From web関連

pictathon1_1

【第2回ピクタソン沖縄開催レポート】観光立県である沖縄の情報の整理と、ピクトグラムの作成フローの重要性

pictathon5

2016年6月5日 第二回ピクタソン沖縄を開催いたしました。

 

先日、ピクタソン沖縄を開催しました。

2014年の12月に開催した1回目から1年半と少し間が空いての2回目開催でしたので

開催前の協賛企業集めを始めとした準備はとても苦労しましたが、

前回の2倍近くのクリエイターさんデザイナーさんに参加いただき、とても盛り上がりました。

そして今回は優勝商品「MacBook Air」を始め、準優勝には「iPad mini」、スポンサー特別賞には「Apple Watch」など豪華な商品が集まりました。

 

 

今回の優勝者は佐々岡妙子さん

 

優勝者はデザイナー兼ディレクターの佐々岡妙子さん!

実は、開催ギリギリに応募をされた飛び入りのクリエイターさんですw

 

 

第1回目のピクタソン沖縄では、フォトショイラレ使い始めて1ヶ月の女子大生の女の子が

決勝に残るなど、番狂わせが起きましたが、今回もこういうことが起きるから面白い!

 

というわけでMacBook Airは佐々岡さんの手に!!!

 

pictathon2 

写真左が佐々岡さん。右はライターのみやねえさんです。(写真の提供ありがとうございます!)

 

ゲストには

以前の記事でもご紹介した、カズワタベ氏、かっぴー氏、布施貴規氏にお越しいただき、

予選、敗者復活、決勝で制作された作品の講評をしていただきました。

 

 

デザイナーさんを苦しめるような癖のあるテーマを設定

 

予選Aブロックでは

沖縄の交通手段というテーマで「モノレール 車 自転車」という3つ

 

予選Bブロックでは

沖縄の天候というテーマで「台風 片降い 晴れ

 

敗者復活戦では

沖縄のコミュニティ文化の「模合(もあい)

 

決勝では

沖縄の南部・中部・北部のランドマーク的な市である「那覇市 沖縄市 名護市

 

それぞれのテーマが沖縄にちなんでおり、

予選Aの「モノレール」は、電車のない沖縄県では「ゆいレール」というモノレールが

通勤、通学、観光客の足となっていることから、設定。

 

予選Bの「片降い」に関しては、沖縄に住んでいる人や、観光に来た方なら、夏などによく体験する

「向こうは降っているけど、こっちは降ってない」「雨の境目が見える」というキーワードを選ばせていただきました。

 

敗者復活戦のテーマである「模合(もあい)」は、

ゆいまーる、いちゃりばちょーでー等、コミュニティ文化が特に強い沖縄の特徴的な文化の一つです。

模合とは(wiki)

 

 

なぜこれらのテーマを設定したか

 

pictathon4

 

今回、東京からわざわざお越しいただいたデザイナーさんや、こちらに移住してきたばかりのデザイナーさんなど

そもそも「模合」って何!??「那覇市 沖縄市 名護市」!??何が有名なの!???

と、そもそも知らないキーワードで、だいぶ大変だったみたいです。

 

今回、あえて知らない人もいるであろうテーマを設定させてもらったのには

2つの理由があります。

 

 

要件定義というものの重要性

 

1つは、

ピクトグラムに限らず、制作を行う段階で

僕ら制作に携わるディレクター、デザイナー、さらにいうとフロントに立つ営業、プランナー、プロデューサーが、

まずクライアントに何をするかというと、必ずヒアリングをします。

 

クライアントの目的は何か?

誰に届けたいのか?

課題は何か?

 

様々なものをヒアリングしながら、要件を定義し、コンセプトを設計していきます。

これはピクトグラムの制作フローと全く同じです。

情報があり、その情報をもとにヒアリング、リサーチをかけ、要件定義、コンセプト設計をし、デザインに落とし込む。

 

つまり、ただデザインができる、デザインをするだけでないのです。

逆に言うと、僕ら制作に携わる人間は「デザイン」をするために、これだけのフローを通っています。

「こういうものを作ってください」 → 「はいわかりました」 → 「できました」 → 「ありがとうございます」

では、「目的を達成させることのできる価値のあるデザイン」はできません。

 

いわゆるディレクション。ここに予算を費やすことのない仕事が沖縄に限らず、

まだまだ世の中にはたくさんあります。

 

ピクタソンでは制限時間が20分でデザイン1パターン、50~60分で3パターンを、

このフローを通して作らないといけません。

デザイナーさんにとっては、相当大変なことなのです。

 

 

情報の整理にまだまだ課題のある観光立県沖縄

 

もう1つの理由として

 

沖縄県は観光立県を掲げ、県だけでなく、各市町村の行政、観光協会、民間企業が、

沖縄県への集客、経済を潤わすために、様々な取り組みを行っています。

 

私も同じように、これらの行政、観光協会などと一緒にお仕事をすることもある中で

そもそも、各地域の情報がなかなか整理されていない、発信している情報が本当に観光集客を狙うことのできる情報なのだろうか。

こう思うのです。

 

