From 沖縄移住

pictathon1_1

【第2回ピクタソン沖縄開催レポート】観光立県である沖縄の情報の整理と、ピクトグラムの作成フローの重要性

pictathon5

2016年6月5日 第二回ピクタソン沖縄を開催いたしました。

 

先日、ピクタソン沖縄を開催しました。

2014年の12月に開催した1回目から1年半と少し間が空いての2回目開催でしたので

開催前の協賛企業集めを始めとした準備はとても苦労しましたが、

前回の2倍近くのクリエイターさんデザイナーさんに参加いただき、とても盛り上がりました。

そして今回は優勝商品「MacBook Air」を始め、準優勝には「iPad mini」、スポンサー特別賞には「Apple Watch」など豪華な商品が集まりました。

 

 

今回の優勝者は佐々岡妙子さん

 

優勝者はデザイナー兼ディレクターの佐々岡妙子さん!

実は、開催ギリギリに応募をされた飛び入りのクリエイターさんですw

 

 

第1回目のピクタソン沖縄では、フォトショイラレ使い始めて1ヶ月の女子大生の女の子が

決勝に残るなど、番狂わせが起きましたが、今回もこういうことが起きるから面白い!

 

というわけでMacBook Airは佐々岡さんの手に!!!

 

pictathon2 

写真左が佐々岡さん。右はライターのみやねえさんです。(写真の提供ありがとうございます!)

 

ゲストには

以前の記事でもご紹介した、カズワタベ氏、かっぴー氏、布施貴規氏にお越しいただき、

予選、敗者復活、決勝で制作された作品の講評をしていただきました。

 

 

デザイナーさんを苦しめるような癖のあるテーマを設定

 

予選Aブロックでは

沖縄の交通手段というテーマで「モノレール 車 自転車」という3つ

 

予選Bブロックでは

沖縄の天候というテーマで「台風 片降い 晴れ

 

敗者復活戦では

沖縄のコミュニティ文化の「模合(もあい)

 

決勝では

沖縄の南部・中部・北部のランドマーク的な市である「那覇市 沖縄市 名護市

 

それぞれのテーマが沖縄にちなんでおり、

予選Aの「モノレール」は、電車のない沖縄県では「ゆいレール」というモノレールが

通勤、通学、観光客の足となっていることから、設定。

 

予選Bの「片降い」に関しては、沖縄に住んでいる人や、観光に来た方なら、夏などによく体験する

「向こうは降っているけど、こっちは降ってない」「雨の境目が見える」というキーワードを選ばせていただきました。

 

敗者復活戦のテーマである「模合(もあい)」は、

ゆいまーる、いちゃりばちょーでー等、コミュニティ文化が特に強い沖縄の特徴的な文化の一つです。

模合とは(wiki)

 

 

なぜこれらのテーマを設定したか

 

pictathon4

 

今回、東京からわざわざお越しいただいたデザイナーさんや、こちらに移住してきたばかりのデザイナーさんなど

そもそも「模合」って何!??「那覇市 沖縄市 名護市」!??何が有名なの!???

と、そもそも知らないキーワードで、だいぶ大変だったみたいです。

 

今回、あえて知らない人もいるであろうテーマを設定させてもらったのには

2つの理由があります。

 

 

要件定義というものの重要性

 

1つは、

ピクトグラムに限らず、制作を行う段階で

僕ら制作に携わるディレクター、デザイナー、さらにいうとフロントに立つ営業、プランナー、プロデューサーが、

まずクライアントに何をするかというと、必ずヒアリングをします。

 

クライアントの目的は何か?

誰に届けたいのか?

課題は何か?

 

様々なものをヒアリングしながら、要件を定義し、コンセプトを設計していきます。

これはピクトグラムの制作フローと全く同じです。

情報があり、その情報をもとにヒアリング、リサーチをかけ、要件定義、コンセプト設計をし、デザインに落とし込む。

 

つまり、ただデザインができる、デザインをするだけでないのです。

逆に言うと、僕ら制作に携わる人間は「デザイン」をするために、これだけのフローを通っています。

「こういうものを作ってください」 → 「はいわかりました」 → 「できました」 → 「ありがとうございます」

では、「目的を達成させることのできる価値のあるデザイン」はできません。

 

いわゆるディレクション。ここに予算を費やすことのない仕事が沖縄に限らず、

まだまだ世の中にはたくさんあります。

 

ピクタソンでは制限時間が20分でデザイン1パターン、50~60分で3パターンを、

このフローを通して作らないといけません。

デザイナーさんにとっては、相当大変なことなのです。

 

 

情報の整理にまだまだ課題のある観光立県沖縄

 

もう1つの理由として

 

