From 教育

YOSX8588_TP_V

地方企業のいわゆる「 Web担当」という職の大きな誤解

YOSX8588_TP_V

 

 企業が欲しがる「WEB担当」の定義は?

 

県内企業にお邪魔させていただく時に、よく耳にする「 Web担当」という言葉。

もちろん、これは IT・ Web関係の企業ではなく、食品、観光系などの制作が基本ではない企業の「 Web担当」のお話。

 

企業の人事からお話を伺う際に「Web担当」を雇いたい。と言われるが、

この企業の人事がイメージする 「Web担当」とはどんな人のことを指すのか。

 

・Webマーケティングなどを熟知しており、 Webを含めたPRなどの戦略を立てることができ、それを制作会社とかに指示して一緒にうサイト制作を進めることのできるディレクター?

 

・サイト制作自体をできる Webデザイナー?

 

・全部できる人?

 

僕がこれまで聞いた県内企業では一番下の「全部できる人」という答えがいちばん多い。

つまりシンプルに言うとこうだ。

 

・ マーケティングとPRに強く、戦略を立てることができ、デザインスキル、プログラミングなど一括してできるひと

 

PRには、例えば SNS運用も含まれてくるだろう。

定めたターゲットに、適切なコンテンツ発信を行う。

サムネイル(写真)の調達から、ライティングまで行うことになる。

 

 

戦略を立て、制作まで一括行うことのできるWeb人材は皆無です。

 

僕は、こういう Web担当が欲しいという企業さんには

それを全てできる人は県内探しても滅多にいません。」と話をする。

 

なぜ、そういう企業が「Web担当」を欲しがるのか。

確かに内部に常にいて、 Web周りのことは全てこの人に聞けば解決してくれるというスペシャリストがいてくれたら、どの企業だって嬉しいでしょう。

 

しかし、そういうスペシャリストはほとんどいません。

採用活動の中で、そういう要件で募集をして、来る方は

デザイン、コーディングスキルを持っていたとしても、その人がマーケティング、広報など

 IT、 Web制作会社でマルチにやらせてもらっていたというのは、環境的にほぼないでしょう。

 

その際に、企業側はデザイン、コーディングスキルを持っているから雇ってしまいがちです。

 

 

戦略は社内で行い、制作は社外パートナーにお願いする 

 

しかし、僕は思う。

ここで必要なのは、制作スキルではなく、 Webマーケティングや、 Web運用、企画、戦略を立てることのできるプロデューサーやディレクターの方ではないだろうか。

 

制作は信頼できる制作会社としっかりとパートナーを組んで、ディレクターが指示を出せばいいだけなのです。

 

なので、全てを持っている人を「Web担当」として雇おうとすると、制作スキルを持つ人を雇いがちになってしまい、この人は戦略や方針を立てることができない。

それなら制作スキルはそこまでなくても、ディレクターを社内で雇うことをお勧めします。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
173496

企業のビジョンは社長が作り、カルチャーは社員が作る。

本日、この映画を見てきました。

マイ・インターン(2015)

 

 

 

173496

 

~あらすじ~

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、現代女性の理想の人生を送るジュールズ。そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールズだが、いつしか彼の的確な助言に頼るように。彼の“豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し、彼の“シンプルな生き方”はジュールズを変えていくー。そんな時、ジュールズは思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られることに!

 

今回はこの映画の本題ではなく、舞台となるファッション系ECサイトを運営する企業の状況にフォーカスをあて考察をする。

ネタバレは無しです。

映画の評価ではなく、どちらかというと、経営、人事の観点から書いていくものになります。

 

社員が200名に増えて見えてくるものと、見えなくなるもの。

何かを始めるとき、最初は独りだ。

そして、それが1人、2人と仲間が加わり

生み出すサービスが盛り上がってくれば10人、20人、、100人・・・・・と

仲間は増えてくる。

この映画の舞台となる企業は社員数200名の企業だ。

1、2年で社員数200名を超える企業となったこの企業では、社員が1日14時間勤務をするぐらい忙しい。

当然だ。急成長している企業なので、1人1人の業務は膨大だ。

 

さて、本題にもどる。

企業が成長し、200名規模になると見えてくるもの、見えなくなるものを書いていく。

まず、見えてくるものは

様々なビジネス展開が可能となってくる。

事業がシステム化し、より効率的にサービスを運営することも可能になってくる。

この成長に合わせて、これまでの規模まで大きくしてきた主要メンバーの判断だけでは、

当然、企業を大きくすることができなくなる。

会社を10名規模から50名規模にするのとはわけが違う。

その課題が見えてくるわけだ。

 

そして、見えなくなるもの。

200名となると、社員一人ひとりの顔と名前を覚えることができなくなってくる。

ましてや、この映画の社長(アン・ハサウェイ)は超過密スケジュールうえ、指揮系統が自分だけなため

社員一人ひとりとのコミュニケーション等、当然できない。

 

さて、ここで出てくる課題。

社長の考え、想い、ビジョンは、末端の社員に届いているのだろうか?

