From これからの働き方

d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

クリエイティブマインドが必要となってくるこれからの働き方に沖縄という地域はフィットするだろう。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

 

d2da05425baa40ad96db062538b91ecc-648x300

 

僕は以前、ゲストで呼んでいただいたイベントで、こんな話をした。

沖縄の人は東京の人よりもクリエイティビティ(創造性)を持っている。

詳しい話はその時はしなかったので、今日はそのことを書いていく。

 

沖縄の仕事のしかたは、良い?悪い?

 

東京に27年間いた僕が、なぜ沖縄に移住し、永住を決めたか。

それは、沖縄という環境がものすごく良いからである。

沖縄の働き方に関して、ゆるい、仕事のスピードが遅いというマイナスイメージを持っている方が多いだろう。

実際にそれは否定できない。

 

でも、これは本当に悪いことなのだろうか。

確実に東京で働く人よりも仕事量は少ないだろう。

でも、果たして仕事量が多い。と、結果が出る。は比例するのだろうか?

 

これは僕個人の考えではあるが、必ずしもそうとは言い切れない。

広告を広く周知をすれば商品が売れるわけではないのと同じように、

今は、仕事量やかけるコスト以上に、いかにユーザーが満足するサービス・商品を作ることができるかが

どの業界も共通した課題、重大要素になってきている。

 

仕事を沢山した。営業で沢山企業を回った。残業を沢山したからって結果が出るというわけではない。

今の沖縄の人の働き方をほとんど変えることなく、日本で一番クリエイティブが生まれる地域にすることも可能なのではないだろうか。

僕はそう感じている。

 

では沖縄に足りないところを書いていく。

 

沖縄のおしいところ

 

よく言われるのが、圧倒的な情報不足。

こう書くと、情報不足なのが沖縄という離れ小島だからと思う人も多いかもしれない。

実際はそうではない。

今は情報はネットでいくらでも転がっている。

東京や世界と同じスピードで情報収集が可能になった。

 

東京には優秀な人が多いから、そういう人と話しててインプットできるものが多いという説も、

必ずしもそうとは言えない。

 

沖縄にだって、東京や世界で活躍するクリエイターが来る機会は沢山ある。

更に言うと、東京や世界で活躍してきたクリエイターがごろごろとUターン、Iターンで沖縄に移住してきている。

これでも、沖縄という環境のせいにできるだろうか。

 

これだけは言える。

情報収集なんて、その気になれば東京の人よりもいくらでもできる。

 

実際に、東京で働く9割は、僕よりも情報収集をしていないだろう。

沖縄だからなんて関係はない。

やるかやらないか、それだけだ。

 

仕事量が多ければ結果につながるというわけではないと書いたが、

情報収集がなければ、結果にはつながらない。

 

時間に余裕があるから情報収集に当てる時間がある。

 

僕は全体的に沖縄の仕事のクオリティが低いのは、地方だからと言われるのは

サービス提供側全体の情報収集(インプット)する時間が少ないからだと言い切れる。

 

でも、思う。

インプットする余裕はまだあるわけだ。

単純に知らないだけだ。

知らない、わからないで終わらせているから、それ以上に行かないだけだ。

でも、時間に余裕があるはずだ。

 

沖縄だけど、東京のように余裕がない仕事をしている。という人の言い分に対して

 

中にはこういう言い分の人もいるだろう。

沖縄にいるのに過労死するような働き方をしている人もいる。

 

でもそういう人たちは実際に本当に東京と同じ仕事量で、同じぐらいのクオリティを求められているから、

余裕がなくなっているのだろうか?

 

沖縄の僕らが3つ仕事をこなす間に、東京の人たちはいくつ仕事をこなしているだろう。

3倍以上の仕事をこなしているといっても大げさではない。下手したら10倍だ。

でも働いている時間は同じなんだ。

 

でも、僕らは3つでもゼエゼエハアハアしている。

なぜこんなことになっているのか?

