From 恋愛コラム

情報デザイン

本当にモテる男女はユーザー体験をデザインすることができる。

情報デザイン

こんにちは。相葉です。

さて、今日はモテる男女の話をしようと思います。

 

そもそもモテるとは何か?

規格外にイケメンとか可愛い女性を除く場合、

やはり、モテる男女は異性の扱いが上手い。

 

扱いが上手いというのは、相手がしてもらえて嬉しいことをわかっている。

相手がしてもらえて嬉しいことをわかっているというのは、つまりニーズをちゃんと把握し、

そのニーズにあった体験をデザインし、提供できているのだ。

 

だから異性にもモテる。

 

モテる男女というのはそういったユーザー中心設計がしっかりとできている。

そしてモテない男女は自分中心な思考でデートや、異性との体験を設定しがちになってしまうため、

相手の満足度をあげることができない。つまりモテない。

 

だから、

「こういうやり方すれば男は落とせる」「こういうやりかたで女を落とせる」なんて

必ずヒットする方法などないので、

それぞれのターゲットユーザーが日頃、どのような生活を送っているか

どのようなものが好きなのか、嫌いなのか?

どんな相手を求めているかなど、調査分析し(笑)、サービスコンセプトを設計していかなくてはいけません。

 

ちなみにこれに関して詳しく書いてある教科書的な本をご紹介します。

 

製品のデザインはこれまで機能に基づきその色やカタチをどのように美しくまとめていくか、ということに重きを置かれていました。しかし、製品を使用することで「うれしい体験」ができることが、これからのデザインには求められています。 このような「情報デザイン」が広く世の中に広まることにより社会やコミュニティの人々が安全で快適な生活を送ることができるようになります。そして、生産者は製品をただ送り届けるだけではなく、人々が求める「もの」や「サービス」のニーズを掘り起こし、積極的に製品に反映させていくことで世の中を大きく変えてゆくことができるでしょう。 本書「情報デザインの教室」は、このような「情報デザイン」の基本知識とプロセスや手法について身につけることができるテキストです。具体的にはユーザの目的や要望からデザインの方向性を明らかにし、視覚化してゆくこと、これをさまざまなアプローチで検証し、さらにコンセプトやプロトタイプのブラッシュアップを図るという一連の流れを理解することで、情報デザインの手法とプロセスを体系的に学ぶことができます。 情報デザインを学ぼうとする方はもちろん、仕事の方法を変えたいビジネスマン、教育機関、企業、自治体やNPOなどの様々な団体で地域社会や教育環境をより良くしたいと考えている方は、本書「情報デザインの教室」をぜひお手にとってご活用下さい。(丸善出版株式会社様HPより)

 

「モテる男は仕事もできる」の真髄というようなバイブル本です。

社会人のかたで、恋愛がなかなかうまくいかないかたは是非、この本で勉強してみてください。

仕事はうまくいくはずです。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
terahaie3

どれもこれもテラスハウスとAVとSNSのせい

僕は想うのです。

男女共に恋愛が難しくなったワケ。

それはテラスハウスと、最近のAV(アダルトビデオ)とSNSのせいではないかと。

街のカフェに行けば

女の子たちは恋話か、彼氏への愚痴か、テラスハウスの愚痴で盛り上がる。

そもそもテラスハウスの愚痴って何だ?

テラハの登場人物の行動を視聴者の女の子が愚痴る。

ようさん(今井洋介)だって

常に目の前の女の子を純粋に魅力的だと感じて

その想いに正直になって恋をしているだけなのだ。

じゃないと、一回一回の失恋で、

こんな感じに号泣できるわけない。

いつも真剣なんだ。

テラスハウスのムーブメントが来てから

女の子の男の子へのハードルが更に上がり、

愚痴のレベルも更にあがった気がする。

そして、

AV(アダルトビデオ)の話。

最近のAV女優は可愛い子が多すぎる。

居酒屋で男どもが話をする。

「あの子は可愛い」「あの子はブス」

「可愛い」のハードル上がってないか?

