From これからの働き方

cc-library010001156

デザイナーだからセンスが良いというのは嘘。

cc-library010001156

 

今日はある本を読みました。

 

「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義(著:水野学)

 

本の書評はここでは書きませんが、

この内容の講義を受けることのできる大学は、やっぱりいい大学だなと。

 

というわけで、この本で著者が言っている「デザインコンプレックス」「センスコンプレックス」の話を少し書こうかと思います。

 

デザインとセンスに対するコンプレックス

 

この本の第2講「デザインは誰にでも使いこなせる」で著者が「デザインコンプレックス」と「センスコンプレックス」について書いている。

この言葉自体、筆者がネーミングしたものかもしれないが、つまりはこういうことだ。

 

「私にはセンスがないのでわかりませんが・・」

「私はデザイナーではないのでデザインのことはわかりませんが・・」

 

こういう言葉は仕事でもよく聞く。

 

センスの良し悪しは、芸大でデザインを学んでいたか、いないかでもなく、現職でデザインに携わる仕事をしているか、してないかでもないということ。

 

わかりやすく例えるならば、

これは本当に美味しいご飯なのかどうか。

料理人じゃなくてもわかる。

 

そして、本当に美味しい料理をたくさん食べてきている人にこそ、

味のセンスがわかる、

 

1年間で300食、全国のラーメン店を食べ歩いたラーメン評論家のおすすめをみんなが聞くのは、

この人がラーメン職人だからではないだろう。

 

どれだけのラーメンの味という知識や経験を蓄えてきているかがラーメンを選ぶセンスにつながっているものだ。

 

 

センスがないというのは知識を蓄えていないということ

 

例えば、自分はデザイナーじゃないので、デザインはできない。というのはわかる。

しかし、デザイナーじゃないので、そこらへんのセンスはない。というのは違う。

 

実際にデザイナーなのに、なんでこんなデザインをしたのだろう。悪評されるデザイナーだって星の数ほどいる。

僕はかなり辛口なので、そういう人たちを「フォトショやイラレを使えるひと」と呼ぶ。

 

仮にフォトショやイラレを使えなくても、毎日100個のデザイン事例を見てきている人が、

デザイン制作に関わったら、デザインは間違いなく、関わってない場合よりも、いいものになる。

 

そういったデザイン思考や、センスフルな思考というのは、フォトショやイラレを練習しなくたって、得ることのできるものだ。

 

仕事においてデザイン思考はあればあるほど良い。

 

これからはデザイナーが稼げるという話ではない。

仕事をする上で、デザイン思考というものは、

ある背景があり、そこから課題を導き出し、その背景を編集し、デザインで解決するということ。

ここでにデザインは「グラフィックデザイン」でも「Webデザイン」でもない。

「伝える」というデザインだ。

 

営業やプランナーが普段作っている企画提案書にだって、それは必要であり、

コンビニエンスストアの店長にだって、それはあったほうが良い。

 

センスの磨き方

 

シンプルだ。

美味しいものをたくさん食べる。

良いものをたくさん見る。

 

この良いものとは自分が判断し、

より良いものを見つけた時、それはさらにアップデートされていく。

 

誰かに良いものを教えてもらうのも、良いが。

それだけでは磨かれていかない。

自分で判断ができるほどの引き出しを持つことが、いわゆる「センスが良い」につながってくる。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
pictathon1_1

【第2回ピクタソン沖縄開催レポート】観光立県である沖縄の情報の整理と、ピクトグラムの作成フローの重要性

pictathon5

2016年6月5日 第二回ピクタソン沖縄を開催いたしました。

 

先日、ピクタソン沖縄を開催しました。

2014年の12月に開催した1回目から1年半と少し間が空いての2回目開催でしたので

開催前の協賛企業集めを始めとした準備はとても苦労しましたが、

前回の2倍近くのクリエイターさんデザイナーさんに参加いただき、とても盛り上がりました。

そして今回は優勝商品「MacBook Air」を始め、準優勝には「iPad mini」、スポンサー特別賞には「Apple Watch」など豪華な商品が集まりました。

 

 

今回の優勝者は佐々岡妙子さん

 

優勝者はデザイナー兼ディレクターの佐々岡妙子さん!

実は、開催ギリギリに応募をされた飛び入りのクリエイターさんですw

 

 

第1回目のピクタソン沖縄では、フォトショイラレ使い始めて1ヶ月の女子大生の女の子が

決勝に残るなど、番狂わせが起きましたが、今回もこういうことが起きるから面白い!

 

というわけでMacBook Airは佐々岡さんの手に!!!

 

pictathon2 

写真左が佐々岡さん。右はライターのみやねえさんです。(写真の提供ありがとうございます!)