実際に、今回のピクタソンの県外からの参加者さんが

「那覇市 沖縄市 名護市」という情報を調べる際に、なかなか得たい情報が検索でも引っかからなくて

だいぶ苦労したと。

 

つまりまだまだ沖縄に訪れる、沖縄を知らない観光客にもそれぞれの地域の特性、魅力などが届きづらいということ。

 

ピクタソンの最後の運営者挨拶でもお話しさせていただきましたが、

各地域が「発信したい(魅力だと思う)情報」と観光客が「受信したい(魅力だと思う)情報」は同じだと限らないわけです。

 

インバウンド強化をしている沖縄でいうならば、

その観光客が、外国の方なのか?日本の方なのか?でも

受信したい(魅力だと思う)情報」は変わってくるのです。

 

ゲストのかっぴーさん(@nora_ito)が講評の際に、お話ししていた

「このピクトグラムがどんな用途で使われるのかをイメージしてみてください」というように

どのような状況で、誰が、何のためにそれを使うのか。というのが、欠けてしまうと

そのデザインは「綺麗なデザイン」で終わってしまうでしょう。

 

13388925_1249060035106671_730074555_o

 

 

ピクトグラムはそれがシンプルにダイレクトに影響してくるわけです。

 

 

デザインとは情報を整理し、必要な情報を抽出し、伝えるもの、それを決められた時間内で作成する厳しさがピクタソンの魅力

 

個人的に僕はそう感じています。

今回、20名近くの参加者さんと、多くの見学者の方々がイベントに遊び来てくれました。

それぞれの新しい交流も生まれ、これがまた別の場所でも新たな動きになったら、運営側も、大成功だと感じています。

 

沖縄のデザイナーさん、クリエイターさんがもっともっと面白い仕事ができる沖縄県に!!

 

pictathon1_1

 

最後に、今回ゲストとして参加者の皆さんの講評をしていただきました

カズワタベさん、かっぴーさん、布施さん

ありがとうございました!

 

 

※参加者さんがブログやメディアで書いてくれました!

 

・おきなわ移住ライフハックさん

 スクリーンショット 2016-06-06 16.03.42

 

 

当日写真はこちら

pictathon7 pictathon8 pictathon9 pictathon10

随時更新中です。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
YOSX8588_TP_V

地方企業のいわゆる「 Web担当」という職の大きな誤解

YOSX8588_TP_V

 

 企業が欲しがる「WEB担当」の定義は?

 

県内企業にお邪魔させていただく時に、よく耳にする「 Web担当」という言葉。

もちろん、これは IT・ Web関係の企業ではなく、食品、観光系などの制作が基本ではない企業の「 Web担当」のお話。

 

企業の人事からお話を伺う際に「Web担当」を雇いたい。と言われるが、

この企業の人事がイメージする 「Web担当」とはどんな人のことを指すのか。

 

・Webマーケティングなどを熟知しており、 Webを含めたPRなどの戦略を立てることができ、それを制作会社とかに指示して一緒にうサイト制作を進めることのできるディレクター?

 

・サイト制作自体をできる Webデザイナー?

 

・全部できる人?

 

僕がこれまで聞いた県内企業では一番下の「全部できる人」という答えがいちばん多い。

つまりシンプルに言うとこうだ。

 

・ マーケティングとPRに強く、戦略を立てることができ、デザインスキル、プログラミングなど一括してできるひと

 

PRには、例えば SNS運用も含まれてくるだろう。

定めたターゲットに、適切なコンテンツ発信を行う。

サムネイル(写真)の調達から、ライティングまで行うことになる。

 

 

戦略を立て、制作まで一括行うことのできるWeb人材は皆無です。

 

僕は、こういう Web担当が欲しいという企業さんには

それを全てできる人は県内探しても滅多にいません。」と話をする。

 

なぜ、そういう企業が「Web担当」を欲しがるのか。

確かに内部に常にいて、 Web周りのことは全てこの人に聞けば解決してくれるというスペシャリストがいてくれたら、どの企業だって嬉しいでしょう。

 

しかし、そういうスペシャリストはほとんどいません。

採用活動の中で、そういう要件で募集をして、来る方は

デザイン、コーディングスキルを持っていたとしても、その人がマーケティング、広報など

 IT、 Web制作会社でマルチにやらせてもらっていたというのは、環境的にほぼないでしょう。

 

その際に、企業側はデザイン、コーディングスキルを持っているから雇ってしまいがちです。

 

 

戦略は社内で行い、制作は社外パートナーにお願いする 

 

しかし、僕は思う。

ここで必要なのは、制作スキルではなく、 Webマーケティングや、 Web運用、企画、戦略を立てることのできるプロデューサーやディレクターの方ではないだろうか。

 

制作は信頼できる制作会社としっかりとパートナーを組んで、ディレクターが指示を出せばいいだけなのです。

 