昔のAV女優は

「裸が見れるだけ凄い!!」だったのに

今なんか、

「えっ!?こんな可愛い女の子の裸が見れちゃうの!???」

ましてや、今はF◯2動画など、無料で見れるようになってしまった。

簡単に可愛い女の子の裸が見れる。

頑張らなくても可愛い女の子の裸が見れるということは、

そこで満足してしまう男が増えてしまうということだ。

もっと、もっと、街へ出て

リアルな一人の女の子と愛を深めていかないとダメだ。

そしてSNSの話。

出会うのが簡単になってしまった。

一人ひとりとの出会いを大切にするという想いが、

SNSが世に出る前よりも、見えなくなってしまった。

たくさんのヒト達と知り合える。

たくさんのヒト達と関係を築くことができるのも

SNSの良さだが、

恋愛において、出会うのが便利で

出会う関係に、強い想いや運命を感じることができるのだろうか。

ましてや、

出会うのが簡単になってしまったということは、

男性が口説くのも簡単になったということであり、

女性も、口説かれ慣れてしまっているということになる。

そんな、日常茶飯事で口説かれている女性は

その中から運命のヒトを見つけることなどできるのだろうか。

恋愛が便利で簡単になり、しかし難しくなってしまった。

どれもこれもテラスハウスとAVとSNSのせいだ。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
kiss-love-summer-Favim.com-464184

【バレンタイン恋愛コラム】男子は7割の異性となら身体の関係になれ、女子は8割の異性を好きになる可能性がある。

バレンタインデーが終わり、

男性の皆様はチョコをもらえたでしょうか?

 

僕も義理チョコをもらいました。

なのでホワイトデーに向けて、スタコラこしらえてます。

 

というわけで、

今日は、珍しく恋愛コラムを書いてみようと想います。

 

あ〜だこ〜だ望みやら条件を言いまくる女子ども、理想たけえぞ!

 

女子会に参加したり、女子に「女子の本音トーク」に関して聞き取り調査をしていて感じたことがあります。

まず一言「理想たけえぞ!」

 

理想を高く持つことは悪いことはありません。

では「理想たけえぞ!」と突っ込む理由は、

異性に望んでいるだけで、自分が自らそういう理性とちゃんと横並びできる女性として

現状、たどり着かせようとしているように見えないからです。

 

「ああ〜金でも降ってこないかな〜」と言っているようなものです。

働かないと、お金は降ってきません。

 

イケメンがアナタに降ってくる理由を考えてみてください。

アナタが魅力的だから降ってくるんです。

 

魅力的じゃなかったら、もちろん降ってくるわけがない。

そんな望んでいるばかりのヒトがまず磨いたほうが良いのは、外見以前の部分です。

 

というわけで、

男子の目線とあるデータを元に、女性の自分磨きの大事さと、

男子がもっとこうしたほうが良いというのを書いていきます。

 

 

男子は7割の異性となら身体の関係になれ、女子は8割の異性を好きになる可能性がある。

 

kiss-love-summer-Favim.com-464184

 

ご存知でしょうか。

男性と女性の異性に対する感情には大きく違う部分があります。

 

下の図は男女別でそれぞれが世の異性を区分する際の割合と差です。

スクリーンショット 2015-02-19 13.39.20

このグラフを見て、

男子と女子それぞれに言えることがあります。

 

まず男子のグラフを見て分かること、

男子は世の中の女子の20%に対して、付き合いたいと感じるようです。

そして、付き合いはできないけど、身体だけの関係なら良いなと想う異性は50%。

つまり、男子は世の中の異性の70%とはできるということになります。

 

女子が恋愛で悩むコトで

「私は相手にとって何なのだろう?身体だけ?それとも本当に好きって思ってくれてるのかな?」

というのをよく耳にしますが、このグラフを見ると、「モテる」「ヤレる」が違うのがわかります。

 

続いて女子のグラフを見てわかること、

10%の「付き合いたい」というのは、つまり「一目惚れ」状態です。

1割の可能性で「一目惚れ」をするが、残り9割はそうではないということ、

 

この男子と女子の違いで、男子がやりがちなコトというのが次に紹介することです。

 

男子が女子に告白をした際に女子が言う「考えさせて」や「もう少し遊んだりしてからにしない?」は、まだ可能性アリ!

 

上のグラフで紹介した女性の区分を見ると、

「付き合いたい」が10%、「どちらでもない」が70%、「無理」が20%となっています。

 

つまり男性は、自分の好きな異性の中での区分の「付き合いたい」or「どちらでもない」の合計80%に入っていれば、

アナタの努力次第で付き合える可能性があるということです。

 

なぜ付き合える可能性があるのか、

それは男子には理解ができない、この女子の「どちらでもない」がキーになってきます。

 

男子は最初の印象で「アリ」か「ナシ」かの判断をする生物のようですが

女子はそうではなく「アリ」「ナシ」の他に「どちらでもない」があるようです。

 

この「どちらでもない」は「アリ」に転ぶこともあれば「ナシ」に転ぶこともあるのです。

つまり男性の頑張り次第。

 

だから、告白して

女性からの返事が「考えさせて」や「もう少し遊んだりしてからにしない?」で焦ってはいけないのです。

 

世の中の男性は、その気持ちをなかなか理解ができないがために、

女性からそう返事があると「ダメか・・・」と判断をしがちなようです。

 

だから、ソレ以上押さずに、引くヒトが多いのです。

 

データから見る男子と女子の理想のお付き合いのしかたとは?