日頃のインプット(情報収集)をしていないからだ。

 

それを怠ると、仕事している時間は同じになるが、仕事量は3分の1。

でも、自分は精一杯頑張っているという心理になる。

 

こうなっていくと沖縄ですら仕事はつらいし、ブラック企業と思われる企業だって誕生する。

 

仕事ができるヒトに共通する部分はググりかたが上手い

 

magnifying-glass-76520_640-300x200

ある、炎上マーケッターが以前こんなことを言っていた。

欲しい情報をいかに効率よく、素早く検索し、収集し、

自分のものとするか。

これに長けている人は、大体は結果を出している。

 

何事も知っていれば、判断もより良い判断ができ、

先のイメージがわけば、自ら成功パターンをイメージさせることができる。

 

そして、その後に大事なのが、実際に試して、失敗してもちゃんとブラッシュアップして

どんどん精度を増していけるかどうかだ。

これもインプットの内に含まれる要素だ。

 

このインプットが経験量の少ない沖縄の課題を解決させていく。

 

インプットするには最適な地域「沖縄」

 

ここまで来ると、わかると思うが、

東京よりもインプットする余裕を作れる沖縄は、

東京よりもクリエイティビティを育て、活かすことのできる地域であるとも言えるだろう。

 

東京よりも競合が少なく、地方のほうが目立つ。

そんあ環境でどう戦うかは、あなた次第だ。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
osc-2013-fukuoka-lt-satoken-22-638

良い人財って何?

osc-2013-fukuoka-lt-satoken-22-638

最近、仕事でいろんなかたと会い、 仕事に対する気持ちを聴くことが多い。

その中で、良い人財って何だろう?と、 考えることが多いです。

 

 良い人財の定義って?

 

良い人財に対して、こう考える。

「自分の成長につなげたい。」

「学ばせていただきたい。」

という声をよく耳にする。

 

もちろんそういう目的はあったほうがいい。

 

でも、想うのだ。

 

「自分が学ばせてもらうだけ?会社への貢献は?」

 

自分が成長すれば、会社の貢献につながるではあるだろうが、

少なくとも、自己成長って会社でするものなのだろうか。

もちろん、業務をこなしていれば成長はする。

同僚から教わることも多い。

 

しかし、業務において

より効率的な、生産的に、創造的に、速度的に、品質的に作業ができるようになるのには、

営業時間外での自分自身で能動的に行うインプットの時間が大事なのではないだろうか。

 

そもそも営業時間内はアウトプットして、会社に貢献する時間である。

 

営業時間内にインプットできなく、

「上司が何も教えてくれない。」

「うちには研修制度がないから良い会社じゃない。」

「ブラックだ。」

っていうのであれば、勝手に環境や上司のせいにしていれば良い。

 

少なくともそんな人はどんな会社にいても伸びないし、

そもそも、そんな人は良い会社は欲しがらない。

 

目の前の課題を自分自身で解決しようと試行錯誤していける人財こそ、良い人財と言えるのではないだろうか。

 

そして、経営者の思想やビジョンに共感し、

ついていく!このヒトのもとで、貢献していきたい!

一緒にやっていきたい!!という「ロイヤリティ」が社員ひとりひとりに生まれる企業こそ、

いい企業と言えるのではないだろうか。

 

経営者のビジョン、思想をもとに、

会社を大きくしていくのは社員ひとりひとりなのだ。

 

企業で成長するということ

 

企業に勤めると、成長はできる。

でもこういうと誤解されるかもしれない。

良い企業、言い方を変えると、品質やスピード、パフォーマンスを高く求められる企業に勤めるということは

それだけ、成果の目標が高いということ。

それを達成させるためには、ひとりひとりが100%ではなく120%、

つまり常に20%分のインプットをしながら、アウトプットで達成していくから、成長につながるということなのだ。

そうすれば、会社にも貢献できるし、更に高い目標を設定し、更に成長にもつながる。

 

受け身では到底成長はできない。

 

自分が作った商品・サービスが世のヒトを幸せにするものになり、

ドヤ顔で「これ俺が作ったんだぜ!」って自慢できるようなものを生み出す。

これを目標に仕事をするのはすごく楽しいはずです。

 

ただお金がもらえるから、残業がないからとかで仕事を選ぶのも否定はしません。

しかし、なによりも成長にもつながらないのではないでしょうか。

 

誰も「もっと働け」なんて言わない。

言われないと働かないということをしていて、何よりも困るのは自分だ。

 

この記事を読んで

「意識が高い」という感想を持ったかたは、

今一度、自分の人生を紙に書いてみたらいい。

楽しく働くために。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ビジョンDjpg

沖縄の海の前のオフィスで働きたいWEB男子、WEB女子をWanted!!