沖縄県は観光立県を掲げ、県だけでなく、各市町村の行政、観光協会、民間企業が、

沖縄県への集客、経済を潤わすために、様々な取り組みを行っています。

 

私も同じように、これらの行政、観光協会などと一緒にお仕事をすることもある中で

そもそも、各地域の情報がなかなか整理されていない、発信している情報が本当に観光集客を狙うことのできる情報なのだろうか。

こう思うのです。

 

実際に、今回のピクタソンの県外からの参加者さんが

「那覇市 沖縄市 名護市」という情報を調べる際に、なかなか得たい情報が検索でも引っかからなくて

だいぶ苦労したと。

 

つまりまだまだ沖縄に訪れる、沖縄を知らない観光客にもそれぞれの地域の特性、魅力などが届きづらいということ。

 

ピクタソンの最後の運営者挨拶でもお話しさせていただきましたが、

各地域が「発信したい(魅力だと思う)情報」と観光客が「受信したい(魅力だと思う)情報」は同じだと限らないわけです。

 

インバウンド強化をしている沖縄でいうならば、

その観光客が、外国の方なのか?日本の方なのか?でも

受信したい(魅力だと思う)情報」は変わってくるのです。

 

ゲストのかっぴーさん(@nora_ito)が講評の際に、お話ししていた

「このピクトグラムがどんな用途で使われるのかをイメージしてみてください」というように

どのような状況で、誰が、何のためにそれを使うのか。というのが、欠けてしまうと

そのデザインは「綺麗なデザイン」で終わってしまうでしょう。

 

13388925_1249060035106671_730074555_o

 

 

ピクトグラムはそれがシンプルにダイレクトに影響してくるわけです。

 

 

デザインとは情報を整理し、必要な情報を抽出し、伝えるもの、それを決められた時間内で作成する厳しさがピクタソンの魅力

 

個人的に僕はそう感じています。

今回、20名近くの参加者さんと、多くの見学者の方々がイベントに遊び来てくれました。

それぞれの新しい交流も生まれ、これがまた別の場所でも新たな動きになったら、運営側も、大成功だと感じています。

 

沖縄のデザイナーさん、クリエイターさんがもっともっと面白い仕事ができる沖縄県に!!

 

pictathon1_1

 

最後に、今回ゲストとして参加者の皆さんの講評をしていただきました

カズワタベさん、かっぴーさん、布施さん

ありがとうございました!

 

 

※参加者さんがブログやメディアで書いてくれました!

 

・おきなわ移住ライフハックさん

 スクリーンショット 2016-06-06 16.03.42

 

 

当日写真はこちら

pictathon7 pictathon8 pictathon9 pictathon10

随時更新中です。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ec8bc8247e46ab36af370781c0257e6f

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!あなたにとって良い企業とは?

JobAntennaカバー

 

 

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!

 

先日、僕がディレクターをつとめさせてもらっている新サービスがリリースされました。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!をスローガンとした求職情報サイト「JobAntenna(ジョブアンテナ)」です。

 

スクリーンショット 2015-09-17 22.52.40

 

沖縄県内には、既に求職情報系の媒体はいくつもありますが、

なかなか企業の魅力を、仕事を求めている人に伝えきれていない。

企業の魅力を発信し切れていない。

企業側で働くヒトたちの想いを届けきれていない。

見ているとそう感じていました。

 

そうなると、仕事を探す側も、企業選びの際に選ぶ条件や情報が

給料面、時間帯、目で見える仕事内容。

そういった限られた情報からでしか選ぶことができません。

 

それがもたらす課題として、企業への定着率の低さや、ミスマッチがあがります。

 

 

僕らチームが「JobAntenna」を作った背景としては、そこにあります。

 

もっと若者が、ワクワクして働ける企業、活躍できる仕事をしっかりと発信したい。

そしたら、沖縄県内の会社も成長し、経済ももっともっと盛り上がってくる。

 

そこを目標にリリースをしました。

 

あなたにとって良い企業、良い仕事とは?