 

ゲストには

以前の記事でもご紹介した、カズワタベ氏、かっぴー氏、布施貴規氏にお越しいただき、

予選、敗者復活、決勝で制作された作品の講評をしていただきました。

 

 

デザイナーさんを苦しめるような癖のあるテーマを設定

 

予選Aブロックでは

沖縄の交通手段というテーマで「モノレール 車 自転車」という3つ

 

予選Bブロックでは

沖縄の天候というテーマで「台風 片降い 晴れ

 

敗者復活戦では

沖縄のコミュニティ文化の「模合(もあい)

 

決勝では

沖縄の南部・中部・北部のランドマーク的な市である「那覇市 沖縄市 名護市

 

それぞれのテーマが沖縄にちなんでおり、

予選Aの「モノレール」は、電車のない沖縄県では「ゆいレール」というモノレールが

通勤、通学、観光客の足となっていることから、設定。

 

予選Bの「片降い」に関しては、沖縄に住んでいる人や、観光に来た方なら、夏などによく体験する

「向こうは降っているけど、こっちは降ってない」「雨の境目が見える」というキーワードを選ばせていただきました。

 

敗者復活戦のテーマである「模合(もあい)」は、

ゆいまーる、いちゃりばちょーでー等、コミュニティ文化が特に強い沖縄の特徴的な文化の一つです。

模合とは(wiki)

 

 

なぜこれらのテーマを設定したか

 

pictathon4

 

今回、東京からわざわざお越しいただいたデザイナーさんや、こちらに移住してきたばかりのデザイナーさんなど

そもそも「模合」って何!??「那覇市 沖縄市 名護市」!??何が有名なの!???

と、そもそも知らないキーワードで、だいぶ大変だったみたいです。

 

今回、あえて知らない人もいるであろうテーマを設定させてもらったのには

2つの理由があります。

 

 

要件定義というものの重要性

 

1つは、

ピクトグラムに限らず、制作を行う段階で

僕ら制作に携わるディレクター、デザイナー、さらにいうとフロントに立つ営業、プランナー、プロデューサーが、

まずクライアントに何をするかというと、必ずヒアリングをします。

 

クライアントの目的は何か?

誰に届けたいのか?

課題は何か?

 

様々なものをヒアリングしながら、要件を定義し、コンセプトを設計していきます。

これはピクトグラムの制作フローと全く同じです。

情報があり、その情報をもとにヒアリング、リサーチをかけ、要件定義、コンセプト設計をし、デザインに落とし込む。

 

つまり、ただデザインができる、デザインをするだけでないのです。

逆に言うと、僕ら制作に携わる人間は「デザイン」をするために、これだけのフローを通っています。

「こういうものを作ってください」 → 「はいわかりました」 → 「できました」 → 「ありがとうございます」

では、「目的を達成させることのできる価値のあるデザイン」はできません。

 

いわゆるディレクション。ここに予算を費やすことのない仕事が沖縄に限らず、

まだまだ世の中にはたくさんあります。

 

ピクタソンでは制限時間が20分でデザイン1パターン、50~60分で3パターンを、

このフローを通して作らないといけません。

デザイナーさんにとっては、相当大変なことなのです。

 

 

情報の整理にまだまだ課題のある観光立県沖縄

 

もう1つの理由として

 

沖縄県は観光立県を掲げ、県だけでなく、各市町村の行政、観光協会、民間企業が、

沖縄県への集客、経済を潤わすために、様々な取り組みを行っています。

 

私も同じように、これらの行政、観光協会などと一緒にお仕事をすることもある中で

そもそも、各地域の情報がなかなか整理されていない、発信している情報が本当に観光集客を狙うことのできる情報なのだろうか。

こう思うのです。

 

実際に、今回のピクタソンの県外からの参加者さんが

「那覇市 沖縄市 名護市」という情報を調べる際に、なかなか得たい情報が検索でも引っかからなくて

だいぶ苦労したと。

 

つまりまだまだ沖縄に訪れる、沖縄を知らない観光客にもそれぞれの地域の特性、魅力などが届きづらいということ。

 

ピクタソンの最後の運営者挨拶でもお話しさせていただきましたが、

各地域が「発信したい(魅力だと思う)情報」と観光客が「受信したい(魅力だと思う)情報」は同じだと限らないわけです。

 

インバウンド強化をしている沖縄でいうならば、

その観光客が、外国の方なのか?日本の方なのか?でも

受信したい(魅力だと思う)情報」は変わってくるのです。

 

ゲストのかっぴーさん(@nora_ito)が講評の際に、お話ししていた

「このピクトグラムがどんな用途で使われるのかをイメージしてみてください」というように

どのような状況で、誰が、何のためにそれを使うのか。というのが、欠けてしまうと

そのデザインは「綺麗なデザイン」で終わってしまうでしょう。

 

13388925_1249060035106671_730074555_o

 

 

ピクトグラムはそれがシンプルにダイレクトに影響してくるわけです。

 

 

デザインとは情報を整理し、必要な情報を抽出し、伝えるもの、それを決められた時間内で作成する厳しさがピクタソンの魅力

 

個人的に僕はそう感じています。

今回、20名近くの参加者さんと、多くの見学者の方々がイベントに遊び来てくれました。

それぞれの新しい交流も生まれ、これがまた別の場所でも新たな動きになったら、運営側も、大成功だと感じています。

 

沖縄のデザイナーさん、クリエイターさんがもっともっと面白い仕事ができる沖縄県に!!