 

届いていないだろう。

「バリバリ働く厳しい女社長」というイメージだけが組織内に広がっていく。

社員とのコミュニケーションがなくなり、顔が見えなくなる。

 

コミュニケーションを生み出す管理職クラスに求められるもの。

 

そうならないように、幹部層、管理職がいる。

社長のビジョンをしっかりと共有できている幹部層、管理職が部下にその想いをしっかりと伝えていかなくてはならない。

この規模の企業になってくると、当然このフローが必要になってくるわけだ。

しかし、この層の人間がいない。もしくはこの層の人間が優秀でなければどうなるか?

組織は一気に崩れる。面白いぐらいに。

 

ここでの優秀とはどういうことだろうか?

僕は、マネージャーにプレイヤーとしての優秀さはほとんど必要ない。と考える。

プレイヤー時代に優秀だったとしても、今必要とされているスキルはそこではない。

プレイヤーとしての優秀さは部下のサポートする部分で活きてくる。

それを自分がプレイヤーとして使えば、部下を殺す可能性もあり得る。

ここで求められる優秀さは、部下とのコミュニケーションから、しっかりと部下1名1名の持ち味を発掘し、当人に自覚・実感させ、そういう動きを実際に出来るようにする環境作り、マネージメントだ。

当たり前のように聞こえるが、これは凄く難しいことだ。

 

自分が動いた方が早い。

自分がやったほうがクオリティが高い。

あいつは使えない。

 

これは思うだけで、部下には伝わる。

その関係ではコミュニケーション等とれることはない。

 

プレイヤーは本当の持ち味を出すことなく、会社から去る。

プレイヤーが使えないのではない。会社の活かし方が下手なだけだ。

 

そこに愛が無ければ会社は成長しない。

 

さて、コミュニケーションとはむずかしいものではあるが、

結局のところ、最終的には自社の人間を家族だと思えるか、仲間だと思えるか

プレイヤー一人ひとりに感謝することができるか。

 

だんだんと。会社は人材を選べる時代ではなくなり、人材が会社を選ぶ時代に変わってきている。

会社を選ぶ以前に、働き方さえ選べる時代になってきている中で

少なくとも、愛のない会社を人材は選ばなくなってくる。

 

僕は仕事を選ぶときに一番重要視するのは

「何をするか以上に、誰とするか」である。

 

嫌いな人と一緒にしてても、それはただ合わせているだけであり、しまいには何も愛着さえなくなる。

これは皆一緒だろう。

 

給料のためにここにいる。

残業がないからここにいる。

仕事をやらされている。

という言葉がたちまち出てくるはずだ。

 

ほとんどの人が仕事を楽しくしたいと考えている。

そして、ほとんどの人が活躍したい。貢献したいと考えている。

 

人材をなかなか獲得できない。

社員のモチベーションがなかなかあがらない。という悩みを抱えている企業は世の中星の数ほどあるだろう。

そうなっていくのは、マインドの優秀な人材を獲得できていないのではなく、企業側の問題だということを、人材を選ぶ前に、自覚する必要がある。

 

代表がビジョンを作り、社員がカルチャーをつくる。

僕はそう思っている。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
kodomo_syourai_yume

沖縄の学生さんは「沖縄に貢献」という使命だけではなく、夢を追いかけたらいいと思う。

kodomo_syourai_yume

 

最近感じていることを書こうと思う。

最近、沖縄の学生さんと話すとこんな声を聴く。

「沖縄に貢献したい。」

 

とても素敵なことだと思う。

自分が生まれた土地を愛し、良くしていくのは自分だという想いはこれからもなくさずに

頑張ってほしいなって思います。

 

しかし、

それは本当にその学生さんたちのやりたいことなのだろうか。

もっと、純粋に自分のやりたいこと、なりたいものはないのだろうか。

「沖縄に貢献」が夢ではなく、「やらなくてはならない」という使命になっていないだろうか・・・

 

ちなみに、

僕ら沖縄の民間企業も、沖縄に貢献をしているのです。

 

例えば、

沖縄で県内の人も、県外の人も集まる大きな花火大会に協賛している企業は県内企業で、

沖縄を元気にするために大きな花火を打ち上げている。

 

これも貢献とは言えないだろうか。

その協賛金は、一見沖縄とは関係ない仕事内容で生み出しているかもしれない。

でも結果、沖縄の経済を盛り上げている。

 