 

これまで書いてきたことやデータから見ると、

ではどういう関係で、男子と女子のどちらから告白をし、

付き合って愛を深めていくことが理想なのかを書いていきます。

 

上のグラフから読み解くと、

男子が20%の女性を口説き、女子はその口説いてきた男子が「付き合いたい」or「どちらでもない」であれば

前向きに考えてみる。

そして、男子は付き合えるまでは根気よく相手を口説いていく。

もちろん途中で「無理」と判断されることもあるので、そこは察して下さいw

 

男子→女子という関係性で付き合ったほうが

後々「両想い」になる確率が高いようです。

 

是非、参考にしてみてください。

 

とはいえ、実際に感情が入ってしまってコントロールできないのが恋愛なのですよねw

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
tumblr_mu89qmzs1t1rakvtgo1_1280

【全国で募集!未経験大歓迎!】女性webメディアの恋愛系記事を書いてくれる女性ライターさん募集!

tumblr_mu89qmzs1t1rakvtgo1_1280

女性ライターさん募集

 

現在、女の子をターゲットにしたWebメディアのオープンの準備をしております。

既に2名の女性ライターさんに恋愛、社会、インタビュー、コラムなどの記事を書いていただいております。

そこで、更に様々な記事を発信するために、女性ライターさんを募集することにしました。

 

 

どんなメディア?

 

ターゲットは20代前後〜30代前半の女性です。

主に「恋愛」「社会」をテーマとした内容を女の子視点で女の子が読みやすい記事として発信していくメディアです。

上の2テーマを中心とし、美容、ファッションなどあらゆる視点から発信し、

女の子が共感でき、新しい発見ができるWebメディアを目指してまいります。

 

 

どんな内容を書けば良いの?

 

Webメディアとは言え、女の子なら誰でも書ける!っていうくらいハードルを下げて記事を書いてもらおうと考えています。

例えば、

・男性はこう思ってるかもしれないけど、実は女の子ってこう考えているんだよ。

・恋愛において、自分の経験から女の子たちに物申す!

・こんなステキスポット発見!女の子達!彼氏や好きなヒトに是非連れて行ってもらいないさい!

というような内容など

ライターさんの得意な書き方やジャンルがあると思うので、何なりとご相談ください。

「こんな内容どうか?」などの提案も受け付けています。

記事の文字数に関しては、スマホユーザーを主なターゲットにしているため、

500~1000文字ぐらいの長さでも結構です。

なるべく書きやすく、ライターさんが続けやすい内容と環境を設定していきます。

 

 

 

報酬は?

 

現在、記事を書いていただいている女性ライターさん達には、金銭面での報酬は0円でご協力いただいております。

そのかわり、ライターとしてのクレジットは記事の文末に掲載していただいて構わないということと、

サイトの「ライター紹介」ページでご協力いただくライターさんを紹介させていただく等、

女性ライターさんの次のシゴトにつながるように、こちらも全面的にサポートさせていただきます。

※もちろんwebメディアを運営していく中で、報酬をお支払いできるようになれば、

しっかりとライターさんに戻ってくるように、尽力致します。

 

未経験大歓迎!

 

Webメディアのライターとなると、経験、実績など問われることもありますが

今回のこのメディアでは、僕ら運営側も女性ライターをもっともっと増やしたい!という想いもあるので

なるべく記事の内容のハードルも下げてスタートを切る予定です。

なので、経験は問いません!

記事を書いてみたい!!という想いがあれば、大歓迎です!

週に1記事、月に10記事などのノルマは設定しませんので、

書けるペースで書いていただくような形で結構です。

取材記事もご希望のかたにはお願いしたいと考えていますが、

取材したくないというかたには、取材をする必要のない記事を書いていただければ結構です。

 

 

全国で募集 

 

在宅でも記事を書けるようなシステムを作ってまいりますので、

全国からライターさんを募集致します!

お気軽にご相談下さい!!