 

pictathon1_1

 

最後に、今回ゲストとして参加者の皆さんの講評をしていただきました

カズワタベさん、かっぴーさん、布施さん

ありがとうございました!

 

 

※参加者さんがブログやメディアで書いてくれました!

 

・おきなわ移住ライフハックさん

 スクリーンショット 2016-06-06 16.03.42

 

 

当日写真はこちら

pictathon7 pictathon8 pictathon9 pictathon10

随時更新中です。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
YOSX8588_TP_V

地方企業のいわゆる「 Web担当」という職の大きな誤解

YOSX8588_TP_V

 

 企業が欲しがる「WEB担当」の定義は?

 

県内企業にお邪魔させていただく時に、よく耳にする「 Web担当」という言葉。

もちろん、これは IT・ Web関係の企業ではなく、食品、観光系などの制作が基本ではない企業の「 Web担当」のお話。

 

企業の人事からお話を伺う際に「Web担当」を雇いたい。と言われるが、

この企業の人事がイメージする 「Web担当」とはどんな人のことを指すのか。

 

・Webマーケティングなどを熟知しており、 Webを含めたPRなどの戦略を立てることができ、それを制作会社とかに指示して一緒にうサイト制作を進めることのできるディレクター?

 

・サイト制作自体をできる Webデザイナー?

 

・全部できる人?

 

僕がこれまで聞いた県内企業では一番下の「全部できる人」という答えがいちばん多い。

つまりシンプルに言うとこうだ。

 

・ マーケティングとPRに強く、戦略を立てることができ、デザインスキル、プログラミングなど一括してできるひと

 

PRには、例えば SNS運用も含まれてくるだろう。

定めたターゲットに、適切なコンテンツ発信を行う。

サムネイル(写真)の調達から、ライティングまで行うことになる。

 

 

戦略を立て、制作まで一括行うことのできるWeb人材は皆無です。

 

僕は、こういう Web担当が欲しいという企業さんには

それを全てできる人は県内探しても滅多にいません。」と話をする。

 

なぜ、そういう企業が「Web担当」を欲しがるのか。

確かに内部に常にいて、 Web周りのことは全てこの人に聞けば解決してくれるというスペシャリストがいてくれたら、どの企業だって嬉しいでしょう。

 

しかし、そういうスペシャリストはほとんどいません。

採用活動の中で、そういう要件で募集をして、来る方は

デザイン、コーディングスキルを持っていたとしても、その人がマーケティング、広報など

 IT、 Web制作会社でマルチにやらせてもらっていたというのは、環境的にほぼないでしょう。

 

その際に、企業側はデザイン、コーディングスキルを持っているから雇ってしまいがちです。

 

 

戦略は社内で行い、制作は社外パートナーにお願いする 

 

しかし、僕は思う。

ここで必要なのは、制作スキルではなく、 Webマーケティングや、 Web運用、企画、戦略を立てることのできるプロデューサーやディレクターの方ではないだろうか。

 

制作は信頼できる制作会社としっかりとパートナーを組んで、ディレクターが指示を出せばいいだけなのです。

 

なので、全てを持っている人を「Web担当」として雇おうとすると、制作スキルを持つ人を雇いがちになってしまい、この人は戦略や方針を立てることができない。

それなら制作スキルはそこまでなくても、ディレクターを社内で雇うことをお勧めします。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
情報デザイン

本当にモテる男女はユーザー体験をデザインすることができる。

情報デザイン

こんにちは。相葉です。

さて、今日はモテる男女の話をしようと思います。

 

そもそもモテるとは何か?

規格外にイケメンとか可愛い女性を除く場合、

やはり、モテる男女は異性の扱いが上手い。

 

扱いが上手いというのは、相手がしてもらえて嬉しいことをわかっている。

相手がしてもらえて嬉しいことをわかっているというのは、つまりニーズをちゃんと把握し、

そのニーズにあった体験をデザインし、提供できているのだ。

 

だから異性にもモテる。

 

モテる男女というのはそういったユーザー中心設計がしっかりとできている。

そしてモテない男女は自分中心な思考でデートや、異性との体験を設定しがちになってしまうため、

相手の満足度をあげることができない。つまりモテない。

 

だから、

「こういうやり方すれば男は落とせる」「こういうやりかたで女を落とせる」なんて

必ずヒットする方法などないので、

それぞれのターゲットユーザーが日頃、どのような生活を送っているか

どのようなものが好きなのか、嫌いなのか?

