うヒトにジブンのやっているシゴトを紹介する際に

「Webディレクターをしています。」と、説明します。

でも、世間一般のWebディレクターとはちょっと違った働き方をしているかもしれません。

 


Webディレクターというオシゴト

Webディレクターとは、いわばWeb制作の監督みたいなものです。

デザイナー、エンジニア、ライターなどの管理役だったり、

Web制作のスケジューリングなども行うシゴトですが、

制作に必要な、クライアントとの打ち合わせなどもやっています。

詳しくはリンクを参照下さい。

 


なぜ僕がWebディレクターを名乗るのか

 

ちなみに僕はWebディレクターとしてのキャリアはかなり短いです。

更に言うならば「Web」に関してのキャリアも長くはありません。

世間一般のIT企業でWebディレクターをしているヒト達と比べると

Web制作に直結する専門分野の知識は彼らよりも劣るかもしれません。

 

 

しかし、僕が誰よりも負けない分野というのがいくつかあります。

 

 

①クライアントの期待を超えるための妥協をしない。

これは当たり前かもしれませんが、僕が話をするクライアントというのは

ほとんどがWebやWebデザインに関して、知識のないヒト達です。

 

そういうクライアントがイメージする要望を100%再現するというのは、

つまりWebやデザインに関してはプロではないクライアントが考えた作品になるわけです。

 

僕らWeb制作会社のプロのシゴトとは、クライアントがイメージしたものを

更にプロの力で、クライアントが想像していなかったけど、

「こういうデザインもできるんだ!!でもむしろこっちのほうが良い!!めちゃくちゃ良いじゃん!!」

 

を提案できることなのだと考えます。

 

クライアントの制作する目的をしっかりと話の中で、理解し

それを自分たち制作陣に共有し、プロの力で

期待以上のモノを納品する。

これは当たり前だとは思いますが、「クライアント第一」というのは

そういうことなのではないでしょうか。

 

 

 

②「広く浅くの専門家」だから考える事の出来るWebソリューション

上で僕は、Web制作に関わる専門知識は他のWebディレクターに劣ると書きました。

こう書くと誤解はされるかもしれないので、弁解すると

Web制作に必要な知識は持っています。

しかし、Web制作に必要以上の知識は持たないということです。

 

というのは、僕が考えるWeb(IT)とはメインになるものではなく、

あくまで、何かを見せる、魅せる、便利にするための「ソリューション」でしかないと考えるからです。

 

なので、クライアントの要望の中でWebが必要ないと判断したら、僕はWebを使わない提案をしています。 

 

僕はWebの専門知識も日々学んではいますが、

それ以上にWeb以外の分野の知識をインプットするようにしています。

 

なので僕のこの広く浅い知識は色んな分野に拡がります。

ばーっと並べると

Web、観光、地域、田舎、自然、商店街、美女、アニメ、心理学、経営学、マーケティング、芸能、食、野菜、医療、福祉、伝統文化、歴史、スポーツ、ファッション、美容、海外、社会問題、キャバクラ、政治、下ネタ、ナンパ、面白い、楽しい、教育、雇用、就職、デート、お酒、カフェ、リア充、非リア充、タコライス・・・・・・等

この中でも3本軸を作るなら

Web、地域、女の子(下ネタ)になるのですが、  ※無理矢理下ネタ入れこみましたw

上のキーワードは全て

「◯◯×Web」の「◯◯」に入れる事のできるモノなのです。

 

そして、クライアントに合わせて

その浅い知識を引き出しから引っ張りだしてきて

案件をきっかけに、この浅い知識を「専門知識」にしていく。

 

つまりは好奇心が誰よりも負けないというところです。

 

だから、案件毎にそれをただ遂行するのではなく、

ジブンが興味を持ち、その分野をよりWebの力で高める仕掛けを考える事ができるのです。

 

 

③クライアント目線とユーザー目線

これは僕が特に心がけています。

上にも書いた「クライアント第一」と共に、ユーザー目線も常に心がけています。

 

失敗する事業・プロジェクトでよくある問題が

「作り手の良いと思うものが、使い手にとってイイモノとは限らない」というところです。

 

これはWeb業界にも言える事ですが、

Web専門のヒトが特に陥りやすい、ギーク過ぎて、ギークにしか良さを理解してもらえない

ギーク症候群」です。

例えば、

良いアプリのアイデアを思いつき、

アプリを多くの年月とそれに係る人件費を費やして、

作り手側からしたら「実現したら絶対売れるモノ」を作ったとします。

 

でもこれをローンチしたところで、気づくのはギークのヒトだけ。

そして、ギーク目線のイイモノは一般ユーザーからすれば、難しかったり

あんまり日常に取り入れにくかったりするものがあります。

 

しまいにはアプリをストアにあげても、

そのストアにそのアプリが出た事を、ユーザーは気づきされせずに

ストアの奥深くで眠る事になるというのも多々あります。

 

作り手が「絶対に美味いモノ」を作っても、試食するきっかけがなければ

買ってもらえさせしないというケースです。

 

これはマーケティングの分野にもなるのですが、

ここをなかなか、上手く出来ないギーク症候群なWeb専門家は、まだまだ多いです。

 

だから僕は、誰よりもユーザーの声が聴こえる現場にいるWebディレクターだと考えています。

 


 

なぜWebなのか

 

実際のところ、僕はWeb自体はそこまで好きではありません。

というのもWebも良い点と悪い点があるからです。

 

悪い点はギーク感。

そして、

良い点はソリューション感です。

 

なので、

Webソリューション業界に必要なものとは

誰よりもアナログを見つめる力だと僕は考えています。

 

一見、

Webと関係のないアナログ要素でも

Webをソリューションとすれば、

そのアナログ要素の魅力を更に引き出すことができるわけです。

 

そこがWebの強みです。

 

そして、アナログ業界のヒト達も

これからはそのWebを無視してシゴトをすることが、なかなか難しくなってきました。

 

そんな時代に、意外と誰にでも必要となってくるWebと、そのヒト達の間のつなぎ役になることが

僕のシゴトなのではないでしょうか。

 

Web専門家がアナログのヒトにWebの知識を教えるというよりも、

間にどちらも広く浅く知っている人間が、入った方が

スムーズに行く事も多いです。

 

だから僕はWebという言葉をジブンの肩書きに付けています。

 


 

最後に

 

沖縄でシゴトをしている中で、まだまだWeb業界のレベルは県外と比べると

伸びていないと僕は感じています。

 

行政などと事業をする際も、

Webに関しての説明は特にしっかりと話す必要があります。

 

Webとは、もちろん便利ではありますが

使い方を間違えれば、全く効果もなく

下手したら逆効果になってしまうケースも多々あります。

 

だからこそ、

Web業界で働くヒト達には、

自分たちがITの人間。デジタルを先行く人間とばかり考えず、

アナログに目を向ける。アナログがかかえる課題をしっかりと理解する必要があるのではないでしょうか。

 

くれぐれも利益を優先して、

アナログのヒト達に都合の良いようにデジタルの知識を植え付けないように。

 

というのが僕の想いです。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。