 

魅力的な企業、良い仕事とか、

口でいうと、簡単ですが

魅力的、良い仕事や企業とは、ヒトによって様々です。

 

働いている人が魅力なのか、環境が魅力なのか、はたまた仕事内容が魅力なのか、

それは様々です。

 

これだけは言える。

必ずしも初任給の高さだけが魅力ではないということ、

そして、給料が高くても嫌々働いていたら、その人は結果をなかなか出せず、会社も成長せず、

社員の給料も上がりません。

 

会社の想いに共感し、その想いを叶えるため、貢献できるか。

それが仕事に対しての面白さにもなり、実現させるためのワクワクにもつながると僕は考えています。

 

そして

いかに、会社が目指す部分に共感して、一緒に目指せる仲間を増やしていくことができるか。

これが企業のミッションのひとつでもあります。

 

そうするために、

企業は共感してもらうために、自分たちの想いや魅力を100%発信していけることが理想となってきます。

 

「アナタのための求人」を発信していくメディアにしたい。

 

その理想に近づけるため、僕らのサービスはそれをしっかり視覚化していきます。

仕事を探す人にとって「アナタのための求人」を目指しています。

 

好きなヒト達と楽しく働けて、皆でサービスを拡大させ、売り上げにもつながり、成長にもつながる。

仕事って楽しいなって感じる人がもっともっと増えるといいなって、僕は考えています。

 

仕事って楽しいものですよ。

 

時には辛いこともありますし、わからないことも沢山あります。

どうしたら前に進めれるか、どうしたらその問題を解決できるか、

それも仕事の醍醐味ではないでしょうか。

それをチームで一緒に考えて、解決へと導くプロセスは楽しいですし、

そうやって作り上げた事業やサービスでお客さんに喜んでもらえたときほどやりがいを感じるものはないのではないでしょうか。

 

そういう自分にとって楽しいという感じる仕事に出会ってもらいたい。

今後、そんな想いでこのサービスを発信していきます。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!するために

まず僕らが楽しんで運営していきますw

 

JobAntenna

これからもよろしくお願い致します。

 

12019825_1619828081615101_4577690221893518172_n

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

クリエイティブマインドが必要となってくるこれからの働き方に沖縄という地域はフィットするだろう。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

 

d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

 

僕は以前、ゲストで呼んでいただいたイベントで、こんな話をした。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

詳しい話はその時はしなかったので、今日はそのことを書いていく。

 

沖縄の仕事のしかたは、良い?悪い?

 

東京に27年間いた僕が、なぜ沖縄に移住し、永住を決めたか。

それは、沖縄という環境がものすごく良いからである。

沖縄の働き方に関して、ゆるい、仕事のスピードが遅いというマイナスイメージを持っている方が多いだろう。

実際にそれは否定できない。

 

でも、これは本当に悪いことなのだろうか。

確実に東京で働く人よりも仕事量は少ないだろう。

でも、果たして仕事量が多い。と、結果が出る。は比例するのだろうか?

 

これは僕個人の考えではあるが、必ずしもそうとは言い切れない。

広告を広く周知をすれば商品が売れるわけではないのと同じように、

今は、仕事量やかけるコスト以上に、いかにユーザーが満足するサービス・商品を作ることができるかが

どの業界も共通した課題、重大要素になってきている。

 

仕事を沢山した。営業で沢山企業を回った。残業を沢山したからって結果が出るというわけではない。

今の沖縄の人の働き方をほとんど変えることなく、日本で一番クリエイティブが生まれる地域にすることも可能なのではないだろうか。

僕はそう感じている。

 

では沖縄に足りないところを書いていく。

 

沖縄のおしいところ

 

よく言われるのが、圧倒的な情報不足。

こう書くと、情報不足なのが沖縄という離れ小島だからと思う人も多いかもしれない。

実際はそうではない。

今は情報はネットでいくらでも転がっている。

東京や世界と同じスピードで情報収集が可能になった。

 

東京には優秀な人が多いから、そういう人と話しててインプットできるものが多いという説も、

必ずしもそうとは言えない。

 

沖縄にだって、東京や世界で活躍するクリエイターが来る機会は沢山ある。

更に言うと、東京や世界で活躍してきたクリエイターがごろごろとUターン、Iターンで沖縄に移住してきている。

これでも、沖縄という環境のせいにできるだろうか。

 

これだけは言える。

情報収集なんて、その気になれば東京の人よりもいくらでもできる。

 

実際に、東京で働く9割は、僕よりも情報収集をしていないだろう。

沖縄だからなんて関係はない。

やるかやらないか、それだけだ。

 

仕事量が多ければ結果につながるというわけではないと書いたが、

情報収集がなければ、結果にはつながらない。

 

時間に余裕があるから情報収集に当てる時間がある。

 

僕は全体的に沖縄の仕事のクオリティが低いのは、地方だからと言われるのは

サービス提供側全体の情報収集(インプット)する時間が少ないからだと言い切れる。

 

でも、思う。

インプットする余裕はまだあるわけだ。

単純に知らないだけだ。

知らない、わからないで終わらせているから、それ以上に行かないだけだ。

でも、時間に余裕があるはずだ。

 

沖縄だけど、東京のように余裕がない仕事をしている。という人の言い分に対して

 

中にはこういう言い分の人もいるだろう。

沖縄にいるのに過労死するような働き方をしている人もいる。

 

でもそういう人たちは実際に本当に東京と同じ仕事量で、同じぐらいのクオリティを求められているから、

余裕がなくなっているのだろうか?