なので、全てを持っている人を「Web担当」として雇おうとすると、制作スキルを持つ人を雇いがちになってしまい、この人は戦略や方針を立てることができない。

それなら制作スキルはそこまでなくても、ディレクターを社内で雇うことをお勧めします。

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
picoki

【沖縄のデザイナーのハッカソン「第2回Pictathon Okinawa」開催決定】ピクトグラム×ハッカソンで伝えるデザインを発信

picoki 

こんにちは。相葉です。

本日は、イベントの告知です。

2014年12月に沖縄で開催した「Pictathon Okinawa(ピクタソン沖縄)」ですが、第二回を1年半ぶりに開催いたします。

 

Pictathon Okinawaとは

 

エンジニアたちがアイデアと、プログラミングのスキルを競うハッカソン。シリコンバレーではもちろん、いまや日本でも様々な企業が主催し行われています。このハッカソンと、ウェブサイトやアプリケーション、公共施設等のナビゲーションとしていまや欠かせぬ存在のピクトグラムを組み合わせたのが「Pictathon(ピクタソン)」です。2013年7月27日に東京にて第1回が開催され、その後定期的に開催しています。

 

pictathon_rule

 

「Pictathon Okinawa」はその地方展開の第一号として開催されるイベントです。「観光立県沖縄」という沖縄ならではのテーマを設定し、ピクトグラム制作で競い合っていただくことで、クリエイターのスキル向上、「沖縄観光×ピクトグラム文化」の振興を目指します。

 

そもそもピクトグラムとは?

 

ピクトグラムとは、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、情報や注意を示すために表示される視覚記号です。主に鉄道駅や空港などの公共空間で使用され、文字による文章で表現する代わりに、視覚的な図で表現することで、言語に制約されずに内容の伝達を直感的に行う目的で使用されてきました。

日本においては、1964年東京オリンピック開催時に外国語(特に英語)によるコミュニケーションをとることができ難い当時の日本人と外国人の間を取り持つために、勝見勝らによって開発されたのが始まりで、1980年代以降、広く使われるようになりました。(wikipediaより)

picto

 

なぜ今、ピクトグラムなのか?

 

日本においても、2020年に東京オリンピック開催など、国外から多くの外国人が訪れる中、言語が必要ない世界共通の伝わるデザインがこれから重要となってきます。 

またデザインにおいても、かっこいい、可愛いデザイン以前に、定められた相手にわかりやすく伝えるデザインというものが商業デザインにおいて必要となってきている昨今、 相手に伝わるデザインをより余分な要素を落とし、単純化させ、役割を果たすピクトグラムは、デザイン分野でも大事な考え方でもあります。

 

20160215-OYT8I50072-L

なぜ今、インフォグラフィックスなのか – YOMIURI ONLINE より

 

2014年12月に開催された第1回Pictathon Okinawaの様子

 

1回目に開催されたピクタソン沖縄では県内のクリエイターさん、学生さんなど10名に参加していただきました。

予選A、Bに分かれ、それぞれの予選グループで運営側で出すテーマでピクトグラムを作成していただきました。片方の予選が行われている際に、もう片方のグループは審査員も交えて、おやつやお酒を飲みながら交流会が行われました。

 

10863497_799199460141531_1908095817_n

 

第1回開催の様子を株式会社LIGさんのメディアに取り上げていただきました。

 

521

 

 

今回のゲストも面白い方たちにきていただきます。

 

前回に引き続き今回も豪華なゲストに審査員として参加していただきます。

カズワタベ氏

kazzwatabe 1986年4月長野県松本市生まれ。洗足学園音楽大学在学中よりライブハウス店長、クラブジャズバンドのリーダー/ギタリスト、ウェブサービス運営会社の取締役を歴任し、2013年からフリーランスとして「考える・つくる・広める」を事業領域に活動。並行して、神戸ITフェスティバル、YOAKE、CCサロン等の著作権、コンテンツ・ビジネス関連イベントでの登壇、リットーミュージックのポータルサイト「RondoM」にて音楽著作権ベーシック講座の連載を行うなど、クリエイターの権利保護、創作文化振興に関わる活動を積極的に行なっている。2014年8月にウミーベ株式会社(umeebe Inc.)を設立し代表取締役CEOに就任。
WEB: http://kazzwata.be/
Twitter : @kazzwatabe

 

かっぴー氏

kappy 1985年神奈川生まれ。株式会社なつやすみ代表。武蔵野美術大学を卒業後、大手広告代理店のアートディレクターとして働くが、自分が天才ではないと気づき挫折。WEB制作会社のプランナーに転職後、趣味で描いた漫画「フェイスブックポリス」をnoteに掲載し大きな話題となる。2016年に漫画家として独立。自身の実体験を生かしてシリアスからギャグまで、様々な語り口で共感を呼ぶ漫画を量産している。
WEB: http://nora-ito.hatenablog.com/
Twitter : @nora_ito

 

 

布施貴規氏

huse1975年長野県生まれ 1998年立命館大学卒。1998年より、コピーライターとして大手家電メーカーや楽器メーカーの広告コピーを手がける。2004年より、株式会社マイナビにて、クリエイティブ・ディレクターとして教育機関のプロモーションを数多く手がける。 2010年より、ITベンチャーの役員を経験し、2014年株式会社BLY PROJECTを設立。2015年7月、同社代表取締役就任。コピーライター、デザイナーとして、グラフィックやWebサイト、CMなど、企業や大学などのプロモーションを数多く手がける。また、Webコンサルタントや人事コンサルタントとしても活躍。
WEB: http://bly.co.jp/

 

今回も優勝商品はmacbook Air!スポンサー賞も豪華です。

 

今回の優勝賞品は1回目に引き続きmacbook Airとなっています!

