From 就職

YOSX8588_TP_V

地方企業のいわゆる「 Web担当」という職の大きな誤解

YOSX8588_TP_V

 

 企業が欲しがる「WEB担当」の定義は?

 

県内企業にお邪魔させていただく時に、よく耳にする「 Web担当」という言葉。

もちろん、これは IT・ Web関係の企業ではなく、食品、観光系などの制作が基本ではない企業の「 Web担当」のお話。

 

企業の人事からお話を伺う際に「Web担当」を雇いたい。と言われるが、

この企業の人事がイメージする 「Web担当」とはどんな人のことを指すのか。

 

・Webマーケティングなどを熟知しており、 Webを含めたPRなどの戦略を立てることができ、それを制作会社とかに指示して一緒にうサイト制作を進めることのできるディレクター?

 

・サイト制作自体をできる Webデザイナー?

 

・全部できる人?

 

僕がこれまで聞いた県内企業では一番下の「全部できる人」という答えがいちばん多い。

つまりシンプルに言うとこうだ。

 

・ マーケティングとPRに強く、戦略を立てることができ、デザインスキル、プログラミングなど一括してできるひと

 

PRには、例えば SNS運用も含まれてくるだろう。

定めたターゲットに、適切なコンテンツ発信を行う。

サムネイル(写真)の調達から、ライティングまで行うことになる。

 

 

戦略を立て、制作まで一括行うことのできるWeb人材は皆無です。

 

僕は、こういう Web担当が欲しいという企業さんには

それを全てできる人は県内探しても滅多にいません。」と話をする。

 

なぜ、そういう企業が「Web担当」を欲しがるのか。

確かに内部に常にいて、 Web周りのことは全てこの人に聞けば解決してくれるというスペシャリストがいてくれたら、どの企業だって嬉しいでしょう。

 

しかし、そういうスペシャリストはほとんどいません。

採用活動の中で、そういう要件で募集をして、来る方は

デザイン、コーディングスキルを持っていたとしても、その人がマーケティング、広報など

 IT、 Web制作会社でマルチにやらせてもらっていたというのは、環境的にほぼないでしょう。

 

その際に、企業側はデザイン、コーディングスキルを持っているから雇ってしまいがちです。

 

 

戦略は社内で行い、制作は社外パートナーにお願いする 

 

しかし、僕は思う。

ここで必要なのは、制作スキルではなく、 Webマーケティングや、 Web運用、企画、戦略を立てることのできるプロデューサーやディレクターの方ではないだろうか。

 

制作は信頼できる制作会社としっかりとパートナーを組んで、ディレクターが指示を出せばいいだけなのです。

 

なので、全てを持っている人を「Web担当」として雇おうとすると、制作スキルを持つ人を雇いがちになってしまい、この人は戦略や方針を立てることができない。

それなら制作スキルはそこまでなくても、ディレクターを社内で雇うことをお勧めします。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
kodomo_syourai_yume

沖縄の学生さんは「沖縄に貢献」という使命だけではなく、夢を追いかけたらいいと思う。

kodomo_syourai_yume

 

最近感じていることを書こうと思う。

最近、沖縄の学生さんと話すとこんな声を聴く。

「沖縄に貢献したい。」

 

とても素敵なことだと思う。

自分が生まれた土地を愛し、良くしていくのは自分だという想いはこれからもなくさずに

頑張ってほしいなって思います。

 

しかし、

それは本当にその学生さんたちのやりたいことなのだろうか。

もっと、純粋に自分のやりたいこと、なりたいものはないのだろうか。

「沖縄に貢献」が夢ではなく、「やらなくてはならない」という使命になっていないだろうか・・・

 

ちなみに、

僕ら沖縄の民間企業も、沖縄に貢献をしているのです。

 

例えば、

沖縄で県内の人も、県外の人も集まる大きな花火大会に協賛している企業は県内企業で、

沖縄を元気にするために大きな花火を打ち上げている。

 

これも貢献とは言えないだろうか。

その協賛金は、一見沖縄とは関係ない仕事内容で生み出しているかもしれない。

でも結果、沖縄の経済を盛り上げている。

 

「沖縄に貢献」という言葉。

これはいろんな形でできるのです。

僕が仕事で運営している沖縄のお仕事情報を発信しているWebサイトだって、

元気な若者が活躍できる企業と出会ってもらいたいと考え発信している。

これだって、結果、沖縄の貢献になるような活動だ。

 

自分のやりたいことで、結果沖縄に貢献できれば

それで充分なのではないだろうか。

 

僕は沖縄の基地問題や政治に関しては何も言いませんが

政治家にならないと沖縄を変えれないわけでもないですし、

僕ら民間だからこそできることも沢山ある。

 

そんな僕らはやりたいことを仕事にし、自分たちの夢に向かって走ってるだけだ。

 

僕は、純粋に楽しそうに将来やりたい夢の話をする学生さんや若者が増えていってほしいと思う。

使命感ではなく、純粋にやりたい!という夢を追いかけて欲しい。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ec8bc8247e46ab36af370781c0257e6f

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!あなたにとって良い企業とは?

JobAntennaカバー

 

 

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!