 

沖縄の僕らが3つ仕事をこなす間に、東京の人たちはいくつ仕事をこなしているだろう。

3倍以上の仕事をこなしているといっても大げさではない。下手したら10倍だ。

でも働いている時間は同じなんだ。

 

でも、僕らは3つでもゼエゼエハアハアしている。

なぜこんなことになっているのか?

日頃のインプット(情報収集)をしていないからだ。

 

それを怠ると、仕事している時間は同じになるが、仕事量は3分の1。

でも、自分は精一杯頑張っているという心理になる。

 

こうなっていくと沖縄ですら仕事はつらいし、ブラック企業と思われる企業だって誕生する。

 

仕事ができるヒトに共通する部分はググりかたが上手い

 

magnifying-glass-76520_640-300x200

ある、炎上マーケッターが以前こんなことを言っていた。

欲しい情報をいかに効率よく、素早く検索し、収集し、

自分のものとするか。

これに長けている人は、大体は結果を出している。

 

何事も知っていれば、判断もより良い判断ができ、

先のイメージがわけば、自ら成功パターンをイメージさせることができる。

 

そして、その後に大事なのが、実際に試して、失敗してもちゃんとブラッシュアップして

どんどん精度を増していけるかどうかだ。

これもインプットの内に含まれる要素だ。

 

このインプットが経験量の少ない沖縄の課題を解決させていく。

 

インプットするには最適な地域「沖縄」

 

ここまで来ると、わかると思うが、

東京よりもインプットする余裕を作れる沖縄は、

東京よりもクリエイティビティを育て、活かすことのできる地域であるとも言えるだろう。

 

東京よりも競合が少なく、地方のほうが目立つ。

そんあ環境でどう戦うかは、あなた次第だ。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
GR001669

次に作る沖縄の遊びは「週末北部暮らし」

最近読んだ「週末は田舎暮らし」

 

最近こんな本を読んだ。

 馬場未織氏の「週末は田舎暮らし」

 

というのも、僕が次にやろうと思っていることが

「週末は北部暮らし」だからだ。

 

沖縄ならすぐできる「週末田舎暮らし」

 

沖縄は、那覇空港に着き、那覇市内に行くと、

もはや都会だ。w

 

そして、高速道路で1時間も走れば、あっという間に北部に着き、雰囲気はガラッと変わる。

北部は特に海が綺麗だ。

 

GR001669

 

おまけに北部には美味しいご飯屋さんも多い。

最近よく行くのは名護のこちらのお店だ。

 

やんばるダイニング 松の古民家

GR001555

名護にあるこちらのお店は、観光客にも地元のかたにも人気な古民家ダイニングだ。

様々なお酒が飲め、店長さんもとてもオシャレで期待に応えてくれる面白いかただ。

 

このお店に行くと思う。

ああ、北部に家があれば、ゆっくり飲めるのに・・・・と。

 

というわけで探してみました。

 

北部暮らし物件

 

家賃の安い名護の寝床。

 

スクリーンショット 2015-08-06 23.53.38

2万円台ハウスも探せばあるんだな。。

 

でも、ただ飲んだあとに寝てく部屋なら、そんなに嬉しくない。

僕の理想は、あくまで「田舎暮らし」だ。

 

もっと、夜は北部の浜辺で1人寝っ転がりながら流れ星を見たり、

庭でBBQをしたり。

 

そんな週末が良いんだ。

 

ということで、探しました。海の近い1軒屋。

スクリーンショット 2015-08-07 0.00.55

 

6.8万円!安い!!!

これはなかなか良い。

 

シェア週末北部暮らししたいですよね〜。

 

しかし安いとは言え、週末しか行かない僕にとっては高い!

でも何人かでシェアしたら安いはず!

 

クリエイターを集めて、週末はのんびりと何かを作る。

そんな感じで遊べたらいいよね。

 

てなわけで、「シェア週末北部暮らし」を一緒にやってくれるかた募集です〜

 

沖縄は既にあるコンテンツを楽しむのもいいけど、作り出すのも楽しい場所です。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ビジョンDjpg

沖縄の海の前のオフィスで働きたいWEB男子、WEB女子をWanted!!