 

mba

そして今回はそれに加え、豪華なスポンサー賞がつきます!

topo_gift

bly_gift

 

スポンサー賞は優勝者ではなく、それぞれの定められた審査基準で選ばれた参加者さんに贈呈されます。

決勝進出賞、参加賞などもございますので、ぜひご参加下さい。

 

 

ぜひご参加ください! 

 

【日時】2016年6月5日(日曜日)

【会場】トポセシア (沖縄県宜野湾市 琉球大学北門から徒歩1分のコワーキングスペース)

【参加費】 2,000円(当日会場の受付にてお支払いください)

※参加者のかたは飲み物、おかし、参加賞がつきます。

 

参加はこちら

 

Pictathon Okinawaに参加する前に参考になる本をご紹介します。

 

東京でカズワタベ氏と一緒にPictathonを開催されている櫻田潤氏の著書です。

 

スポンサー企業様も募集中です。

 

Pictathon Okinawaは今回で2回目となり、今後も沖縄県内のデザイナー、クリエイターが楽しめるコミュニティイベントとして

継続的に開催してまいります。県内、県外の企業様のスポンサーも随時募集しております。  

詳細はこちら 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
情報デザイン

本当にモテる男女はユーザー体験をデザインすることができる。

情報デザイン

こんにちは。相葉です。

さて、今日はモテる男女の話をしようと思います。

 

そもそもモテるとは何か?

規格外にイケメンとか可愛い女性を除く場合、

やはり、モテる男女は異性の扱いが上手い。

 

扱いが上手いというのは、相手がしてもらえて嬉しいことをわかっている。

相手がしてもらえて嬉しいことをわかっているというのは、つまりニーズをちゃんと把握し、

そのニーズにあった体験をデザインし、提供できているのだ。

 

だから異性にもモテる。

 

モテる男女というのはそういったユーザー中心設計がしっかりとできている。

そしてモテない男女は自分中心な思考でデートや、異性との体験を設定しがちになってしまうため、

相手の満足度をあげることができない。つまりモテない。

 

だから、

「こういうやり方すれば男は落とせる」「こういうやりかたで女を落とせる」なんて

必ずヒットする方法などないので、

それぞれのターゲットユーザーが日頃、どのような生活を送っているか

どのようなものが好きなのか、嫌いなのか?

どんな相手を求めているかなど、調査分析し(笑)、サービスコンセプトを設計していかなくてはいけません。

 

ちなみにこれに関して詳しく書いてある教科書的な本をご紹介します。

 

製品のデザインはこれまで機能に基づきその色やカタチをどのように美しくまとめていくか、ということに重きを置かれていました。しかし、製品を使用することで「うれしい体験」ができることが、これからのデザインには求められています。 このような「情報デザイン」が広く世の中に広まることにより社会やコミュニティの人々が安全で快適な生活を送ることができるようになります。そして、生産者は製品をただ送り届けるだけではなく、人々が求める「もの」や「サービス」のニーズを掘り起こし、積極的に製品に反映させていくことで世の中を大きく変えてゆくことができるでしょう。 本書「情報デザインの教室」は、このような「情報デザイン」の基本知識とプロセスや手法について身につけることができるテキストです。具体的にはユーザの目的や要望からデザインの方向性を明らかにし、視覚化してゆくこと、これをさまざまなアプローチで検証し、さらにコンセプトやプロトタイプのブラッシュアップを図るという一連の流れを理解することで、情報デザインの手法とプロセスを体系的に学ぶことができます。 情報デザインを学ぼうとする方はもちろん、仕事の方法を変えたいビジネスマン、教育機関、企業、自治体やNPOなどの様々な団体で地域社会や教育環境をより良くしたいと考えている方は、本書「情報デザインの教室」をぜひお手にとってご活用下さい。(丸善出版株式会社様HPより)

 

「モテる男は仕事もできる」の真髄というようなバイブル本です。

社会人のかたで、恋愛がなかなかうまくいかないかたは是非、この本で勉強してみてください。

仕事はうまくいくはずです。

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ec8bc8247e46ab36af370781c0257e6f

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!あなたにとって良い企業とは?

JobAntennaカバー

 

 

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!