どんな相手を求めているかなど、調査分析し(笑)、サービスコンセプトを設計していかなくてはいけません。

 

ちなみにこれに関して詳しく書いてある教科書的な本をご紹介します。

 

製品のデザインはこれまで機能に基づきその色やカタチをどのように美しくまとめていくか、ということに重きを置かれていました。しかし、製品を使用することで「うれしい体験」ができることが、これからのデザインには求められています。 このような「情報デザイン」が広く世の中に広まることにより社会やコミュニティの人々が安全で快適な生活を送ることができるようになります。そして、生産者は製品をただ送り届けるだけではなく、人々が求める「もの」や「サービス」のニーズを掘り起こし、積極的に製品に反映させていくことで世の中を大きく変えてゆくことができるでしょう。 本書「情報デザインの教室」は、このような「情報デザイン」の基本知識とプロセスや手法について身につけることができるテキストです。具体的にはユーザの目的や要望からデザインの方向性を明らかにし、視覚化してゆくこと、これをさまざまなアプローチで検証し、さらにコンセプトやプロトタイプのブラッシュアップを図るという一連の流れを理解することで、情報デザインの手法とプロセスを体系的に学ぶことができます。 情報デザインを学ぼうとする方はもちろん、仕事の方法を変えたいビジネスマン、教育機関、企業、自治体やNPOなどの様々な団体で地域社会や教育環境をより良くしたいと考えている方は、本書「情報デザインの教室」をぜひお手にとってご活用下さい。(丸善出版株式会社様HPより)

 

「モテる男は仕事もできる」の真髄というようなバイブル本です。

社会人のかたで、恋愛がなかなかうまくいかないかたは是非、この本で勉強してみてください。

仕事はうまくいくはずです。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
崖男サムネイル

崖男から学ぶセルフブランディング 〜個々の力が必要とされるこれからの働き方〜

崖男サムネイル

こんにちは。相葉です。

今回は、僕が日頃お世話になっている(お世話している?)、

崖っぷちの男「崖男」という間もなく新卒3年目になる男に沿って、セルフブランディングの話を書いていきます。

 

そもそもセルフブランディングとは?

 

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

企業が行う、「企業ブランディング」と、企業や組織に所属する個人が行う、組織の中の個としての「パーソナルブランディング」、企業や組織から切り離して、独立したものとして行うブランディングが「セルフブランディング」として分類されるようになった。

具体的な手法としては、ソーシャルメディアでの露出(Twitter・Facebook・ブログ・YouTube等)や、出版による権威付けが主に挙げられる。

ソーシャルメディアを使ったセルフブランディングは手軽で経費もかからない為、重宝されている。

wikiより

 

崖っぷちの男「崖男」とは?

 

崖男とは株式会社BLY PROJECTという去年、沖縄に進出してきた広告制作会社に属しており、

沖縄県内でひとり、営業活動を行っている。

 

上のセルフブランディングの定義として、企業に属する崖男は「パーソナルブランディングでは?」と思うかたもいるかと思いますが、

崖男のイメージと違い、(株)BLY PROJECTは素晴らしい企業なので、企業のイメージと切り離した個人のブランディング「セルフブランディング」として定義をさせていただきます。

 

崖男は新卒2年目で既に2度の転職と現在の会社が3社目で、”後がない”ということで「崖っぷちの男」というブランディングで

Webメディア運営を主軸に沖縄県内で活動をしています。

 

そんな崖男にインタビューをしてきました。

 

相葉:崖男ってなんでセルフブランディングをしてるんですか?

 

崖男2

 

崖男 やはり沖縄県で仕事をしていると、素晴らしい人たちが沢山いるのに、なかなかその人個人のブランドって

そこまで認知されていないと思うんですよね。これからは組織にいても個人が力をつけていき、個人が活躍して評価されていく、

そんな個人が集まる組織が、成長していくと思うんです。なので、崖男ブログ「臥薪嘗胆」を運営して、僕自身のブランドを県内で

定着させ、「崖男がいるからBLY PROJECTにお願いするよ」と言ってもらえるように頑張っています。

それが、BLY PROJECTの強みであるクリエイティブ力を県内で発信していくきっかけになればと考えています。

 

相葉:へえ〜〜〜

 

 

崖男の良いとこ、悪いとこ

 

 さて、肝心の崖男のメディア「臥薪嘗胆」ですが、良い点と悪い点があります。

 

良いとこ

・目指す方向性は素晴らしい。

 崖男のインタビューにあるように、会社の目指す方針もあり、素晴らしい方向性であること。

 

崖男2

 

悪いとこ

・ブランディングが中途半端

 崖男自身が「崖っぷち」だという自覚が足りない。

 どうせなら名刺も本名を語らず◯◯崖男とかにしたほうが良い。

 ※ちなみに彼は前職で苗字の「ナカツカサ」から「ツツモタセ」と聴き間違えられ、「ツツモタセ」と呼ばれていたことから

   ツツモタセ崖男とかにしたら良いと思う。(LIGさんの野田クラクションベベーさんだって、野田クラクションベベーなんですし)

 

スクリーンショット 2016-03-15 18.42.42のコピー

 

