Tagged クリエイター

d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

クリエイティブマインドが必要となってくるこれからの働き方に沖縄という地域はフィットするだろう。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

 

d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

 

僕は以前、ゲストで呼んでいただいたイベントで、こんな話をした。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

詳しい話はその時はしなかったので、今日はそのことを書いていく。

 

沖縄の仕事のしかたは、良い?悪い?

 

東京に27年間いた僕が、なぜ沖縄に移住し、永住を決めたか。

それは、沖縄という環境がものすごく良いからである。

沖縄の働き方に関して、ゆるい、仕事のスピードが遅いというマイナスイメージを持っている方が多いだろう。

実際にそれは否定できない。

 

でも、これは本当に悪いことなのだろうか。

確実に東京で働く人よりも仕事量は少ないだろう。

でも、果たして仕事量が多い。と、結果が出る。は比例するのだろうか?

 

これは僕個人の考えではあるが、必ずしもそうとは言い切れない。

広告を広く周知をすれば商品が売れるわけではないのと同じように、

今は、仕事量やかけるコスト以上に、いかにユーザーが満足するサービス・商品を作ることができるかが

どの業界も共通した課題、重大要素になってきている。

 

仕事を沢山した。営業で沢山企業を回った。残業を沢山したからって結果が出るというわけではない。

今の沖縄の人の働き方をほとんど変えることなく、日本で一番クリエイティブが生まれる地域にすることも可能なのではないだろうか。

僕はそう感じている。

 

では沖縄に足りないところを書いていく。

 

沖縄のおしいところ

 

よく言われるのが、圧倒的な情報不足。

こう書くと、情報不足なのが沖縄という離れ小島だからと思う人も多いかもしれない。

実際はそうではない。

今は情報はネットでいくらでも転がっている。

東京や世界と同じスピードで情報収集が可能になった。

 

東京には優秀な人が多いから、そういう人と話しててインプットできるものが多いという説も、

必ずしもそうとは言えない。

 

沖縄にだって、東京や世界で活躍するクリエイターが来る機会は沢山ある。

更に言うと、東京や世界で活躍してきたクリエイターがごろごろとUターン、Iターンで沖縄に移住してきている。

これでも、沖縄という環境のせいにできるだろうか。

 

これだけは言える。

情報収集なんて、その気になれば東京の人よりもいくらでもできる。

 

実際に、東京で働く9割は、僕よりも情報収集をしていないだろう。

沖縄だからなんて関係はない。

やるかやらないか、それだけだ。

 

仕事量が多ければ結果につながるというわけではないと書いたが、

情報収集がなければ、結果にはつながらない。

 

時間に余裕があるから情報収集に当てる時間がある。

 

僕は全体的に沖縄の仕事のクオリティが低いのは、地方だからと言われるのは

サービス提供側全体の情報収集(インプット)する時間が少ないからだと言い切れる。

 

でも、思う。

インプットする余裕はまだあるわけだ。

単純に知らないだけだ。

知らない、わからないで終わらせているから、それ以上に行かないだけだ。

でも、時間に余裕があるはずだ。

 

沖縄だけど、東京のように余裕がない仕事をしている。という人の言い分に対して

 

中にはこういう言い分の人もいるだろう。

沖縄にいるのに過労死するような働き方をしている人もいる。

 

でもそういう人たちは実際に本当に東京と同じ仕事量で、同じぐらいのクオリティを求められているから、

余裕がなくなっているのだろうか?

 

沖縄の僕らが3つ仕事をこなす間に、東京の人たちはいくつ仕事をこなしているだろう。

3倍以上の仕事をこなしているといっても大げさではない。下手したら10倍だ。

でも働いている時間は同じなんだ。

 

でも、僕らは3つでもゼエゼエハアハアしている。

なぜこんなことになっているのか?

日頃のインプット(情報収集)をしていないからだ。

 

それを怠ると、仕事している時間は同じになるが、仕事量は3分の1。

でも、自分は精一杯頑張っているという心理になる。

 

こうなっていくと沖縄ですら仕事はつらいし、ブラック企業と思われる企業だって誕生する。

 

仕事ができるヒトに共通する部分はググりかたが上手い

 

magnifying-glass-76520_640-300x200

ある、炎上マーケッターが以前こんなことを言っていた。

欲しい情報をいかに効率よく、素早く検索し、収集し、

自分のものとするか。

これに長けている人は、大体は結果を出している。

 

何事も知っていれば、判断もより良い判断ができ、

先のイメージがわけば、自ら成功パターンをイメージさせることができる。

 