 

先日、僕がディレクターをつとめさせてもらっている新サービスがリリースされました。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!をスローガンとした求職情報サイト「JobAntenna(ジョブアンテナ)」です。

 

スクリーンショット 2015-09-17 22.52.40

 

沖縄県内には、既に求職情報系の媒体はいくつもありますが、

なかなか企業の魅力を、仕事を求めている人に伝えきれていない。

企業の魅力を発信し切れていない。

企業側で働くヒトたちの想いを届けきれていない。

見ているとそう感じていました。

 

そうなると、仕事を探す側も、企業選びの際に選ぶ条件や情報が

給料面、時間帯、目で見える仕事内容。

そういった限られた情報からでしか選ぶことができません。

 

それがもたらす課題として、企業への定着率の低さや、ミスマッチがあがります。

 

 

僕らチームが「JobAntenna」を作った背景としては、そこにあります。

 

もっと若者が、ワクワクして働ける企業、活躍できる仕事をしっかりと発信したい。

そしたら、沖縄県内の会社も成長し、経済ももっともっと盛り上がってくる。

 

そこを目標にリリースをしました。

 

あなたにとって良い企業、良い仕事とは?

 

魅力的な企業、良い仕事とか、

口でいうと、簡単ですが

魅力的、良い仕事や企業とは、ヒトによって様々です。

 

働いている人が魅力なのか、環境が魅力なのか、はたまた仕事内容が魅力なのか、

それは様々です。

 

これだけは言える。

必ずしも初任給の高さだけが魅力ではないということ、

そして、給料が高くても嫌々働いていたら、その人は結果をなかなか出せず、会社も成長せず、

社員の給料も上がりません。

 

会社の想いに共感し、その想いを叶えるため、貢献できるか。

それが仕事に対しての面白さにもなり、実現させるためのワクワクにもつながると僕は考えています。

 

そして

いかに、会社が目指す部分に共感して、一緒に目指せる仲間を増やしていくことができるか。

これが企業のミッションのひとつでもあります。

 

そうするために、

企業は共感してもらうために、自分たちの想いや魅力を100%発信していけることが理想となってきます。

 

「アナタのための求人」を発信していくメディアにしたい。

 

その理想に近づけるため、僕らのサービスはそれをしっかり視覚化していきます。

仕事を探す人にとって「アナタのための求人」を目指しています。

 

好きなヒト達と楽しく働けて、皆でサービスを拡大させ、売り上げにもつながり、成長にもつながる。

仕事って楽しいなって感じる人がもっともっと増えるといいなって、僕は考えています。

 

仕事って楽しいものですよ。

 

時には辛いこともありますし、わからないことも沢山あります。

どうしたら前に進めれるか、どうしたらその問題を解決できるか、

それも仕事の醍醐味ではないでしょうか。

それをチームで一緒に考えて、解決へと導くプロセスは楽しいですし、

そうやって作り上げた事業やサービスでお客さんに喜んでもらえたときほどやりがいを感じるものはないのではないでしょうか。

 

そういう自分にとって楽しいという感じる仕事に出会ってもらいたい。

今後、そんな想いでこのサービスを発信していきます。

沖縄の「はたらく」をもっと面白く!するために

まず僕らが楽しんで運営していきますw

 

JobAntenna

これからもよろしくお願い致します。

 

12019825_1619828081615101_4577690221893518172_n

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
f55138e37fb4718b56b2c02ea346b471

Pinterestを埋め込んで僕の好みの女の子たちをブログに召喚してみた。

f55138e37fb4718b56b2c02ea346b471

エンジニアの友人がポートフォリオを作るということで、

彼が作っている横で僕もいろいろと作業。

最近、このブログでも真面目なことしか書いていないなと想ったので、

ゴールデンウィークということもあり、

僕の好みの女の子たちをこの記事に召喚してみようと想う。

 

方法は簡単だ。

Pinterestで可愛い女の子たちを集めたボードを作成し、

Pinterestのボードを埋め込むためのコードをテキストで入力するだけだ。

 

埋め込みコードに関してはこちら

 

実際に僕の集めた可愛い女の子たちを召喚してみる。

 

Follow Taiki Aiba’s board maji de kawaii on Pinterest.


 

今回はこんだけw

 

是非みなさんも活用してみてください。

 

ポートフォリオなどに使えるかも!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
raspberry-logo-624x351

アイデアを実現するにはもってこいのツール「ラズベリーパイ」で何ができるか一人アイデアソンをしてみた。

raspberry-logo-624x351

僕のマイブーム「ラズパイ」

久しぶりの更新。

今日は僕のマイブームの話を書こうと思う。

 

ラズベリーパイ(通称ラズパイ)をご存じだろうか?