沖縄の移住し3年目になります。

アイバです。

 

移住し、県内のWeb企業に入りエンジニア研修を半年行い

半年後に営業企画として、県内の皆様へご挨拶まわり、

そして、そのあと社内でディレクターやら、プロデューサーやら

フリーで同じようなことをやらせてもらいながら、

 

再度、県内のWeb企業に再就職。

 

沖縄ならではの暮らしやすさ、気持ちよさがある中で

東京と同等のスピード、質、楽しさのある企業と出会い、

今はそんな理想のような働き方をしています。

 

今思い返すと長い2年でした。。w

 

この2年の感想は、

沖縄に移住してよかったということです。

 

なんなんですかね。

この心地よさは。

だらけちゃうとかではなく、ストレスが全くなく働けることで、より生産性が増すような動きができるような感じです。

 

そして、一人であがいていた時期を経験した僕にとっては、

心強い仲間がいる組織で働けることほど、ありがたく、より存分に力を発揮できるんだろうなと感じています。

 

そんなうちの会社でも、

今、求人を募集しております。←宣伝かい!!w

 

世の中のトレンドをシゴトに取り入れられるディレクターWANTED!

↑是非「応援する」もよろしくお願いします^^ 

 

 

僕は日頃、

沖縄県内のヒトはもちろんですが、

それ以上に沖縄県外で沖縄に興味がある同じような仕事をしているかたにも向けてブログを書いています。

 

ブログ更新しない日でも、継続してそこそこの人数のかたが検索ワードによってブログに入ってくるようにもなりました。

 

なので、

どのくらい反応があるのか見てみたいというのが個人的な想いです。

 

満員電車もない。

気持ちよく車やバイクや自転車で通勤のできる海の目の前のオフィス。

 

そんな快適沖縄Webライフ!!

僕はお勧めですw

上に貼ったディレクター募集以外にも、

以下のような募集もしています。

 

是非ご覧ください。

 

ビジョンDjpg

 

最先端のWeb技術で勝負したいマークアップエンジニアWANTED!

 

沖縄からインターネット業界に衝撃を与えたいエンジニアWANTED!

 

最先端の技術で勝負したいフロントエンドエンジニアWANTED!

 

世界的なブランドサイトを手掛けるチームと共に成長し合えるデザイナー募集!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
l201301290600

観光×ITという面白さのある沖縄で楽しくシゴトをしたいWeb系男子・女子を募集しております。

お久しぶりです。

このたび、フリーランスを卒業し

沖縄県内のWeb企業に就職したWeb系男子アイバです。

 

3月から新しい企業に入り、2週間。

 

ようやく社内の雰囲気にも慣れてきて

自分がどのように動くことがベストなのかというのも

少しずつ見えてきました。

 

それにしても、やはり企業に属すというのは

楽しいですね。

 

もちろんフリーの時も自由に仕事をとってきて、自由な働き方ができるので

それはそれで楽しいですが

企業に属すことで、

自分ができないコトを、できるヒトがやってくれて、

そんなチームで事業を進めるのはすごくワクワクしますね。

 

良い企業とご縁があったな~と実感しておりますw

 

それにしても、

まだ入って2週間しか経っていませんが、

この2週間で、いろいろな発見がありました。

 

これから沖縄ではまちがいなく、Web分野が代表的な産業になってくる

 

これは沖縄の地理的利点も要因にありますが、

沖縄の雇用問題もひとつ要因になっています。

 

まず、

沖縄の学生さんが大学、専門学校を出て

どこで働くかというところで

県外、特に東京で就職先を選ぶ方が多いです。

 

もちろん、県内で就職を考える学生さんも多いですが

多くの若い可能性を秘めたヒトたちが

東京で就職先を選んでいる事実もあります。

 

ということは、

沖縄には若手の人財が不足しているということなのです。

 

特にWebの分野に関しては

まだまだ沖縄はWebのリテラシーが高い地域だとは言えません。

学生さんの多くが苦手意識を持つくらいです。

 

未経験でもやる気があって、チャンスがあればどんどん挑戦したいという学生さんがWeb分野を選ばないという現状だったりもします。

 

東京に就職を決めた若者は、東京で数年働き、Uターンとして戻ってこられるかたもいますが、

みんながみんなそうではありません。

 

ということは、

言い方を変えれば、

沖縄には熱い若者を受け入れるWeb企業は沢山あるということです。

 

移住しても、シゴトがないというイメージのある沖縄ですが、

実はそんなことはないのです。

 

そして、沖縄でWebをやる面白さというのは次に書きます。

 

観光立県沖縄だからこそ企画を立てるのが面白い観光×IT

l201301290600

現在、沖縄の年間観光客数は約600万人、

2020年には1000万人を目標に向けて

さまざまな施策を沖縄県と民間企業が一緒になって進めています。

 

もちろんその目標を達成させるために

Webという分野を無視することはできないのです。

 

観光×IT(Web)が沖縄に大きなパワーを与えると言っても

過言ではありません。

 

沖縄で楽しくシゴトをしたいというWeb系男子、女子を募集!