沖縄の移住し3年目になります。

アイバです。

 

移住し、県内のWeb企業に入りエンジニア研修を半年行い

半年後に営業企画として、県内の皆様へご挨拶まわり、

そして、そのあと社内でディレクターやら、プロデューサーやら

フリーで同じようなことをやらせてもらいながら、

 

再度、県内のWeb企業に再就職。

 

沖縄ならではの暮らしやすさ、気持ちよさがある中で

東京と同等のスピード、質、楽しさのある企業と出会い、

今はそんな理想のような働き方をしています。

 

今思い返すと長い2年でした。。w

 

この2年の感想は、

沖縄に移住してよかったということです。

 

なんなんですかね。

この心地よさは。

だらけちゃうとかではなく、ストレスが全くなく働けることで、より生産性が増すような動きができるような感じです。

 

そして、一人であがいていた時期を経験した僕にとっては、

心強い仲間がいる組織で働けることほど、ありがたく、より存分に力を発揮できるんだろうなと感じています。

 

そんなうちの会社でも、

今、求人を募集しております。←宣伝かい!!w

 

世の中のトレンドをシゴトに取り入れられるディレクターWANTED!

↑是非「応援する」もよろしくお願いします^^ 

 

 

僕は日頃、

沖縄県内のヒトはもちろんですが、

それ以上に沖縄県外で沖縄に興味がある同じような仕事をしているかたにも向けてブログを書いています。

 

ブログ更新しない日でも、継続してそこそこの人数のかたが検索ワードによってブログに入ってくるようにもなりました。

 

なので、

どのくらい反応があるのか見てみたいというのが個人的な想いです。

 

満員電車もない。

気持ちよく車やバイクや自転車で通勤のできる海の目の前のオフィス。

 

そんな快適沖縄Webライフ!!

僕はお勧めですw

上に貼ったディレクター募集以外にも、

以下のような募集もしています。

 

是非ご覧ください。

 

ビジョンDjpg

 

最先端のWeb技術で勝負したいマークアップエンジニアWANTED!

 

沖縄からインターネット業界に衝撃を与えたいエンジニアWANTED!

 

最先端の技術で勝負したいフロントエンドエンジニアWANTED!

 

世界的なブランドサイトを手掛けるチームと共に成長し合えるデザイナー募集!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
a25e1280

ロボットでは提供できない人間の暖かみという付加価値を提供するシゴト

久しぶりの更新です。

 

今日は、

今ボクがまさに興味のあるテーマについて書こうと想います。

個人的な見解も多く含まれています。予めご了承下さい。

 

これからの僕ら人間ができるシゴトとロボットが担うようになる仕事に関して

 

まさに今、様々な大手企業、中小企業が、

ありとあらゆる分野において、

仕事の効率化、正確性向上などを目的とし

人間に変わって、業務を実行できるロボットの研究、開発を進めています。

 

僕らに変わって、ロボットが業務を担う時代もまもなくやってくるでしょう。

 

では、具体的にどんな業務がロボット化するでしょうか。

 

「決まりですので・・・」が口癖の仕事はロボットがやれば良い。

例えば、行政サービス。

その地域に住んでいれば誰もが払う住民税。

よって、その地域のお役所には、必ずお世話になるわけです。

いわゆる住民全員が行政サービスのユーザーなのです。

 

そんなお役所仕事ですが、

まもなくロボット化されるのではないでしょうか。

というよりも、個人的にはロボット化されたほうが良いと考えています。

 