・記事の企画が中途半端

  「崖っぷちの男」というコンセプトがあるのにも関わらず、崖男じゃなくても普通に発信できるようなことを発信している。

 もっと企画ひとつひとつの以前にメディア自身のブランドと目指すべき部分をしっかり考えたほうが良い。

 本日あがった崖男ブログ「崖男、落ちる!?」ぐらいの企画これからも作っていきましょう。

 崖男3

 

 

 

・更新頻度があまり宜しくない

  本人のメディア発信のやる気が少ない。

 オウンドメディアを運営する以上は営業活動が忙しいとか言っていられません。それもあなたの営業活動なのです。

 頑張ってください。ネタは日常にあります。

 

・何をしたいのかが発信からは見えづらい

 本人が狙いを定めていないので、ターゲットにも何が伝えたいのか、どんなアクションをさせたいのか伝わらない。

 

・崖男自身が自分を心のどこかでまだ「崖っぷち男の崖男」だと思いきれていない

 本人が「まだ自分は大丈夫」だと思っている。世の中そんな甘くはありません。崖っぷちだと、自覚をし、死ぬ気で頑張りましょう。

 人間、死ぬ気で頑張ればなんでもできる!!

 同じく沖縄でセルフブランディングで体を張っていらっしゃる「チョンマゲさん」ぐらい頑張ろう!!

 

スクリーンショット 2016-03-15 18.56.16のコピー

 

第二の崖男を目指すかたへ

 

セルフブランディングとは生半可ではできるようなことではありません。そして誰からも好かれるブランドなど、ほとんどありません。発信するからには覚悟を決めて、炎上、バズ、ディスられなど恐れずに信念をもちましょう!!

組織に属してはいても 、「◯◯株式会社の◯◯さん」ではなく、会社名以上に自身の名前を覚えてもらえるような個々の力が必要となってくるでしょう。

結果、それが組織への貢献になってくると僕は考えています。

 

※この記事は崖男さんに許可をとっております。

 

セルフブランディングを勉強されたいかたにおすすめの一冊。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。

クリエイティブというキーワードをやたら使いまくっている回

はい。沖縄でフリーランス再開します。

今月で、勤めていたITベンチャーを退職することにしました。

沖縄県内でトップに近い場所にいるクリエイティブ力を持った会社で約8ヶ月。

様々なことを学びました。

会社の今後の成長を担う新規事業の立ち上げにもかかわらせてもらえる等、とても魅力的なポジションをいただけたこと、感謝いたします。

さて、今後がどのようなことをやっていくかというのを、沢山のかたに聞かれるので、ブログに書いていこうと思います。

県内のクリエイティブをもっと改善していく。

そもそも僕が沖縄に移住を決めた理由として、

沖縄には沢山の素材、資源があり、県や市町村、民間企業等が様々な取り組みをしていく中で、とても効果的な施策もあれば、もっと改善できるのではないかという点が大きかったです。

それこそ僕が移住してもうすぐ3年になりますが、この数年だけでも沖縄には国外、県外から様々な企業が入ってきて、様々なコンテンツが沖縄で生まれるようになっています。

それと同時に沖縄に移住するかた達も増えています。

USJやディズニーランドまで沖縄にできるという計画も呟かれている程。

それぐらい、沖縄県が国内の中でも特別な地域と言っても過言ではなくなってきています。

しかし、まだまだそういった沖縄の成長についていけていなことも多々あります。

例えば、雇用問題。

企業の問題、そして人材の問題。

これから魅力的な企業はどんどん増えていくでしょうが、そのスピードがまだ追いついていない。

老舗と言われる県内大手企業が現代に合わせた変化をするスピードもまだまだ遅い。

それは沖縄に限らずどの地域にも言えることでしょう。

しかし、特に沖縄県は他の地域以上にインフラを早々に整えなくてはならない状況に現在立たされています。

多くの人間が、企業が、コンテンツが入ってくる中で、もともといた県内に住む人々に情報が入るようになってきている。

つまり、消費者やユーザーがこれまでの県内のクオリティーに違和感を感じ始める。

正確にいうと、正しい判断、リアクションをとるようになってきます。

そんな状況で、その流れに乗ることができる企業、ヒト、乗ることができない企業、ヒトと二極化していくようになっていく。

ローカルがローカルでなくなっていく。

こう言っては、語弊がありますが、

東京とは違った形で沖縄は地方としての脱ローカルをしていくでしょう。

そんなときに県が目指す場所はどこになるのか?