 

食べるパイじゃない。

こんな見た目のやつだ。

ph1

 

ここで、

うわ~難しそ~だるそ~~なんかオタクっぽそ~~

ってなる人も多いでしょうけど

もう少しお話を聴いてほしい。

 

まず先に言っておきますが、

僕はオタクではありません。

こんな回路みたいなもの触ったこともないのです。

 

そんな僕がなぜ、ラズパイに興味を持ったかを書いていこうとおもいます。

この記事はラズパイという言葉を知らなかった、更にはITに対してハードルが高いと考えている若者などに向けて書いていきます。

 

ラズパイとは小さな夢を実現させることのできるツール

そもそもラズパイって何?と思う人が多いと思う。

ラズパイとは、一言でいうと

いじり倒して、遊びまくれるコンピューターだ。

詳しい内容は、

ラズパイの誕生ストーリーと共に説明する。

以下「Raspberry Pi(ラズベリー・パイ)」について知っておくべきこと」より引用。

2006年、ケンブリッジ大学コンピューター研究所に勤務するエベン・アプトンと彼の同僚達は、減少していく学生の数とプログラミングを専攻する学生達のスキル水準の低さに失望を感じていた。彼がRaspberry Piに対する最初の構想を思いついたのはその頃のことだ。

プログラムに参加する学生たちの中にはウェブ・デザインの経験を持っている者はいたが、プログラミングの経験を持っている者は非常にまれだった。アプトンが心配したのは、現代のコンピューターは子供が実験して遊ぶには高価で複雑すぎるという点だった。

70年代や80年代には、子供たちはプログラミング環境への入り口としてAmigaCommodore 64を使うことができた。それから数十年が経った今、親たちは様々な理由から、高度になった家庭用のPC上で子供たちが昔のような実験をして遊ぶことを禁止するようになってしまったのだとアプトンは推測した。さらに、コンピューターが使いやすくなるにつれてプログラミングはより複雑になり、内部の仕組みを自分で理解して直すような機会もなくなっていた。

アプトンは安くて簡単にプログラムできるコンピューターを作りたいと思った。高価なデバイスを壊してしまう心配をせずに誰でも自由にいじくりまわせる安価なデバイスを作ることで、初期のコンピューティング時代の実験精神を呼び戻したかったのだ。公式の記録によると2006年から2008年にかけてアプトンと彼の同僚は、のちにRaspberry Piとなるプロトタイプの開発に取り組んだ。そして2009年5月にRaspberry Pi財団が設立され、2012年4月には最初のRaspberry Piが出荷されることとなった。

 

以上が、ラズパイができた背景だ。

 

つまり、

僕のような機械音痴でも安価で手に入れることができ、

「こんなのあったら良いな」というアイデアを実現させるためのツールとして

もってこいの代物なのである。

 

ちなみにラズパイは安いものであれば5000円を切る。

というわけで早速僕もamazonで購入してみた。

 

実際にいじり倒すレポートは、またの機会に書こうとおもいます。

 

ラズパイでこんなものが作れるのです!

①野菜を楽器に!!

BeetBox from Scott Garner on Vimeo.

 

②ラズベリーパイでドローン(無人飛行機)

 

 

 

ラズベリーパイのアイデアコンテストもあるようです!

キャプチャ

 

ラズパイを使って何を作ろうかひとりアイデアソンをしてみる。

要は、いろんなものを作れるラズパイで僕も何を作ろうか考えてみました。

 

①オフィスで寝たらハリセンが飛んでくるやつ

 090331a

オフィスで仕事をしていると、お昼ご飯後など眠くなりますよね。

そんなお困りの皆様にご提案させていただきたいのは、

寝たらハリセンが飛んでくるやつです。

 

ラズパイにカメラを付けて、あなたの瞼を常に監視!

瞼が何秒間閉じてると、寝てると判断し、

デスクに設置してあるハリセンがアナタの頭に飛んできます。

どうですか?便利でしょう。

 

②自分の好みのオンナノコがカメラの前を通ったらサイレンがなるやつ

G001_back0120140830190839500-thumb-815xauto-5576

デスクで仕事をしていると目の前に女性が通るたびに集中が途切れて、

困ったことなどありますよね?

そんな皆様にこんなアイデアのご提案です。

 

沢山の女の子の顔面の画像と、その顔面に偏差値を付けたデータをサーバーか何かに入れておき

統計的に、定めた一定の偏差値以上の顔面を持ったオンナノコが前を通った時に

アナタのデスク上にあるサイレンが鳴るというシステム!

これで、オンナノコがあなたのデスクの前を通るたびに、作業を止めて、オンナノコを目視する必要がなく、

アナタの好みの女性が前を通った時にだけ、作業を止めて顔を上げるだけで済むようになります。

なんて素敵な仕事効率化システムでしょうか。

 

ラズパイはITを好きになるきっかけとなるアイテムなのです。

どうですか?

あなたの面白いアイデアもラズパイを駆使すれば叶うのです。

 いきなりプログラミングができるようになれたら、ITは簡単ですが

そうなれるわけでもなく、なかなかハードルが高いイメージもなくならないかもしれません。

 

しかし、こういったツールを知って

「自分だったらどんなの作るかな?」って

アイデアを膨らませるところが、スタートなのではないでしょうか?

 

アイデアが固まれば、どうやったら実現できるか。

大体のことはGoogle先生が解決してくれます。

 

是非ラズパイをお試しあれ!

 

そして、ラズパイ部も作る予定です!

是非是非こぞってご参加くださいw

 

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
ビジョンDjpg

沖縄の海の前のオフィスで働きたいWEB男子、WEB女子をWanted!!