 

先日、僕がディレクターをつとめさせてもらっている新サービスがリリースされました。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!をスローガンとした求職情報サイト「JobAntenna(ジョブアンテナ)」です。

 

スクリーンショット 2015-09-17 22.52.40

 

沖縄県内には、既に求職情報系の媒体はいくつもありますが、

なかなか企業の魅力を、仕事を求めている人に伝えきれていない。

企業の魅力を発信し切れていない。

企業側で働くヒトたちの想いを届けきれていない。

見ているとそう感じていました。

 

そうなると、仕事を探す側も、企業選びの際に選ぶ条件や情報が

給料面、時間帯、目で見える仕事内容。

そういった限られた情報からでしか選ぶことができません。

 

それがもたらす課題として、企業への定着率の低さや、ミスマッチがあがります。

 

 

僕らチームが「JobAntenna」を作った背景としては、そこにあります。

 

もっと若者が、ワクワクして働ける企業、活躍できる仕事をしっかりと発信したい。

そしたら、沖縄県内の会社も成長し、経済ももっともっと盛り上がってくる。

 

そこを目標にリリースをしました。

 

あなたにとって良い企業、良い仕事とは?

 

魅力的な企業、良い仕事とか、

口でいうと、簡単ですが

魅力的、良い仕事や企業とは、ヒトによって様々です。

 

働いている人が魅力なのか、環境が魅力なのか、はたまた仕事内容が魅力なのか、

それは様々です。

 

これだけは言える。

必ずしも初任給の高さだけが魅力ではないということ、

そして、給料が高くても嫌々働いていたら、その人は結果をなかなか出せず、会社も成長せず、

社員の給料も上がりません。

 

会社の想いに共感し、その想いを叶えるため、貢献できるか。

それが仕事に対しての面白さにもなり、実現させるためのワクワクにもつながると僕は考えています。

 

そして

いかに、会社が目指す部分に共感して、一緒に目指せる仲間を増やしていくことができるか。

これが企業のミッションのひとつでもあります。

 

そうするために、

企業は共感してもらうために、自分たちの想いや魅力を100%発信していけることが理想となってきます。

 

「アナタのための求人」を発信していくメディアにしたい。

 

その理想に近づけるため、僕らのサービスはそれをしっかり視覚化していきます。

仕事を探す人にとって「アナタのための求人」を目指しています。

 

好きなヒト達と楽しく働けて、皆でサービスを拡大させ、売り上げにもつながり、成長にもつながる。

仕事って楽しいなって感じる人がもっともっと増えるといいなって、僕は考えています。

 

仕事って楽しいものですよ。

 

時には辛いこともありますし、わからないことも沢山あります。

どうしたら前に進めれるか、どうしたらその問題を解決できるか、

それも仕事の醍醐味ではないでしょうか。

それをチームで一緒に考えて、解決へと導くプロセスは楽しいですし、

そうやって作り上げた事業やサービスでお客さんに喜んでもらえたときほどやりがいを感じるものはないのではないでしょうか。

 

そういう自分にとって楽しいという感じる仕事に出会ってもらいたい。

今後、そんな想いでこのサービスを発信していきます。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!するために

まず僕らが楽しんで運営していきますw

 

JobAntenna

これからもよろしくお願い致します。

 

12019825_1619828081615101_4577690221893518172_n

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ビジョンDjpg

沖縄の海の前のオフィスで働きたいWEB男子、WEB女子をWanted!!

沖縄の移住し3年目になります。

アイバです。

 

移住し、県内のWeb企業に入りエンジニア研修を半年行い

半年後に営業企画として、県内の皆様へご挨拶まわり、

そして、そのあと社内でディレクターやら、プロデューサーやら

フリーで同じようなことをやらせてもらいながら、

 

再度、県内のWeb企業に再就職。

 

沖縄ならではの暮らしやすさ、気持ちよさがある中で

東京と同等のスピード、質、楽しさのある企業と出会い、

今はそんな理想のような働き方をしています。

 

今思い返すと長い2年でした。。w

 

この2年の感想は、

沖縄に移住してよかったということです。

 

なんなんですかね。

この心地よさは。

だらけちゃうとかではなく、ストレスが全くなく働けることで、より生産性が増すような動きができるような感じです。

 

そして、一人であがいていた時期を経験した僕にとっては、

心強い仲間がいる組織で働けることほど、ありがたく、より存分に力を発揮できるんだろうなと感じています。

 

そんなうちの会社でも、

今、求人を募集しております。←宣伝かい!!w

 

世の中のトレンドをシゴトに取り入れられるディレクターWANTED!

↑是非「応援する」もよろしくお願いします^^ 

 

 

僕は日頃、

沖縄県内のヒトはもちろんですが、

それ以上に沖縄県外で沖縄に興味がある同じような仕事をしているかたにも向けてブログを書いています。

 

ブログ更新しない日でも、継続してそこそこの人数のかたが検索ワードによってブログに入ってくるようにもなりました。

 

なので、

どのくらい反応があるのか見てみたいというのが個人的な想いです。

 

満員電車もない。

気持ちよく車やバイクや自転車で通勤のできる海の目の前のオフィス。

 

そんな快適沖縄Webライフ!!

僕はお勧めですw

上に貼ったディレクター募集以外にも、

以下のような募集もしています。

 

是非ご覧ください。

 

ビジョンDjpg

 

最先端のWeb技術で勝負したいマークアップエンジニアWANTED!

 

沖縄からインターネット業界に衝撃を与えたいエンジニアWANTED!

 

最先端の技術で勝負したいフロントエンドエンジニアWANTED!

 

世界的なブランドサイトを手掛けるチームと共に成長し合えるデザイナー募集!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。