そこの目標に果たしてはヒトは追いついていくのか。

そこには僕は正直、あまり興味はないのですが、

少なくとも自分がやるべきこととして、これは移住してから何も変わっていないことは、

沖縄の素材、資源を活かすクリエイティブ分野をしっかりとつくること。

沖縄に企業が増えてくる。でもその企業は東京の案件をやっている。

悪いことではないです。

むしろ、より単価の良い仕事を沖縄に持ってきて、沖縄の人材で行うわけですからとても良いことです。給料水準も上がるでしょう。

しかし、僕がやりたいのは、もっともっと沖縄の地に根付いたクリエイティブを全国へ発信することです。

東京で働くヒトがうらやましがる、地方じゃないとできないクリエイティブを沖縄からつくり上げる。

これが僕の軸です。

とはいえ、まだまだ理想論に過ぎません。

そして、こう考えているのは僕だけでなく、県内で働く沢山のヒト達が同じように考えているでしょう。

しかし、なぜまだこれが実現しないのか?

いや、少しずつですが、前に進んでいます。

そこのスピードを挙げるために、今後は僕もその取組に加勢していこうと考えています。

高知、福岡、大分、その他、様々な県でも面白いクリエイティブが生まれてきています。

そこを意識しないわけではないですが、沖縄だからこそできるクリエイティブは、他では作れない。そこを作り出していく。

今後はそこに注力していきます。

今後共よろしくお願い致します。

というわけで、とりあえずフリーランスのWebディレクターに戻りました〜というお話でした。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
xshutterstock_125749130.jpg.pagespeed.ic.TJ484ZHHdc

沖縄で社員満足度の高い会社は、業績、生産性の良い会社だとは限らない

xshutterstock_125749130.jpg.pagespeed.ic.TJ484ZHHdc

ちょっとメモ程度に書く。

社員のモチベーションが下がるとクオリティがおちる。

そう言われるかもしれない。

しかし、果たして社員の会社に対しての社員満足度と、業績が比例しているのかどうか。

こんな記事を見つけた。

経営者は、「従業員満足度」を気にする必要はない。

記事内引用↓

実は、「従業員満足」と「従業員の生産性」は関係がないという研究結果があるからだ。東京大学の高橋伸夫氏の著書、「虚妄の成果主義」(日経BP社)によれば、ミシガン大学の社会調査研究所の研究結果として、以下のことがわかっている。
・生産性の高い部署の会社に対する満足度は、生産性の低い部署のそれと変わらない。(むしろ生産性の高い部署のほうが不満が大きい結果もあった)
・職務満足は低い欠勤率と、低い離職率に結びついている

 

満足度と生産性の関係性でいうと比例していないということだ。

 

なぜ満足度が下がるのか?

・仕事が忙しい。

・上司がうるさい。

・給料が安い。

・自分の意見が通らない。

様々な意見があるだろうが。

 

ではこれら意見を解決させた場合を満足度の高い人の意見と仮定したとすると、

・残業がない。

・上司が優しい。

・給料が高い。

・自分の意見が通りやすい。

 

これで社員一人ひとり、そして会社の生産性があがるという根拠は全くない。

 

ゆとり教育と同じだ。

日曜日のみ休みだった時代から、土日休みになり、

1日休みが多くなったところで、その土日の時間をインプットや勉強の時間、平日に頑張れるための休息をみんながみんな取っているとは限らない。

 

結局のところ、どんなに時間があろうが、なかろうが、インプットする人はするし、しない人はしない。

 

そして、個人的にこう考えている。

「やりたい・やりたくない」と「クオリティに妥協する・しない」はまったく別軸のものである。

 

残業が多いから、やる気がなくなる。やらされている感マックスになる。

だからクライアント企業様への納品物の質を100%から80%に落とす。

そんなわけない。

 

それはクライアント企業様に対して失礼だ云々以前に、自分自身の気持ちの問題ではないだろうか。

もちろん働きやすい環境であれば、、そして心のゆとりがあれば、、よりパフォーマンスを発揮できる人が多いかもしれない。

でも、やりたくないからって、ひとつひとつのパフォーマンスが落ちるのは違う話だろう。

 

「自分の会社が嫌い」と「自分の仕事が雑」というのは全く関係のないことだ。

 

しかし、会社と社員の関係はそんな単純なものではない。

それについてはまた次の時に書こうと思う。

でもひとつ言えるのは、上のデータがあるからと言って、会社の志と、社員の志を共通させることを無視して良いというわけではないだろう。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
173496

企業のビジョンは社長が作り、カルチャーは社員が作る。

本日、この映画を見てきました。

マイ・インターン(2015)

 

 

 

173496

 

~あらすじ~

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、現代女性の理想の人生を送るジュールズ。そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールズだが、いつしか彼の的確な助言に頼るように。彼の“豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し、彼の“シンプルな生き方”はジュールズを変えていくー。そんな時、ジュールズは思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られることに!