沖縄の移住し3年目になります。

アイバです。

 

移住し、県内のWeb企業に入りエンジニア研修を半年行い

半年後に営業企画として、県内の皆様へご挨拶まわり、

そして、そのあと社内でディレクターやら、プロデューサーやら

フリーで同じようなことをやらせてもらいながら、

 

再度、県内のWeb企業に再就職。

 

沖縄ならではの暮らしやすさ、気持ちよさがある中で

東京と同等のスピード、質、楽しさのある企業と出会い、

今はそんな理想のような働き方をしています。

 

今思い返すと長い2年でした。。w

 

この2年の感想は、

沖縄に移住してよかったということです。

 

なんなんですかね。

この心地よさは。

だらけちゃうとかではなく、ストレスが全くなく働けることで、より生産性が増すような動きができるような感じです。

 

そして、一人であがいていた時期を経験した僕にとっては、

心強い仲間がいる組織で働けることほど、ありがたく、より存分に力を発揮できるんだろうなと感じています。

 

そんなうちの会社でも、

今、求人を募集しております。←宣伝かい!!w

 

世の中のトレンドをシゴトに取り入れられるディレクターWANTED!

↑是非「応援する」もよろしくお願いします^^ 

 

 

僕は日頃、

沖縄県内のヒトはもちろんですが、

それ以上に沖縄県外で沖縄に興味がある同じような仕事をしているかたにも向けてブログを書いています。

 

ブログ更新しない日でも、継続してそこそこの人数のかたが検索ワードによってブログに入ってくるようにもなりました。

 

なので、

どのくらい反応があるのか見てみたいというのが個人的な想いです。

 

満員電車もない。

気持ちよく車やバイクや自転車で通勤のできる海の目の前のオフィス。

 

そんな快適沖縄Webライフ!!

僕はお勧めですw

上に貼ったディレクター募集以外にも、

以下のような募集もしています。

 

是非ご覧ください。

 

ビジョンDjpg

 

最先端のWeb技術で勝負したいマークアップエンジニアWANTED!

 

沖縄からインターネット業界に衝撃を与えたいエンジニアWANTED!

 

最先端の技術で勝負したいフロントエンドエンジニアWANTED!

 

世界的なブランドサイトを手掛けるチームと共に成長し合えるデザイナー募集!

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
l201301290600

観光×ITという面白さのある沖縄で楽しくシゴトをしたいWeb系男子・女子を募集しております。

お久しぶりです。

このたび、フリーランスを卒業し

沖縄県内のWeb企業に就職したWeb系男子アイバです。

 

3月から新しい企業に入り、2週間。

 

ようやく社内の雰囲気にも慣れてきて

自分がどのように動くことがベストなのかというのも

少しずつ見えてきました。

 

それにしても、やはり企業に属すというのは

楽しいですね。

 

もちろんフリーの時も自由に仕事をとってきて、自由な働き方ができるので

それはそれで楽しいですが

企業に属すことで、

自分ができないコトを、できるヒトがやってくれて、

そんなチームで事業を進めるのはすごくワクワクしますね。

 

良い企業とご縁があったな~と実感しておりますw

 

それにしても、

まだ入って2週間しか経っていませんが、

この2週間で、いろいろな発見がありました。

 

これから沖縄ではまちがいなく、Web分野が代表的な産業になってくる

 

これは沖縄の地理的利点も要因にありますが、

沖縄の雇用問題もひとつ要因になっています。

 

まず、

沖縄の学生さんが大学、専門学校を出て

どこで働くかというところで

県外、特に東京で就職先を選ぶ方が多いです。

 

もちろん、県内で就職を考える学生さんも多いですが

多くの若い可能性を秘めたヒトたちが

東京で就職先を選んでいる事実もあります。

 

ということは、

沖縄には若手の人財が不足しているということなのです。

 

特にWebの分野に関しては

まだまだ沖縄はWebのリテラシーが高い地域だとは言えません。

学生さんの多くが苦手意識を持つくらいです。

 

未経験でもやる気があって、チャンスがあればどんどん挑戦したいという学生さんがWeb分野を選ばないという現状だったりもします。

 

東京に就職を決めた若者は、東京で数年働き、Uターンとして戻ってこられるかたもいますが、

みんながみんなそうではありません。

 

ということは、

言い方を変えれば、

沖縄には熱い若者を受け入れるWeb企業は沢山あるということです。

 

移住しても、シゴトがないというイメージのある沖縄ですが、

実はそんなことはないのです。

 

そして、沖縄でWebをやる面白さというのは次に書きます。

 

観光立県沖縄だからこそ企画を立てるのが面白い観光×IT

l201301290600

現在、沖縄の年間観光客数は約600万人、

2020年には1000万人を目標に向けて

さまざまな施策を沖縄県と民間企業が一緒になって進めています。

 

もちろんその目標を達成させるために

Webという分野を無視することはできないのです。

 

観光×IT(Web)が沖縄に大きなパワーを与えると言っても

過言ではありません。

 

沖縄で楽しくシゴトをしたいというWeb系男子、女子を募集!

 

以前、記事で

ヒトであふれるストレスフルな都会か、

リゾート地、沖縄でバリバリ働くのと、

あなたはどっちを選ぶ?