 

以前、記事で

ヒトであふれるストレスフルな都会か、

リゾート地、沖縄でバリバリ働くのと、

あなたはどっちを選ぶ?

と書いたことがあります。

 

実際に沖縄で働いてみると実感するのですが

凄く心に余裕ができます。

 

というのは、

東京よりも沖縄のほうがスピードがゆっくりだというのも

もちろんありますが、

それ以上に、その余裕が生産性を生み

その生産性が、イノベーションを生み出すからです。

 

楽しく仕事ができる環境というのは、

つまり、新しいことを考えることができる余裕を持って仕事ができるということです。

 

これは地方で働くメリットのうちのひとつだとは思いますが、

沖縄はさらにこれに「観光」という大きなキーワードがついているので

とても面白い企画を立てほうだいなわけですw

 

イケダハヤトさんが移住された高知県も面白そうではありますが

 

ワクワクする働き方のひとつとして

 

その働き場所の候補として

「沖縄」

 

アリだと思いますww

 

沖縄に移住して、働いてみたいというWeb系男子、女子の皆様

 

もしご興味あれば、

ワタクシ、アイバがご相談にのります。

 

お気軽にお問い合わせください。

Twitter: @dj_tai2u

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
l201301290600

【沖縄で働きたい人募集!】オフショア、ニアショア開発といったコスト削減で勝負ができない沖縄の現状を解決するためには東京の人財が必要。

l201301290600

 

最近、東京、福岡、アジアで仕事をしている友人と話をしていて、

感じたことを今日は書きます。

 

沖縄のWEB(IT)市場の現状

 

2年前に東京から沖縄へ移住し、

県内の多くの企業と話をしてきました。

 

WEB分野に限らず、

沖縄は東京と比べ、レベルが低い。

 

一言で言うと、そうなってしまいますが、

では、東京以外で、

大阪や福岡といった都市が、東京と並べるかと言えば、

そういうわけでもない。

 

東京以外のどこの地域でも、開発力、技術力のレベルに関しては課題となっている。

 

では、沖縄でこの課題を解決するために

現在、どのようなことが行われているかというと、

人財の育成である。

 

IT特区とされる沖縄ではエンジニア、デザイナー人財を

国、沖縄県、地方自治体、県内企業がそれぞれの施策で人財の育成を行っている。

 

例えばこういうものもある。

沖縄若年者雇用促進奨励金

県内に在住で現時点で失業しているヒトを雇うと

国からの補助金が出るという仕組みだ。

 

沖縄県内の多くの企業がこれを使っている。

 

こういうものには

未経験のヒトを対象とするモノもあり、

要は、

国が未経験の人の半年分の給料を補助するから、その半年間で即戦力となる人財として育ててね。

ということだ。

 

実際、この仕組みを使った企業が未経験人財を雇い、

半年間で即戦力に育てることができているかと言われると

大半は育てることができていない。

 

半年後に解雇される人が多いのが現状だ。

 

もちろん効果が出てないとは言えない。

これらの施策により、沖縄のWEB市場も成長はしてきている。

しかし東京と成長スピードが同じかと言われたら、

物凄くスピードは遅い。

 

東京以外でのどこの地域でも同じだが

そういう意味では即戦力となる人財は不足している。

 

では、逆に東京のWEB市場はどのような状態か。

 

東京のWEB(IT)市場の現状

 

東京には約25万社というIT企業があるとされている。

案件は東京に集まり、その案件を取るために、多くの中小企業は開発コストを下げ、

多くの案件をこなしている。

 

ちなみに、一概には言えないが

ホームページ作成案件で

沖縄の最安が15万円とする場合

東京でも15万円で開発をしてしまう企業はたくさんある。

 

東京でも価格破壊が起こっているようだ。

 

 

オフショア開発とニアショア開発

 

オフショア開発

情報システムやソフトウェアの開発業務を海外の事業者や海外子会社に委託・発注すること。

営業や企画、設計、納品、サポートなど顧客に近い業務は本国で、

実装やテストなどを海外で行なうといった形で分業することが多い。

先進国の企業が人件費や事業コストの安い新興国の企業・人材を活用して開発コストを削減するために行なうもので、

当初は英語圏の国の間で盛んに行われ、その後日本を含む世界へ広まっている。

http://e-words.jp/w/E382AAE38395E382B7E383A7E382A2E9968BE799BA.htmlより)

アジアでいうと、中国、ベトナム、インド、フィリピン、ミャンマーなどが

日本よりも安い価格で開発をおこなっているが、離れている地域での開発のため様々なリスクも考えられる。

 