「沖縄に貢献」という言葉。

これはいろんな形でできるのです。

僕が仕事で運営している沖縄のお仕事情報を発信しているWebサイトだって、

元気な若者が活躍できる企業と出会ってもらいたいと考え発信している。

これだって、結果、沖縄の貢献になるような活動だ。

 

自分のやりたいことで、結果沖縄に貢献できれば

それで充分なのではないだろうか。

 

僕は沖縄の基地問題や政治に関しては何も言いませんが

政治家にならないと沖縄を変えれないわけでもないですし、

僕ら民間だからこそできることも沢山ある。

 

そんな僕らはやりたいことを仕事にし、自分たちの夢に向かって走ってるだけだ。

 

僕は、純粋に楽しそうに将来やりたい夢の話をする学生さんや若者が増えていってほしいと思う。

使命感ではなく、純粋にやりたい!という夢を追いかけて欲しい。

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
lgf01a201308280100

【沖縄県の女性問題】沖縄の問題=基地問題ではないということ。

lgf01a201308280100

 

沖縄の抱える問題

 

沖縄の問題といえば

まず挙げられのが、「基地問題」

 

選挙でも、

「移設反対」か「移設賛成」かでマニフェストが語られ、

おまけのように、

付けたされたその他のマニフェスト。

 

もちろん、基地問題なんてどっちだって良い!なんてことはない。

言いたいのは、

沖縄が抱えている問題は基地問題だけではないと言うこと。

いいのです。

 

それこそ、利権問題などを含め

反対をすればウマウマなヒトだっているはず。

そんなの今に始まった話ではない。

 

そういうヒトがウマウマやってくれたって構わない。

 

本当に目の前で明日を生きていくのも、大変なヒト達がいるという

沖縄の問題にも目を向けてほしい。

 

 

沖縄の女性問題

 

沖縄の女性問題と言っても、

ピンと来ない人のほうが多いと思いますが、

沖縄は父子、母子家庭率が都道府県で一番多いのです。

 

以前、ブログで沖縄のシングルマザー問題に関して書きましたが、
(記事消えちゃいました・・・・)

今回また、この問題に関して書くことにしたのは

国のある施策に関して書かれた記事を読んだからです。

 

シングルマザーの学び直し(高認試験受験)に、補助金が出ます

 

どうやら、高校中退などをし、

子供を育てるようになったシングルマザーのかたなどを対象に

高校卒業程度認定試験(旧大検)を受けるための講座の受講費用を国が補助してくれるという制度が

2015年4月から開始されるようです。

 

東京新聞にも掲載されていました。

ひとり親 学び直し支援 厚労省、受講費補助へ

 

沖縄でもこの制度が使えるのか!?

と、思いましたが、

それはどうやらまだみたいです。

 

沖縄県さん。早急に使える環境を作ってください。

 

行政の窓口の利用のしづらさ

 

そして、こんな声を聞きます。

 

補助金制度を受けるにしても

申請自体のハードルが非常に高く感じるママさんもいるということ。

 

本当に思うんですよね。

 

行政機関の窓口、

もう少し柔らかく噛み砕いてくれないかなって。

 

そこは民間がやるしかないのかもしれないですが、

もう少し、当事者の立場で考えてみると対応も変わってきて、利用者も増えるのではないかと。

 

 

というわけで、

基地問題も大事ですが、

 

こういった制度が国で立ち上がっているので

沖縄県も対応できるように、

「県民ひとりひとりが暮らしやすい沖縄へ」的なビジョンは抱えているはずなので

頑張ってください。

 

僕も頑張ります。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
Boys and girls running

良い企業に入る為の良い大学に入る為の良い高校に入る為の良い中学に入る為の良い小学校に入る為の良い幼稚園に入る為に、子供でしかできない経験を制限するの?

Boys and girls running

今まであんまり教育に関して書きませんでしたが

この機会にヒトコト言おうと想います。

 

では、ヒトコト

 

やりたいことやれば良いんじゃない?

 

 

というのも、

 

やっぱり教育って、

勉強だけが教育だとは僕は想わないです。

 

勉強しなさい!ってお母さんに言われてきましたが、

僕は勉強というものを過去にしてきた事がありません。

 

でも、自分から学びたくて学んでいたものもありました。

 

特に高校入試の数学と、中学入試の算数が楽しかった。

あれは難問過ぎて、なんか脳から何かの分泌液が出てきそうになる感じでしたw

 

って、僕のことは置いておいて、

 

 

遊びだって、教育のひとつなのかなって想うのです。

 

例えば、

何もない広場で

サッカーボールをひとつ渡されて、人数は5人。

 

11対11でサッカーはやるものだけど

11人もいなくても、

 

2対2対キーパーひとりの1ゴール式とかで自分たちでルールを作って遊んでいたりしたわけです。

 