と書いたことがあります。

 

実際に沖縄で働いてみると実感するのですが

凄く心に余裕ができます。

 

というのは、

東京よりも沖縄のほうがスピードがゆっくりだというのも

もちろんありますが、

それ以上に、その余裕が生産性を生み

その生産性が、イノベーションを生み出すからです。

 

楽しく仕事ができる環境というのは、

つまり、新しいことを考えることができる余裕を持って仕事ができるということです。

 

これは地方で働くメリットのうちのひとつだとは思いますが、

沖縄はさらにこれに「観光」という大きなキーワードがついているので

とても面白い企画を立てほうだいなわけですw

 

イケダハヤトさんが移住された高知県も面白そうではありますが

 

ワクワクする働き方のひとつとして

 

その働き場所の候補として

「沖縄」

 

アリだと思いますww

 

沖縄に移住して、働いてみたいというWeb系男子、女子の皆様

 

もしご興味あれば、

ワタクシ、アイバがご相談にのります。

 

お気軽にお問い合わせください。

Twitter: @dj_tai2u

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。
tumblr_mu89qmzs1t1rakvtgo1_1280

【全国で募集!未経験大歓迎!】女性webメディアの恋愛系記事を書いてくれる女性ライターさん募集!

tumblr_mu89qmzs1t1rakvtgo1_1280

女性ライターさん募集

 

現在、女の子をターゲットにしたWebメディアのオープンの準備をしております。

既に2名の女性ライターさんに恋愛、社会、インタビュー、コラムなどの記事を書いていただいております。

そこで、更に様々な記事を発信するために、女性ライターさんを募集することにしました。

 

 

どんなメディア?

 

ターゲットは20代前後〜30代前半の女性です。

主に「恋愛」「社会」をテーマとした内容を女の子視点で女の子が読みやすい記事として発信していくメディアです。

上の2テーマを中心とし、美容、ファッションなどあらゆる視点から発信し、

女の子が共感でき、新しい発見ができるWebメディアを目指してまいります。

 

 

どんな内容を書けば良いの?

 

Webメディアとは言え、女の子なら誰でも書ける!っていうくらいハードルを下げて記事を書いてもらおうと考えています。

例えば、

・男性はこう思ってるかもしれないけど、実は女の子ってこう考えているんだよ。

・恋愛において、自分の経験から女の子たちに物申す!

・こんなステキスポット発見!女の子達!彼氏や好きなヒトに是非連れて行ってもらいないさい!

というような内容など

ライターさんの得意な書き方やジャンルがあると思うので、何なりとご相談ください。

「こんな内容どうか?」などの提案も受け付けています。

記事の文字数に関しては、スマホユーザーを主なターゲットにしているため、

500~1000文字ぐらいの長さでも結構です。

なるべく書きやすく、ライターさんが続けやすい内容と環境を設定していきます。

 

 

 

報酬は?

 

現在、記事を書いていただいている女性ライターさん達には、金銭面での報酬は0円でご協力いただいております。

そのかわり、ライターとしてのクレジットは記事の文末に掲載していただいて構わないということと、

サイトの「ライター紹介」ページでご協力いただくライターさんを紹介させていただく等、

女性ライターさんの次のシゴトにつながるように、こちらも全面的にサポートさせていただきます。

※もちろんwebメディアを運営していく中で、報酬をお支払いできるようになれば、

しっかりとライターさんに戻ってくるように、尽力致します。

 

未経験大歓迎!

 

Webメディアのライターとなると、経験、実績など問われることもありますが

今回のこのメディアでは、僕ら運営側も女性ライターをもっともっと増やしたい!という想いもあるので

なるべく記事の内容のハードルも下げてスタートを切る予定です。

なので、経験は問いません!

記事を書いてみたい!!という想いがあれば、大歓迎です!

週に1記事、月に10記事などのノルマは設定しませんので、

書けるペースで書いていただくような形で結構です。

取材記事もご希望のかたにはお願いしたいと考えていますが、

取材したくないというかたには、取材をする必要のない記事を書いていただければ結構です。

 

 

全国で募集 

 

在宅でも記事を書けるようなシステムを作ってまいりますので、

全国からライターさんを募集致します!

お気軽にご相談下さい!!

 

応募方法

 

女性ライターご希望のかたは、

MailまたはTwitter、Facebookからご連絡ください。

 

Mail:dj.tai2u@gmail.com

Twitter:@dj_tai2u

Facebook:taikiaiba

 

アイバタイキ
株式会社sozai 代表取締役 CEO / クリエイティブディレクター / エディター
1987年 8月三重県津市生まれ。東京の大学を卒業後、経営コンサルタントの会社に務め、2013年3月の沖縄へ移住。県内のデジタルクリエイティブ企業でプランナー、ディレクター、新規事業立ち上げなどを行い、2016年1月に独立。2016年7月にクリエイティブエージェンシーである株式会社SOZAIを創業。クリエイティブディレクターとして沖縄の観光振興・地域活性化を目的とした企画制作、メディアの編集をおこなっている。