ニアショア開発

情報システムやソフトウェアなどの開発業務の一部または全部を、

比較的距離の近い遠隔地の事業所に委託すること。

業務を海外に委託する「オフショア開発」の類義語で、

近くの国や地域に委託することを指す場合と、(オフショアの対義語として)国内の遠隔地へ委託することを指す場合がある。

http://e-words.jp/w/E3838BE382A2E382B7E383A7E382A2E9968BE799BA.htmlより)

 

沖縄もこのニアショア開発に当たるだろう。

 

アジアのオフショア開発の現状

 

上で「様々なリスク」と書いたが、

離れている土地な上に、言語も物価も違う外国とのやりとりなので

意思疎通の面で逆に時間がかかってしまったり、

品質などでのトラブルも少なくない。

 

実際に、前にいた会社でベトナムにアプリ開発をお願いしたようだが、

納品されたコードが相当わかりづらかったようで、

結局修正するのに時間がかかり、最初から自社のエンジニアが開発したほうが

コストが浮いたといったこともあった。

 

日本のニアショア開発の現状

 

日本では福岡、大阪、沖縄など各地域で東京の案件に関わることが多くなってきてはいるが、

まだまだ東京の品質、スピードには遥かに劣り、コスト面でのメリットがほぼなく、

ニアショア開発拠点として成り立っている地域、企業が少ない。

 

沖縄がWEB(IT)開発拠点として日本、海外と勝負するためには

 

スピードと品質でレベルの高い東京も、

価格破壊が行われており、いわゆる「東京価格」で仕事ができる企業は限られている。

更に、ずっと委託案件をやり続けるつもりという企業は少ない。

どこの企業も上手く回ってきたら、自社サービスの開発にとりかかることを考えているだろう。

しかし、激安で大量の案件を回していたら、そんな余裕はいつ持てるだろうか。

そうこうしているうちに、開発チームの士気も下がり、

「案件をさばく」という意識を持つようになってしまう。

 

そうなってしまった企業に良い自社サービスが作れるのだろうか。

 

福岡の知人が言っていた。

 

同じコストで雰囲気の悪い環境でせかせかと東京で働くのと、

リゾート地で雰囲気は悪くない環境でせかせか働くのと

さあ、あなたはどっちを選ぶ?

 

まだまだ技術力では東京に劣らない沖縄が今必要としているのは

そういった東京でせかせかと働いている技術力を持った人財なのです。

 

というわけで、軽く告知w

 

東京で開催する沖縄のIT企業説明会があります。

 

スクリーンショット 2015-02-13 17.42.12

 

沖縄IT業界 UIターン就職説明会 in 東京

2月21日(土)13:00~

http://www.okinawa-itpark.jp/?p=244

 

参加企業を見ると、沖縄県内でも有数の企業も揃っています。

 

ちなみに僕も来月、フリーランスを卒業するのですが

この説明会に参加する企業のうちの1社に入ります。

 

ご興味あるかたは是非ご参加下さい。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
スクリーンショット 2014-12-31 21.41.32

沖縄移住でお得!沖縄からLCCで激安で行ける国内・国外旅行先5選

スクリーンショット 2014-12-31 21.41.32

2014年も残すことあと数時間。

来年は沖縄に住んでいることをもっと活かして暮らしていこうと考えています。

 

というわけで、

沖縄からLCC(格安航空)で行ける国内・国外の旅行先をまとめておきます。

 


 

沖縄で利用できるLCC(ローコストキャリア)

 

Peach(ピーチ航空)

 

 

 

Peach(2011-06-01-22.06.12)

 

・バニラエア(Vanilla Air)

VanillAir1

 

ジェットスター(Jetstar)

Jetstar-Logo-WEB-Master-For

 


 

沖縄からLCCで激安で行ける国内・国外旅行先5選

 

東京(TOKYO):5900円〜

3451888392_7e1cff21cc_b

 

大阪(OSAKA):4890円〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

福岡(FUKUOKA):4290円〜

yun_2932

 

台北(TAIPEI):5680円〜

Jiufen-taiwan-mosh11

 

 

香港(HONGKONG):7180円

sozai_cd-img600x401-1256451094dzy6yd23360

 

以上が、沖縄からLCCで行ける旅行先です。

2015年はLCC駆使ししまくるぞ〜!!