そして、その後に大事なのが、実際に試して、失敗してもちゃんとブラッシュアップして

どんどん精度を増していけるかどうかだ。

これもインプットの内に含まれる要素だ。

 

このインプットが経験量の少ない沖縄の課題を解決させていく。

 

インプットするには最適な地域「沖縄」

 

ここまで来ると、わかると思うが、

東京よりもインプットする余裕を作れる沖縄は、

東京よりもクリエイティビティを育て、活かすことのできる地域であるとも言えるだろう。

 

東京よりも競合が少なく、地方のほうが目立つ。

そんあ環境でどう戦うかは、あなた次第だ。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
スクリーンショット 2014-11-08 16.09.26

やる気があれば何だってできる!未経験の女子大生が猛勉強して望む「Pictathon Okinawa(ピクタソン沖縄)」まであと3日!

スクリーンショット 2014-11-08 16.09.26

あと3日になりました。

12月14日開催!デザイナーとクリエイターが集まるピクタソン沖縄

 

今日は、このピクタソン沖縄の開催までに起こった素敵なアクションについて書こうと想います。

 


 

全くのデザイン未経験の女子大生がピクタソン沖縄にチャレンジ!!

 

僕も今回初めてピクタソンを沖縄で開催するわけですが、

当然様々な不安がありました。

 

県内のデザイナーさんがピクタソン沖縄に参加してくれるだろうか・・・?

スポンサー企業さんは集まるだろうか・・・?

県内のデザイン学校の学生さんは参加してくれるだろうか・・・?

当日、上手く開催することができるだろうか・・・?

 

自分たちの立てたスケジュールの中で、

初めてということもあり、開催前から次回開催への反省点があがる中、

 

僕は一人の大学生の女の子に、勇気をもらいました。

 

ワケあって、この記事では名前を伏せますが、

機会があれば、このブログでも紹介したいと想います。

 

ピクタソン沖縄ではご紹介致します。

 

琉球大学の観光系の学部に通う2年生の女の子が今回参加してくれることになりました。

この学生さん、なんと、今までフォトショップやイラストレーターも触ったことがない、完全未経験者なうえ

なんと、絵が上手いというわけでもないようです。

 

そんな彼女が開催1ヶ月切った頃に参加表明をしてくれました。

なんと、開催に向けて、フォトショップとイラストレーターまで契約をし、猛勉強中だそうです!!

そんな彼女がデザイナーさんに交じってピクタソン沖縄に参加するわけです。

そのチャレンジ精神には、僕もとても勇気をもらえました。

 

デザインは未経験ですが、デザインに対し、とても興味があり

このピクタソンをきっかけに、もっともっとデザインのことを知りたい、

デザインに触れてシゴトをしている魅力的な審査員の方々、デザイナー、クリエイターの参加者のかたがたと

お話をしてみたい!!

 

そんな、彼女は、

1週間を切り、このピクタソン沖縄開催の日をとても楽しみにしてくれているわけです。

 

こんな嬉しいことがあるでしょうか。

 

正直、県内で活躍しているデザイナーさんも、

なかなか、ハードルが高いように想えて、参加を悩んでしまうというようなコトを耳にしたりする中で

それこそ、まだ何も持っていない一人の女子大生の子がチャレンジする。

 

僕達運営側も

この日は、彼女にとっての、大きなきっかけの日になればと願っています。

 

何もないから、、ゼロだから切れるスタート。

 

これができるのは若いうちと言われますが、

こういう学生さんのアクションが今後、沖縄でどんどん増えていってほしいと想いますし、

そういう学生さんがいたら、僕らもとことん応援していきたいと考えています!!

 

 

というわけで、デサイナー、クリエイターの皆様!

未経験の女の子がチャレンジするピクタソンです!

彼女のチャレンジを受けていただけると僕も嬉しいです!!

 

12月14日(日)14時から開催!!

ピクタソン沖縄

まだまだ参加者募集中です!!!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
スクリーンショット 2014-11-08 16.09.26

沖縄県内のデザイナーとクリエイターが集合!「Pictathon Okinawa(ピクタソン沖縄)」開催!!