こういうルールだって自分たちで考えたりしてました。

 

でも、今って、

結構保護者がなんでもかんでも教えたり

しちゃってますよね。

 

というか、

東京なんて、ボールで遊んではいけない公園だってたくさんあった。

 

怪我するとかで保護者の目が鋭かったり。

 

でも、子供って怪我するものじゃないですかね。

 

僕もよく転んで、頭強打して

過呼吸になるほどの痛みで死ぬかと想う事何度もありました。

 

それでも、今なんとか生きてるし

やっぱり、子供の頃にそういう遊び方をしていることが

 

今に活きているなって凄くおもうんです。

 


 

良い企業に入る為の良い大学に入る為の良い高校に入る為の良い中学に入る為の良い小学校に入る為の良い幼稚園に入る為に、子供でしかできない経験を制限するの?

 

なんか、僕は父親になったことがないので

なんとも言えないのですが、

でも、

将来子供が苦労しないようにと、

良い大学や良い高校や良い中学や良い小学校や、良い幼稚園に入れる親御さんが多いと聴く。

 

結構違和感感じるんですよね。

だって、

子供の時にしかできない経験ってたくさんあるんですよ。

 

これって大学でも言えると想うんですよ。

 

1年次から就活し始める子も今はいたりするみたいですね。

もちろんそれは悪くないと想いますが、

 

せっかくの大学生生活なんだから、

 

時には合コン行ったり、女遊びしたり、ナンパしたり、バカしたりっていうのも

大学生活だからできることなのではないですかね。

まあ、僕は今でもやっていますが。。。

 

幼稚園らしい

小学生らしい

中学生らしい

高校生らしい

大学生らしい

 

何が「◯◯らしい」かはわからないけど、

 

やっぱりその時にしかできないことを楽しんだ方がいいですよね。

 

結果、将来の不安云々じゃなく

その時その時を純粋に楽しんでいたヒトほど

社会に出てからも、うまく楽しんでいたり

シゴトでも活躍していたりっていう場合もあると想うんです。

 


勉強はなるべくしないほうが良い。

 

これを言うと、誤解されますが

結局「◯◯しなきゃいけない」で学べるものの限界ってあるんですよね。

 

そうではなく、

興味、好奇心を持って学ぶものをどんどん学べば良いんじゃないかなと想うのです。

 

そういうのって学問とか研究っていうんですかね。

 

僕が研究者が好きな理由ってそういうところなんですよね。

 

仮説を立てて、実験して、検証して、考察してっていう一連のコトを繰り返したりすると想いますが

 

結局、こういうのが

日常の遊びとかでも子供は無意識にやっていると想うのです。

 

なので、

勉強のしかたを大人が教えてしまうと

それは興味や好奇心ではなくなるんでしょうね。

 


「◯◯したい」から学ぶことがたくさんある。

 

やっぱり、まずは自分が何をしたいかって考えたほうが良いと想うのです。

 

僕は

「女性にモテてたい!」が全ての根源にあるのですが、

そのために行う事って

結局、シゴトでも活きてるんですよね。

 

という感じで、

ヒトの行動ってどのシチュエーションでも活かすことができるので

◯◯したいを大切にしたほうが良いと想うのです。

 

というわけで、

教育って「◯◯したい」を追求することかなと

僕は想いました。

 


 

最後に 

 

偏差値の低い大学、バカでも入れちゃう企業。

 

もちろん中には光るモノもあるかもしれないですが

 

まだまだ、

環境の質の良し悪しと高学歴が入れる企業というのは比例している部分はあるでしょう。

 

でも、これだけは言いたいのは

どこにいても自分次第ではあるということ、

 

環境のせいにしてはどこでもやってはいけないということ。

 

どこにいたとしても自分の「◯◯やりたい」が明確になっており、

それに係る行動をしていれば

出会うべきヒトに出会うし、自分で環境は作れると想います。

 

勉強という「問題を誰かから提示され、それを解く」コトばかりしていると

自分から問題や課題を見つける力がなくなります。

 

好奇心や興味を養う為にも

何もないところから、何かを見つけるコトを育てていくことが

結局は社会に入っても、活きていく部分ではないかと

僕は実感しています。

 

WEBの観点で言わせてもらうと

 

これからのなんでもかんでもWEBを無視できない時代では

今まで成功してきた50代、60代の考えが一切、

有効な手段じゃなくなる可能性が高くなります。

 

そんなときに

時代のスピードについていける柔軟性を持った

20代や30代前半で会社や事業を引っ張っていかなくてはいけない時代になってくるでしょう。

 

そんな時に、引っ張られるだけのジブンにならないように、

今回はこういった内容で書かせていただきました。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。