 

今回はこの映画の本題ではなく、舞台となるファッション系ECサイトを運営する企業の状況にフォーカスをあて考察をする。

ネタバレは無しです。

映画の評価ではなく、どちらかというと、経営、人事の観点から書いていくものになります。

 

社員が200名に増えて見えてくるものと、見えなくなるもの。

何かを始めるとき、最初は独りだ。

そして、それが1人、2人と仲間が加わり

生み出すサービスが盛り上がってくれば10人、20人、、100人・・・・・と

仲間は増えてくる。

この映画の舞台となる企業は社員数200名の企業だ。

1、2年で社員数200名を超える企業となったこの企業では、社員が1日14時間勤務をするぐらい忙しい。

当然だ。急成長している企業なので、1人1人の業務は膨大だ。

 

さて、本題にもどる。

企業が成長し、200名規模になると見えてくるもの、見えなくなるものを書いていく。

まず、見えてくるものは

様々なビジネス展開が可能となってくる。

事業がシステム化し、より効率的にサービスを運営することも可能になってくる。

この成長に合わせて、これまでの規模まで大きくしてきた主要メンバーの判断だけでは、

当然、企業を大きくすることができなくなる。

会社を10名規模から50名規模にするのとはわけが違う。

その課題が見えてくるわけだ。

 

そして、見えなくなるもの。

200名となると、社員一人ひとりの顔と名前を覚えることができなくなってくる。

ましてや、この映画の社長(アン・ハサウェイ)は超過密スケジュールうえ、指揮系統が自分だけなため

社員一人ひとりとのコミュニケーション等、当然できない。

 

さて、ここで出てくる課題。

社長の考え、想い、ビジョンは、末端の社員に届いているのだろうか?

 

届いていないだろう。

「バリバリ働く厳しい女社長」というイメージだけが組織内に広がっていく。

社員とのコミュニケーションがなくなり、顔が見えなくなる。

 

コミュニケーションを生み出す管理職クラスに求められるもの。

 

そうならないように、幹部層、管理職がいる。

社長のビジョンをしっかりと共有できている幹部層、管理職が部下にその想いをしっかりと伝えていかなくてはならない。

この規模の企業になってくると、当然このフローが必要になってくるわけだ。

しかし、この層の人間がいない。もしくはこの層の人間が優秀でなければどうなるか?

組織は一気に崩れる。面白いぐらいに。

 

ここでの優秀とはどういうことだろうか?

僕は、マネージャーにプレイヤーとしての優秀さはほとんど必要ない。と考える。

プレイヤー時代に優秀だったとしても、今必要とされているスキルはそこではない。

プレイヤーとしての優秀さは部下のサポートする部分で活きてくる。

それを自分がプレイヤーとして使えば、部下を殺す可能性もあり得る。

ここで求められる優秀さは、部下とのコミュニケーションから、しっかりと部下1名1名の持ち味を発掘し、当人に自覚・実感させ、そういう動きを実際に出来るようにする環境作り、マネージメントだ。

当たり前のように聞こえるが、これは凄く難しいことだ。

 

自分が動いた方が早い。

自分がやったほうがクオリティが高い。

あいつは使えない。

 

これは思うだけで、部下には伝わる。

その関係ではコミュニケーション等とれることはない。

 

プレイヤーは本当の持ち味を出すことなく、会社から去る。

プレイヤーが使えないのではない。会社の活かし方が下手なだけだ。

 

そこに愛が無ければ会社は成長しない。

 

さて、コミュニケーションとはむずかしいものではあるが、

結局のところ、最終的には自社の人間を家族だと思えるか、仲間だと思えるか

プレイヤー一人ひとりに感謝することができるか。

 

だんだんと。会社は人材を選べる時代ではなくなり、人材が会社を選ぶ時代に変わってきている。

会社を選ぶ以前に、働き方さえ選べる時代になってきている中で

少なくとも、愛のない会社を人材は選ばなくなってくる。

 

僕は仕事を選ぶときに一番重要視するのは

「何をするか以上に、誰とするか」である。

 

嫌いな人と一緒にしてても、それはただ合わせているだけであり、しまいには何も愛着さえなくなる。

これは皆一緒だろう。

 

給料のためにここにいる。

残業がないからここにいる。

仕事をやらされている。

という言葉がたちまち出てくるはずだ。

 

ほとんどの人が仕事を楽しくしたいと考えている。

そして、ほとんどの人が活躍したい。貢献したいと考えている。

 

人材をなかなか獲得できない。

社員のモチベーションがなかなかあがらない。という悩みを抱えている企業は世の中星の数ほどあるだろう。

そうなっていくのは、マインドの優秀な人材を獲得できていないのではなく、企業側の問題だということを、人材を選ぶ前に、自覚する必要がある。

 

代表がビジョンを作り、社員がカルチャーをつくる。

僕はそう思っている。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
kodomo_syourai_yume

沖縄の学生さんは「沖縄に貢献」という使命だけではなく、夢を追いかけたらいいと思う。

kodomo_syourai_yume

 

最近感じていることを書こうと思う。

最近、沖縄の学生さんと話すとこんな声を聴く。

「沖縄に貢献したい。」

 

とても素敵なことだと思う。

自分が生まれた土地を愛し、良くしていくのは自分だという想いはこれからもなくさずに

頑張ってほしいなって思います。

 