ブログがサーバーの問題で全部消えたので、

再度、ブログを作成しました。
というわけで、

ブログリニューアル1記事目は、

12月に開催するピクタソン沖縄の魅力を書いていきます。

 

沖縄県内のクリエイターとデザイナーが集まる大会

Pictathon Okinawa (ピクタソン沖縄)」を2014年12月14日(日)に開催致します。

 

スクリーンショット 2014-11-08 16.09.26

 

 


 

ピクタソンとは

エンジニアたちがアイデアと、プログラミングのスキルを競うハッカソン。

シリコンバレーではもちろん、いまや日本でも様々な企業が主催し行われています。

このハッカソンと、ウェブサイトやアプリケーション、公共施設等のナビゲーションとして、

いまや欠かせぬ存在のピクトグラムを組み合わせたのが「Pictathon(ピクタソン)」です。

2013年7月27日に東京にて第1回が開催され、その後定期的に開催しています。

 


 

ピクタソン沖縄とは

「Pictathon Okinawa」はその地方展開の第一号として開催されるイベントです。

「観光立県沖縄」という沖縄ならではのテーマを設定し、ピクトグラム制作で競い合っていただくことで、クリエイターのスキル向上、「沖縄観光×ピクトグラム文化」の振興を目指します。


ピクトグラムとは

 

ピクトグラム(pictogram、ピクトグラフ(pictograph)とも)は、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の一つである。地と図に明度差のある2色を用いて、表したい概念を単純な図として表現する技法が用いられる。(Wikipediaより)

p17

 


ピクタソン沖縄開催の経緯

「観光立県」と言われている沖縄で毎年の観光客数が年々増加の傾向にあります。

それにより、今後更に沖縄の特産品、お土産、観光施設、観光案内などでも、

「観光客に魅力を伝えるデザイン」というものが

どんどん重要になってきます。

しかし、県内のデザイナーさんやクリエイターさんが活躍する機会というのは、

まだまだ少ないです。

なぜ活躍する機会がまだまだ少ないのか、

決して、活躍できる機会がないというわけではありません。

もちろん中には活躍をしているデザイナーさんもいます。

しかし、そういった県内のデザイナーさん同士のコミュニケーションがまだまだ少なく、

情報の共有や、連携して何か事業をやるという動きもまだまだ限られてます。

そういった背景があり

「県内のデザイナーがもっと繋がり、もっと活躍できる沖縄に!」という想いから、

今回のお話を東京でピクタソンを運営しているカズワタベさんにご相談させていただきました。


ピクタソンを運営しているカズワタベさんとは

カズワタベさんは2013年に東京から福岡へ移住をし、

フリーランスとして、WEBに関わる企画・ディレクション・コンサルティング業務を中心に行っているかたで、

2014年8月にはウミーベ株式会社を設立し、スマホアプリやWEBサービスの制作、運営をおこなっています。

沖縄県今帰仁村の「古宇島」の観光案内ページを趣味で作っちゃったり、とても面白いかたです。

前に僕がブログで下の記事にも書きましたが、

このサイトを作ったかたです。

行政の望むものと、目的を達成するもの

スクリーンショット 2014-08-19 23.57.03

今回、そういった沖縄にも縁がある、沖縄が好きというところもあり、

快くピクタソンの地方開催を承諾していただきました。

 

ピクタソン沖縄当日には

会場でカズワタベさんには「ピクトグラム概論」としてお話していただきます。

 


 

これからの沖縄を担う学生クリエイターさんにも参加してもらいたい!

 

現在、僕ら運営メンバーで県内のデザイン専門学校や大学のほうにピクタソン沖縄のご案内をさせていただいています。

 

僕は想うのです。

 

学生のうちから、プロのデザイナーさんと競い合う経験は

今後の人生に活きてくるはずだと。

 

というわけで

学生さんにもどんどん参加していただきたいです。

実際に就職する前に

デザイナーさんやクリエイターさん達とのコミュニケーションは

きっと貴重な経験になります。

 


 

 

県内でなかなかデザイナーさん、クリエイターさんと出会える場、同士がコミュニケーションを取る場がなかなか少ないので、

そういう場になれば良いなと考えています。

 

そういった中で、

またシゴトが生まれていったら面白いですよね。

 

というわけで、

12月14日ピクタソン沖縄開催!参加者、スポンサー企業様、お待ちしております。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
head-identity

沖縄の障がい者×クリエイターが生み出すソーシャルプロダクト~琉Q 4NA4NA~

本日、

沖縄県那覇市の桜坂劇場にあるふくら舎という雑貨屋で

面白いトークショーに行って参りました。

「ソーシャルプロダクツ」〜笑顔をつなぐモノづくり〜

沖縄県内の障がい者就労施設や、自立・就労サポートセンターで働く方々とクリエイターさんが一緒に生み出すプロダクト

琉Q

head-identity

沖縄の恵みと知恵を大切に、障がい者雇用を促進しながら、原材料を化学肥料や農薬を使わずに栽培されたものに限定するなど、品質にもこだわった商品を発表している。

slideshow_img0

Read more

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。