 

応募方法

 

女性ライターご希望のかたは、

MailまたはTwitter、Facebookからご連絡ください。

 

Mail:dj.tai2u@gmail.com

Twitter:@dj_tai2u

Facebook:taikiaiba

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
koi_eiga_woodyallenmain

長続きするたった一つの愛は片想い。 ウディ・アレンから学ぶ男の美学。

明日12月1日。

あるかっこいい男の誕生日です。

なので、今日はそのかっこいい男について少し書こうと想います。

 

僕が思うかっこいい男

koi_eiga_woodyallenmain

 

僕は昔からウディ・アレンが好きです。

「アニー・ホール」

 

最近では

「ミッドナイト・イン・パリ」

 

 

 

明日2014年12月1日で79歳になる今でも発信しつづける映画監督、脚本家、俳優。

 

 

様々な素晴らしいモノを残している反面、人格的に破綻していると世間に言われるヒトリです。

 

 

そんなウディ・アレンの好きなコトバがあります。

 


 

ウディ・アレンのコトバ 

 

w-allen2

 

もし時々失敗することもないというのなら、それはあなたがあまり革新的なことをしていないという証拠だ。

If you’re not failing every now and again, it’s a sign you’re not doing anything very innovative.

 

まさにウディ・アレンの生き様を象徴するかのような言葉だなと、

僕は想うのです。

 

僕はこのヒトほど、

世に叩かれ、変人、変態扱いをされ、

それでも尚、自分の信念を貫き通しているヒトは

他にいないのではないかと考えています。

 


 

そんなウディ・アレンが愛に関してこんなコトバを残してます。

 

長続きするたった一つの愛は片想い。 

 

これは僕も、もの凄く実感をします。

 

男は常に女性を追う側であり、常に女性の手の平で転がされるバカである。

僕が考える愛とは、そういうものであると考えています。

 

男のほうが追われる側になってしまえば、

たちまち、男は調子にのり、他の女性を追っかけ始めてしまうものである。

(もちろん中には違うヒトもいるでしょう。)

 

だからこそ僕は、

結婚する相手にはずっと恋をしていたいし、

浮気もしたくない。

そして、ずっとエッチをしたい相手として想い続けたい。

 


 

ウディ・アレンが描く名作ラブストーリー「アニー・ホール」の魅力とは

 

ウディ・アレンが描くラブストーリー「アニー・ホール」ほど、

ダサくもかっこいい、でもやっぱりダサい男が主人公、

でも魅力的に見える映画はないのではないかと僕は想うのです。

【あらすじ】

NYを舞台に、都会に生きる男女の恋と別れをペーソスと笑いで綴ったラブ・ストーリー。

うだつの上がらないスタンダップ・コメディアン、アルビーは、

知り合った美女アニーと意気投合して同棲生活を始めるが、うまくいくのは最初だけ。

次第に相手のイヤなところが気になり出した二人の間には見えない溝ができ上がっていた。

そしてアニーの前に現れた人気歌手のカリフォルニアへの誘いが

二人の仲にピリオドを打つ決定的なものとなった……。allcinema ONLINE (外部リンク)

 

この物語の主人公「アルビー」

 

これほど醜く、エゴイストでいわゆるモテる男とは言えない人物。

だけど、男としてどこか共感できるという部分は、男性なら感じる事ができるのではないでしょうか。

 

今まで、そんなに恋を経験したことがない人は

こういうラブストーリーも是非見てもらいたいです。

 


 

ウディ・アレンから感じる男の美学

 

Annie_Hall

僕が感じるウディ・アレンの男としての魅力とは、

 

本当は誰よりも純粋で、誰よりも優しくて、

誰よりも孤独で、誰よりも愛され、誰よりも愛されない。

誰よりも正直で、誰よりも人を愛する事を知っていて、

誰よりもかっこよく、でも誰よりもかっこ悪い。

こういうところだと想っています。

 

ヒトコトで言うなら、

誰よりも人間らしい男性なのではないでしょうか。

 

だから叩かれ、嫌われ、変態扱いされ、

それでも己の信念を強く持つ。

 

だからかっこいい!

 

僕は想うのです。

 

好かれるため、嫌われないため、

それが紳士的で、スマートだとしても

 

泥臭くも正直で、愛を貫く男の方が好きなのです。

 

今の若い僕ら世代の足りない部分であり、

世間の評価として

必要とされづらくなってきているモノでもあるのかもしれません。

 

でも、僕はずっとウディ・アレンをかっこいいと想って、これからも生きていくんだろうなって。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。