しかし、

それは本当にその学生さんたちのやりたいことなのだろうか。

もっと、純粋に自分のやりたいこと、なりたいものはないのだろうか。

「沖縄に貢献」が夢ではなく、「やらなくてはならない」という使命になっていないだろうか・・・

 

ちなみに、

僕ら沖縄の民間企業も、沖縄に貢献をしているのです。

 

例えば、

沖縄で県内の人も、県外の人も集まる大きな花火大会に協賛している企業は県内企業で、

沖縄を元気にするために大きな花火を打ち上げている。

 

これも貢献とは言えないだろうか。

その協賛金は、一見沖縄とは関係ない仕事内容で生み出しているかもしれない。

でも結果、沖縄の経済を盛り上げている。

 

「沖縄に貢献」という言葉。

これはいろんな形でできるのです。

僕が仕事で運営している沖縄のお仕事情報を発信しているWebサイトだって、

元気な若者が活躍できる企業と出会ってもらいたいと考え発信している。

これだって、結果、沖縄の貢献になるような活動だ。

 

自分のやりたいことで、結果沖縄に貢献できれば

それで充分なのではないだろうか。

 

僕は沖縄の基地問題や政治に関しては何も言いませんが

政治家にならないと沖縄を変えれないわけでもないですし、

僕ら民間だからこそできることも沢山ある。

 

そんな僕らはやりたいことを仕事にし、自分たちの夢に向かって走ってるだけだ。

 

僕は、純粋に楽しそうに将来やりたい夢の話をする学生さんや若者が増えていってほしいと思う。

使命感ではなく、純粋にやりたい!という夢を追いかけて欲しい。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ec8bc8247e46ab36af370781c0257e6f

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!あなたにとって良い企業とは?

JobAntennaカバー

 

 

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!

 

先日、僕がディレクターをつとめさせてもらっている新サービスがリリースされました。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!をスローガンとした求職情報サイト「JobAntenna(ジョブアンテナ)」です。

 

スクリーンショット 2015-09-17 22.52.40

 

沖縄県内には、既に求職情報系の媒体はいくつもありますが、

なかなか企業の魅力を、仕事を求めている人に伝えきれていない。

企業の魅力を発信し切れていない。

企業側で働くヒトたちの想いを届けきれていない。

見ているとそう感じていました。

 

そうなると、仕事を探す側も、企業選びの際に選ぶ条件や情報が

給料面、時間帯、目で見える仕事内容。

そういった限られた情報からでしか選ぶことができません。

 

それがもたらす課題として、企業への定着率の低さや、ミスマッチがあがります。

 

 

僕らチームが「JobAntenna」を作った背景としては、そこにあります。

 

もっと若者が、ワクワクして働ける企業、活躍できる仕事をしっかりと発信したい。

そしたら、沖縄県内の会社も成長し、経済ももっともっと盛り上がってくる。

 

そこを目標にリリースをしました。

 

あなたにとって良い企業、良い仕事とは?

 

魅力的な企業、良い仕事とか、

口でいうと、簡単ですが

魅力的、良い仕事や企業とは、ヒトによって様々です。

 

働いている人が魅力なのか、環境が魅力なのか、はたまた仕事内容が魅力なのか、

それは様々です。

 

これだけは言える。

必ずしも初任給の高さだけが魅力ではないということ、

そして、給料が高くても嫌々働いていたら、その人は結果をなかなか出せず、会社も成長せず、

社員の給料も上がりません。

 

会社の想いに共感し、その想いを叶えるため、貢献できるか。

それが仕事に対しての面白さにもなり、実現させるためのワクワクにもつながると僕は考えています。

 

そして

いかに、会社が目指す部分に共感して、一緒に目指せる仲間を増やしていくことができるか。

これが企業のミッションのひとつでもあります。

 

そうするために、

企業は共感してもらうために、自分たちの想いや魅力を100%発信していけることが理想となってきます。

 

「アナタのための求人」を発信していくメディアにしたい。

 

その理想に近づけるため、僕らのサービスはそれをしっかり視覚化していきます。

仕事を探す人にとって「アナタのための求人」を目指しています。

 

好きなヒト達と楽しく働けて、皆でサービスを拡大させ、売り上げにもつながり、成長にもつながる。

仕事って楽しいなって感じる人がもっともっと増えるといいなって、僕は考えています。

 

仕事って楽しいものですよ。

 

時には辛いこともありますし、わからないことも沢山あります。

どうしたら前に進めれるか、どうしたらその問題を解決できるか、

それも仕事の醍醐味ではないでしょうか。

それをチームで一緒に考えて、解決へと導くプロセスは楽しいですし、

そうやって作り上げた事業やサービスでお客さんに喜んでもらえたときほどやりがいを感じるものはないのではないでしょうか。

 

そういう自分にとって楽しいという感じる仕事に出会ってもらいたい。

今後、そんな想いでこのサービスを発信していきます。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!するために

まず僕らが楽しんで運営していきますw

 

JobAntenna

これからもよろしくお願い致します。

 

12019825_1619828081615101_4577690221893518172_n

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。