 


 

ちなみに、

経由便を使った場合、

北海道・札幌(SAPPORO):13680円〜 ※大阪経由便

 

yun_5698

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
resize

将来は、南の島でサラリーマンをしながらのんびり楽しく生きます!という小学生時代の夢を叶えた。

クリスマス・イブの夜に思い出した僕の将来の夢の話。

 

サッカー日本代表の本田圭佑さんは小学生の時の夢で

「セリエAに入団して背番号10番を背負って活躍する」と文集に書いています。

 

BL_fUdOCIAIZd9t

 

そんな本田選手はしているセリエAのACミランで10番を背負って活躍をしています。

 

夢は実現し、そして次の夢へ向かって前へ進んでいく。

凄いですよね。

 

ちなみに僕もこの1,2年で気づかぬうちに、

自分でも忘れていた小学生の卒業式の時に宣言した夢が叶っていました。

 

正直、なぜ小学6年生の時にそんなことを考えていたのかも覚えていません。

 

「将来は、南の島でサラリーマンをしながらのんびり楽しく生きます!」

 

これが僕の宣言した夢です。

 

結果、僕は2年前にご縁あって沖縄に移住し、

サラリーマンとして、働いている。

 

アタリマエのことですが、僕は想いました。

 

夢を持つのって大事だな。っていうお話w

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
yun_3076

僕が沖縄で出来るコトと出来ないコト。移住者がただの他所者でしかなくならないために。

yun_3076

 

僕は移住者でよそ者だ。

これが沖縄では弱いところでもあり、強いところでもある。

 

でもこの強みと弱み、

つまりは、沖縄で自分が出来るコトと出来ないコトを認識して

動いているヒトはそう多くはない。

 

郷に入っては郷に従え

という言葉がある。

「その土地(又は社会集団一般)に入ったら、自分の価値観と異なっていても、その土地(集団)の慣習や風俗にあった行動をとるべきである。(wiktionaryより)」

 

東京から沖縄に移住してきたヒトは沖縄に習慣・文化に対し、

様々な違和感を感じることかもしれません。

 

しかし、

移住者の僕たちは、そういう沖縄が好きも嫌いも、選んで移住してきたのではないだろうか。

 

「東京ではこうだった。」

「こっちのほうが効率が良いし、こうしたほうが良い!」

 

という、

東京で様々なキャリアを積んできたヒトが

沖縄のペースを無視して、思ったことを思ったように動かそうとするから

コトは思い通りにいかなくなる。

 

それを

「沖縄のヒトはスポードが遅い。」

「沖縄のヒトは使えない。」

というのは間違っている。

 

そういうこと言うなら、

他所者のアナタ一人でやってみたらいいじゃない?

誰も協力などしてくれないし、一人では絶対にできないから。

 


たとえ、

それが効率が悪くても、効果が小さかったとしても

地域のヒトが自発的に取り組んで進めているコトは持続的なものになっていくと僕は感じます。

 

そんな持続的な動きのペースを変えずに、更に広め、更に地域の人たちが楽しみながら面白いコトをするための、あくまでサポート役。

これが僕ら他から来た別のソリューションを持っているヨソ者が入る意義ではないのではないでしょうか。

 

そりゃ、効果をもっと出すためには、

もっと本気を出させれば良い!というのも一理あるかもしれません。

 

でもそれが地域では好まれない(むしろ効率的ではない)のは、実際に地域の現場に入らないとわからないことなのです。

 

僕は想います。

極論、

「お金もらえなければ、地域活性化なんてしない。」っていうヒトには

地域活性化をしてますなんて言ってほしくない。

 

お金を稼ぐことが悪いことではありません。

ボランティアで地域活性化をしろというわけでもありません。

 

その地域とそこのヒトたちが好きで、その地域を更に盛り上げていくために、自分も手伝わせてほしい!っていうヒトが

そこでお金を稼ぐことは悪くはない。

それが持続可能性だから。

 

沖縄には特別ってくらいの観光予算などが毎年入ってきます。

 

だからこそ、様々なヒトが地域に入ってきます。

その地域が好きだから入る。お金が稼げるから入る。

 

様々な思惑があるでしょう。

 

どちらにしても、沖縄のイイトコロに目を向けながら、活動してほしい。

 

日本に来たのに、日本人を見下している外国人のような、他所者にはならないでほしい。

 

外国人が日本人よりも遊び方、生き方、稼ぎ方のバリエーションが豊かなように、

他所者が地元のヒトより遊び方、生き方、稼ぎ方のバリエーションを持っているのは当然なんです。

 

それを自分たちだけでやるから、「ただの他所者」として、地元のヒトに受け入れられなくなる。

 

沖縄のヒトは他所者に冷たいと、よく聴きますが

そんなことはありません。

 

少なくとも僕は冷たくされたことはない。

それは地元のヒトの向き合い方の問題なのではないでしょうか。

 

他所者の自分ではできない、地元のヒトにはできる事というのを改めて考えてみるとわかる。

 

沖縄に来て、ナイチャー(移住者)同士でしか集まらないコミュニティもつまらないでしょう。

 

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。