というのも、

非常に融通が効かない。

あらゆる決まり事が多すぎて、

「決まりですので・・」でアドリブの効かない業務が多いからです。

※もちろんそうではないヒトもたくさんいます。住民のことをすごく考え、信念を持って僕らにサービスしてくれるかたもたくさんいます。

 

 

ただ業務をこなすだけの仕事は、

ルールをインプットしたロボットでもできます。

スピード、正確性、効率性全てにおいてロボットのほうが勝るでしょう。

 

ましてや、今は人工知能(AI)の技術も発達し、

ありとあらゆる過去のデータを統計化し、

より正確で、よりユーザーに満足してもらうことのできるサービスをロボットができるようになります。

 

そんな時代にまず、ロボット化するのが

・数字を扱う仕事(税理士、会計士など)

・人間の温度が必要ない仕事

などではないでしょうか。

 

人間の温度の感じれる仕事とは何か?

 

いわゆる、接客業や予期せぬコトが多く起きる仕事などです。

 

今は、統計を活用すれば

より正確的な判断を持って業務を遂行することができるようになります。

 

しかし、

この正確性、スピード、効率性など以外でシゴトで必要になってくるものというのがあります。

 

人間の温度です。

暖かみ、感動、感謝、友情、愛情、怒り、悲しみ、面白み、楽しみ。

 

ロボットにはない部分です。

 

ひとつ、

ロボットには絶対にできないシゴトを紹介します。

 

温か民泊 人気上昇 伊江島、本年度5万7000人予定

P1030875

Twitterでツイートされる伊江島の民泊を体験された高校生の声を集めてみました。

スクリーンショット 2015-03-29 11.50.45

 

「第二のふるさと」「また帰ってきたい」「感動して涙が出る」

そんなふうにユーザーに思わせるサービスってすごくないですか?

 

 

民泊の受け入れをしている伊江島の「おじい、おばあ」は

ロボットようにスピードがあるわけでもない、

効率だっていいとは言えない。

毎回同じサービスをユーザーにできるわけでもない。

 

しかし、人間としての暖かみ、家族の暖かみを

高校生の子たちに提供することができる。

 

ヒトとの想い出が、サービスを使ったヒト達にずっと残るわけです。

 

誰も自販機でジュースを買った時の想い出なんか記憶に残したりしませんよね。

 

正確性は欠けても、ヒトだから良いサービスができるシゴトもたくさんある。

 

僕がシゴトをする上で一番大事にしているのは

「何をするかではなく、誰とするか」です。

そして、

「楽しくシゴトをしたい。」

「ユーザーやクライアントにもそんな楽しい自分が提供したサービスを使い、楽しく、感動し満足してほしい。」

 

だから、

僕は普段、シゴトとプライベートを分けず

私服でも営業をするし、クライアント先でもほとんど作ることはなく

クライアントの前でも冗談ばっか言っています。

 

そして、自ら心を開くことで、関係性を築いてきました。

 

何が言いたいかと言うと、

そういうヒトの暖かみというのが

僕はシゴトで何よりも大事だと想っています。

結果、継続的な事業にもなるし、

クライアントやユーザーにも使い続けてもらえる。

 

「株式会社◯◯さんの技術が凄いからお願いするよ」というのも大事ですが

それ以上に

「株式会社◯◯のアイバさんだから、なんとかしてくれそう。とりあえず相談してみよう」

がシゴトをする上で、最も大事だと考えています。

 

これはロボットには絶対に真似できない部分です。

 

どんな業種でも、

それこそ、ヒトと接しない職業でも

使ってくれる相手のことを想い、

サービスの研究・開発・提供を追求していけば

良いサービスにもなるし、

自分がやっているシゴトに誇りを持てます。

 

 

今後人口知能が発達し、

ロボットがユーザーの心理まで読み取るようになりますが

 

それ以上に

人間の暖かみという付加価値を提供できるのは人間だけです。

 

 ロボットの業務化が進み、僕ら人間に求めれてくるモノというのが

より明確化されてくる時代になってくる中で

 

「言われたことだけをこなす」では、ロボットと交代させられるのです。

 

「自分だからできること」というのを個々がしっかりと持っていなくてはいけない時代にまもなくなります。

 

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。